激安・格安 韓国旅行

安全な韓国旅行、ソウル旅行を送るためのノウハウと比較ガイドを著者が解説。



当サイトから予約で主に使われているのは【DeNA】海外ツアーH.I.Sじゃらん海外Expediaです。お得に旅行に行きましょう。特に現時点でオススメなのはじゃらん海外です。リクルートならではのクーポンばらまきを上手く使おう! ▼▼他のサイトの韓国最新情報はこちらから▼▼

orangefly
例年サーバが落ちているが今季も落ちてしまい、サーバを増強して受付けなおすこととなったチェジュ航空最大90%OFFのOrange Fly Day。日付が決まったようだ。今回は、路線別に受付け日時を分けている。なんと片道500円からで今回も混むこと必至。一応全体の日程は2/20の22時から23日18時の4日間限定だが、

主要な日本路線は

2/20 22時から受付分

・大阪⇔ソウル(仁川/金浦)片道500円〜
・大阪⇔釜山 片道500円〜
・名古屋⇔ソウル(仁川)片道500円〜

2/21 22時から受付分

・東京(成田)⇔ソウル(仁川)片道500円〜
・福岡⇔ソウル(仁川)片道500円〜
・福岡⇔釜山 片道500円〜
・沖縄⇔ソウル(仁川)片道500円〜

他の2日は他の海外からの路線などに充てられると思われる。
搭乗期間は2016年6月1日から11月30日までを指定する必要がある(ハイシーズン期間は除外されているので注意)

オレンジ運賃は4日限定だが、無料受託手荷物が0Kgとなる、手荷物が多いと追加料金であまり普段の運賃と変わらなくなるので、軽装なお土産なしの旅行だったり、お土産は現地からEMSで送ってしまうとかのほうがいいかもしれない。さすがにブログ等で指摘も多かったためか、無料手荷物0Kgに関しては大きく明記されているようだ。なお手荷物の詳細のところにある追加料金は手荷物1つではなく、Kg単位なので計算には注意が必要。無料受託手荷物のいる人は「特価・割引・正規運賃」の利用をすすめている。

また、購入の際に会員登録がいるので先に済ませておくことを推奨している。
サーチャージ、空港使用料は別途必要。
座席枚数は制限があり売り切れ次第終了。

なお、イベント期間中に国際線航空券を買った人全員に(※チェジュ航空のサイト直で買っている人のみ)777リフレッシュポイントがもらえる。


詳細はこちら:
https://www.jejuair.net/jejuair/com/jeju/ibe/news/event/event_detail.do?page=1&event_id=877
(※時間になっても、リロードしないと受付けボタンは開かないので注意)

vd

チェジュ航空は2016年2月11日から29日まで、バレンタインセールとして「Happy Valentine ロマンチック韓国旅」として、割安なチケットの販売を行なっている。

搭乗期間は2016年3月1日から4月30日までの分。

日韓路線は(最低価格)
東京(成田)⇔ソウル(仁川)片道9,000円から
大阪⇔ソウル(仁川・金浦)片道6,000円から
名古屋⇔ソウル(仁川)片道4,000円から
福岡⇔ソウル(仁川)片道4,000円から
沖縄⇔ソウル(仁川)片道8,000円から
大阪⇔釜山 片道3,000円から
福岡⇔釜山 片道4,000円から
沖縄⇔釜山 片道4,000円から

他、韓国国内線
ソウル(金浦)⇔済洲 片道KRW11,900(約1,190円)
大邱⇔済洲 片道KRW11,900(約1,190円)
清州⇔済洲 KRW11,900(約1,190円)
釜山⇔済洲 KRW11,900(約1,190円)
となっている ※レートはチェジュ航空のHP上の数字

燃油およびサーチャージは含まれていない。
座席数に限りがあり売り切れ次第終了。
詳細はこちら:
https://www.jejuair.net/jejuair/com/jeju/ibe/news/event/event_detail.do?page=1&event_id=835

jincan
ジンエアーはHP会員になるとジンエアーオリジナルグッズをプレゼントキャンペーンを2016年2月1日から3月31日まで行なっている。キャンペーンは全部で3つあり、1−2 は条件クリアでの抽プレ。3番が航空券購入者(直接サイトからの場合に限る)全プレなので、こちらはおすすめかも。

1:ジンエアーのニュースレター購読で10名にジンエアーオリジナルネームタグを抽選で進呈
2:ジンエアーのHP会員になり航空券を購入すると2名にジンエアーオリジナルテディベアを抽選で進呈
3:2016年3月26日までに航空券を購入したお客様全員(※ジンエアーウェブサイトまたはモバイルから、韓国への往復購入が必要)誰でも(対象全員)に、エチュードハウスのベストセラーモイストフルコラーゲンセットがもらえる。(※なくなり次第終了)
3のプレゼントの内訳は以下の通り。
A:モイストフルコラーゲンスキン80ml B:モイストフルコラーゲンローション80ml C:モイストフルコラーゲンクリーム20ml D:チャームブレスレッド(※番号にすると、紛らわしいので当サイトではA-Dという表現を用いた)

3のキャンペーンはジンエアーのサイトで航空券を予約の上→サイトのE-ticketをチェック→Etude交換クーポンをプリント→バナークーポンを現地の指定エチュード店(ソウル市内またはチェジュ島の9店舗)で提示→スペシャルキットに交換(1人1セット)という流れになっている。代理店経由のものなどには適用されない。

ジン・エアー自体はエチュードハウスの特典はわりとよくつけているのですが、今回はもらいがいがありそうでしたので、一応記事に起こしてみました。

リンクが抜けてました、失礼。
キャンペーンはこちらから:http://www.jinair.com/HOM/Event/Event01View.aspx?seq=6740
ジンエアーTOPはこちら:http://www.jinair.com/Language/JPN/

ashiana
アシアナ航空は1日から2月29日まで、アシアナ航空に乗ってコリアグランドセールに行こうキャンペーンを実施しています。

キャンペーンはセール開催中の2月29日までにアシアナ航空を利用して韓国へ行く方が対象ですが、期間中の応募で抽選で「日本→韓国 エコノミークラスペア往復航空券」が1名、その他グッズ類も合計29名(A380 ACモデル1/200 、アシアナのエプロン、3DSソフト(ぼくは航空管制官エアポートヒーロー3D 関空ALLSTARS)、2NE1ニット帽、EPIK HIGH Tシャツ)に当たります。※当選人数内訳はリンク先参照。応募は航空券番号、必要事項1−7までを記入の上、応募用メールアドレスへ。

航空会社がどれか迷ってる人はアシアナを利用する人が増えるかな?
ちなみに、アシアナは大韓と並ぶ韓国大手航空会社です。大手なので機内食もちゃんとしてますよ。
詳細:こちらから。

hiscoupon

特に韓国旅行用ということではないのだが、2016年7月から9月出発で韓国航空券にも使える『「海外航空券 または航空券+ホテル」オンライン予約時クーポンID入力で5,000円OFFクーポン(使用期限2016/2/29)』が、H.I.S.の「首都圏版」のサイトで配布されている。

ちなみに注意したいのは当然だが首都圏発となること、また1グループあたりとなることなので、1人あたりではないので注意したい。もう夏の予定が決まっている人というのもあまりないかと思うが、比較的都合をあわせやすいということもあるので、検討してみるのはいいのではないだろうか。ちなみにかつてはH.I.S.ってベンチャーでしたが、今はH.I.S.って旅行代理店業界では超大手ですよ。

サイトはこちら:http://www.his-j.com/tyo/air/special/early_summer/
上で飛ばない場合は:こちら

H.I.S.の場合格安ツアーで宿未定のものは宿ランクがかなり低い場合もあるのでそれだけ注意です。航空券+宿セットの場合は、自分で選べるので、極端な郊外とかにしてしまわない限りは概ね問題はないかと思います。H.I.S.自体は韓国国内にも支店があるので、最悪現地でも相談ができます。

ktbus


このページの情報は古くなっており、2016年3月以降コースが変更になっています。2016年3月以降11月までのコースはリンク先の記事をご覧ください
2016年度K-TRAVEL BUSの新コースが運行開始
http://korea-travel.blog.jp/archives/50765811.html

ソウルから地方へ1泊2日で向かう旅!


「コリアグランドセール」でおなじみの韓国訪問委員会が主催する、訪韓外国人観光客(FIT)対象「Kトラベルバス」が2016年は運行されています。「ソウル - 地方間の移動の利便性と高品質の地方観光体験コンテンツを提供する、1泊2日の滞在型バス自由旅行商品」と題し、ソウル(光化門)を起点としてさまざまな名所を1泊2日で旅行できるバス自由旅行商品ですが、日帰りの江原道コース(現在は休止中?)以外は途中の宿泊もついてきています。

主に、というか「土曜」出発のみで運行されているような感じですね。

2016年2月現在は休止している日帰りのコースとして


「江原道」(US$5)
が、 ※それぞれの地域の「お祭り」期間内だけの運行で1月の予定しか書かれていない
ため、休止していると思われます。

ソウル → 平昌, ソウル → 華川, ソウル → 麟蹄, ソウル → 太白 のいずれか

8:00ソウル→サービスエリア休憩→(各地)祭り会場到着→4時間自由時間→乗車開始→江原道出発→ソウル20:00
※通常のバスと同じで特に注意事項は掲載されていない。

1泊2日コースとしてはあと3種


「忠清圏」US$170
8:00ソウル → 扶余 (定林寺址、宮南池、国立扶余博物館、昼食)→ 公州 (公山城、武寧王陵の中から1つ選択)→ 大田(大田O-World、ウヌンジョンイ通り(スカイロード)、中央市場、夕食、ホテル(宿泊) → 世宗(世宗政府庁舎、湖公園、ベアツリーパーク) → 清州(相珠ハーブランド、昼食、青南台、ソンアンキル、自由夕食 → ソウル2日目21:00

※含まれる事項:バス,ガイド,宿泊(2名1室基準),観光地入場料,体験費用
※含まれない事項:食事・旅行者保険 
※旅行者保険個別加入のこと。未加入の場合バス車外で発生する事故に関しては保険非適用

「全羅南道」US$180
8:00ソウル → 潭陽(竹緑苑、メタセコイヤ並木道) → 谷城( 蟾津江汽車村、蒸気機関車体験)→ 麗水(夕食、麗水パンパダ(夜の海)夜景、ホテル(宿泊)、エキスポ公園、スカイタワー、海上ケーブルカー、梧桐島(オドンド)、昼食)→ 順天 (順天湾自然生態公園)→ ソウル2日目19:00

※含まれる事項:バス,ガイド,宿泊(2名1室基準),観光地入場料,体験費用
※含まれない事項:食事・旅行者保険 
※旅行者保険個別加入のこと。未加入の場合バス車外で発生する事故に関しては保険非適用

「慶尚北道」US$180
8:00ソウル → 醴泉(アーチェリー体験) → 安東(昼食、芙蓉台, 安東タルチュム(仮面劇)公演,河回マウル、韓紙づくり体験、安東伝統市場巡り、夕食、月映橋夜景、ホテル(宿泊) → 聞慶(セジェドラマ撮影所、陶磁器博物館、昼食、観光射撃およびレールバイクor選択(ジップライン・パラグライダー) → ソウル2日目19:00

※含まれる事項:バス,ガイド,宿泊(2名1室基準),観光地入場料,体験費用
※含まれない事項:食事・旅行者保険 
※旅行者保険個別加入のこと。未加入の場合バス車外で発生する事故に関しては保険非適用

(※2名1室基準のため、1人参加時は、宿代は慶尚北道で1泊US$60、忠清圏・全羅南道1泊US$80の追加料金発生)
ツアー最低催行人数:成人4名。出発7日前までに最低人数に満たない場合ツアー中止、中止決定時点で料金支払済みの場合は全額返金


の3つが掲載されている。
宿泊ありの3コースは各コースそれぞれ専門のページがあるので、運航スケジュール等は確認を。

コミュニティとしてFacebookがある。バスの雰囲気はこちらでつかめるかも…:https://www.facebook.com/K-Travel-Bus-861548040628769/?fref=ts
K-travelbus HPの詳細と予約は:http://www.k-travelbus.com/jp/

バスツアーってどうよ?


韓国が地方観光の落ち込みからこのような商品を作って地方観光をフォローしようということでできたのがK-travel Busなのですが、この手のツアーはかならずしも日本人ばかりではないので、場合によっては日本語ガイドさんじゃないケースもあるかと思いますが、それでも本来たとえば1人で歩いていたらあわない人と一緒にバス旅をするとコミュニケーションが生まれて結構楽しいものですよ
(一人旅の場合、時間の調整などで空く時間もあり会話して仲良くなると、別の旅客と夕飯くらいは一緒に食べたりします)。
僕もオプショナルツアー類ではいろんな人と会いました。1泊込みっていうのも珍しいですが、地方に何も知らないで1人で行くのはやっぱりちょっと怖いですよね。バスツアーだと時間制限がきついので、人によっては合わないかもしれませんが、まずは手っ取り早く、興味ある韓国の地方に行きたい人にはいいんじゃないでしょうか。

またガイドさんにいろいろと質問することで、韓国や地方に関するかなりの疑問が氷解すると思います。(これは人によるが、日本語が達者で性格のよい人ならとても良い体験になるはず。逆に、日本語が片言でビジネスライクな人には聞いても無駄だったりする。当たりはずれはしょうがないですね)

最近は日本のバスツアーでも恐ろしい事故とか起こってますが、ここは韓国、道路事情は地方に行くとやや悪くなります。やはり旅行保険に必ず入っておくことは大事かも。

あとバスは定時出発なので朝は絶対遅刻せず、30分前には乗車しておくこと、それだけは注意したいですね。あと夜間帰りのバスが多いですが、韓国はだいたい夜に、都市部の主要道路が混雑で遅れるので、バスツアーの帰りは1-2時間程度のずれが出ることはあり得ます。あとが詰まると楽しい帰り道も冷や冷やになってしまうので、ぎりぎりで深夜帰国などの設定にはしたりはしないようにしましょう!

1-2月はキャンペーンもあるみたいですね。今気づいたので追記しました。(2名予約で1名無料?)
詳細はこちら:http://www.koreagrandsale.co.kr/jp/board/543


do

九州と沖縄・札幌ではおなじみだったティーウェイが成田にやってくる!


ティーウェイ航空は、2016年3月27日から成田―仁川(インチョン=ソウル)線を運行する。1日1便。航空券の販売開始は2016年2月5日15時から開始する。これにより成田―仁川の路線は7社14往復(大韓4往復、アシアナ4往復、となる。

3月27日からしばらくのスケジュールは以下の通り(ダイヤ改正で変更されることがあります)
TW202 成田 12:55 ― 仁川 15:35
TW201 仁川 7:45 ― 成田 10:25
※毎日運航 189席 ボーイング737-800型を使用

tway

就航記念運賃も。通常でも十分安い


公式ウェブサイト限定の就航記念運賃として、日本国内7番目の就航地(福岡、札幌、関空、佐賀、大分、那覇、成田)にちなみ片道777円からの設定で1便あたり7名限定販売する。(※通常は片道6,000円からとなる)

【販売】2016年2月5日15時から 
こちらから<終了>:https://www.twayair.com/together/event/getEventInProgress.do?eventSeq=291
・予約はHPのみ。
・座席は午後3時に一斉オープン
・提供される座席は先着順限定のため早期終了する場合がある
・運航スケジュールは政府承認の手続きによって事前告知なしで変動する場合がある
・運賃は限定座席のため実時間の予約率により予約不可の日付が発生する場合がある
・航空券購入時に予約変更および払い戻しに関する案内を必ず確認のこと。
【搭乗日】2016年3月27日―4月28日搭乗分まで
※就航記念運賃は諸税別途徴収。サーチャージは徴収しない。
販売サイト:同社はホームページが2つある。日本側で作っているものと、ティーウェイ航空の本体側がやっているものの2つ。韓国側サイトも日本語があり、通常に予約が可能。
https://www.twayair.com/main.do?_langCode=JA ※ティーウェイ航空本体側のPCサイト、スマホで行くとリダイレクトが上手くいかないのか韓国語になってしまう(スマホ韓国語ページ右下で日本語を選べば戻るが)。韓国側のスマホでの日本語サイトはこちら。
※韓国側公式サイトの日本語ページと、日本側のサイトの両方での販売となるようだ。
日本側のティーウェイ航空の代理店が運営するサイト(http://www.twayairlines.jp/)も更新され、こちらからも行ける。

リリース(PDF注意・アドビリーダー必要):http://www.naa.jp/jp/press/pdf/20160204-t'way.pdf(NAA)
ターミナルは現時点では未定。ワンワールド系の第二ターミナルか、LCCの第三ターミナルかになる予定。

かわいい飛行機で、路線としても安価なティーウェイが進出してくることで、より成田からも選択肢が広がりそうですね。

ティーウェイ航空の口コミはこちら。:4travel

peachtour

Peach羽田−ソウル線就航! 早朝−深夜便で使い勝手よし(帰りはちょっと問題)


Peachが、羽田空港から2路線目となる東京(羽田空港)−ソウル(仁川空港)線を2016年2月6日から就航させる。

フライトスケジュール:就航日から2016/3/26までは以下のとおり。

羽田出発 2:00 → 仁川到着4:35
仁川出発 22:50 → 羽田到着 1:00

深夜の帰国時が(明らかに終電後なので)問題な感じですねー。羽田に後泊するのがいいのかな。ファーストキャビンとか。車とかで来れるなら有りっぽい感じ。
あ、京急の深夜バスとかなら、1時40分前後発くらいから都心各地に出たりもできるから(品川行きなら2時15分発も)、大江戸温泉や都心に出て、爆睡するのもありかなあ。

Peachは予約時、ふるさと納税のピーチポイントが使える!


Peachは日本のLCCで、ふるさと納税でのピーチポイント特典というものもあるので、僕もそれを使って大阪とか行ってましたが、ソウル線が就航するということは、ふるさと納税でともすれば韓国にも行けるということでなかなかイイですね。またそれで超早朝便、深夜帰国便ということらしいので、これは1泊2日も、日帰りもありかも…。来年はまたピーチポイントの出る自治体にふるさと納税でもしようかな…

就航記念セールは2/5の深夜0時スタート!羽田−ソウルなら3,900円(片道)


さて話を戻すと、
「東京(羽田)−ソウル(仁川)就航記念」セールがその前日の2月5日0:00から、2月7日23:59まで行われ、安くそれもそれ以外もチケットを購入することができます。一緒に出ている国内線も結構安いので、見てみるといいでしょう。【販売期間】2016年2月5日0:00〜2月7日23:59【搭乗期間】2016年2月15日〜2016年6月30日までのもの(※路線により異なるものもある)

就航記念セールはこちら:
http://www.flypeach.com/jp/ja-jp/specials/sale/hndicn_lanuch_sale_20160205.aspx

弾丸旅専用の往復9,000円のプロモーションも!


また、それとは別に、すでに11月から発売されているプロモーションだが、
また、羽田−仁川弾丸スペシャルというのも販売されている。宿泊なしで行けます…。(3/15迄)往復9,000円ならきばらしにはいいんじゃないかな。
(こちらはモバイルサイト、コンタクトセンターのみの受付け)

路線および羽田−仁川弾丸スペシャルの詳細はこちら:
http://www.flypeach.com/jp/ja-jp/hndicn_launch_20151111.aspx

konestapp

googleMapだと韓国国内だと韓国語地図になっちゃうからわかりづらいなー。とお嘆きのあなたにおすすめなのが、韓国旅行サイトコネストが作っているアプリ「KONEST(コネスト)韓国地図」。Appstore/GooglePlayにて検索すればすぐに出てきます。
screen322x572screen322x572 (1)

アプリでは韓国の地図が完全に日本語になっているスクロール地図があるほか、車・徒歩のルート検索機能、地下鉄乗り換え検索機能もあって超便利です。クーポンなどの韓国情報、緊急情報、1万件以上の観光スポット情報、SNS、LINE、カカオトークで位置情報が共有できる機能などもあります。また日韓2か国語で検索できます。

コネスト韓国地図は、アプリの他にサイトもあって、PCからでも見ることができます。

サイトはこちらから:http://map.konest.com/

ちなみにコネストという旅行ポータルサイトとも連動しているので、PCのコネスト韓国地図のサイトでは観光スポットや投稿されたスポットなども参照することができます。

アプリでも、サイトでも、お店の店名と住所だけわかってるときなんかにコピペで貼ればどこにあるか日本語でわかるので便利そうですね。

韓国国内で利用する場合は、必ず「海外系のパケホーダイ」または、韓国のパケット通信(LTEなど)をWi-fiにするレンタルの海外Wifiルーターを利用しましょう。どちらかに入っていれば、不用意にデータ代金がかさむこともないかと思います。

当サイトのおすすめは、「GlobalWifi」です。

kanpu
関釜フェリーは、“青春18きっぷ”を持って下関まで行くと、下関〜釜山間のフェリー2等旅客運賃を50%割引するキャンペーンを行なう。(2016/3/1-4/10まで)ただし、事前の乗船予約は必要で、その時に「青春18きっぷ旅大応援割引」と申し付けなければならない。予約必須。

乗船当日は下関港のチェックイン時に3/1から4/10に有効な青春18きっぷの他、PDFファイルのキャンペーンアンケート欄兼割引申請書をプリント・記入の上、同時に提出が必要。

1.適用区間:下関→釜山(片道)、下関↔釜山(往復同時購入) 注意:釜山→下関(片道)は、本キャンペーン対象外
2.割引内容:下関〜釜山航路で運航するフェリー“はまゆう”“星希”にご乗船の2等旅客運賃が50%割引になります。2等旅客運賃(大人運賃)片道9,000円 → 割引後、2等片道4,500円 

他、1等・特等に乗りたい場合でも2等旅客運賃部分相当までが割引対象になり、そこからの差額を申し受けることでOKとなる(※個室は船室定員を下回る場合は貸切料金がかかるが割引対象外)。割引運賃適用は下関港関釜フェリー窓口での購入のみが対象。往復の場合の運賃は往復で予約すると復路運賃も割引となる。

18きっぷ1冊あたり5名までを割引対象とする。運休日もあるので注意。

後から見た人は、同様のキャンペーンをまた行う可能性もあるので、チェックしておきたい。

キャンペーンページ:http://www.kampuferry.co.jp/passenger/kampu/train18.html

ponta
H.I.S.×Ponta(ポンタ)のサイトでは、H.I.S.にてソウル往復航空券をご購入の方限定で、Pontaユーザーに「H.I.S.提携店でのお買い物最大20%特別割引」のキャンペーンを行っている。

実際に20%引かれるのはハンジュンマクの天地然で、新羅・東和免税店とも最大10%引き(除外ブランドあり)だが、さらにPontaも貯められる(除外ブランドあり)ので、普段からPonta使いで、韓国旅行もブランド系の買い物がメインの人にはいいかもしれない。

また同サイト内のH.I.S.×新羅免税店コーナーでは、別途タイアップでスペシャルクーポン・キャンペーンを2016年3月31日まで行なっているが、Pontaが使える他に

(特典1)東方神起T-moneyカード(ソウル店で1$以上の買い物でプレゼント)、
(特典2)ソウル店、仁川空港店、金浦空港店で使える10,000ウォン割引券(50$以上の買い物で使える)、
(特典3)タクシー代40,000ウォンサポートがある。 ※Pontaは出発前に番号の事前登録が必要。

※割引不可のブランド・商品:B.VENETA、C.DIOR、FENDI、GUCCI、HERMES、L.VUITTON、PIAGET、CHANEL ※ポイント加算対象外のブランド・商品:L.VUITTON、PIAGET

必要なものは以下の通り
・Ponta (入会が条件。出国前にPontaカード情報を、指定の方法で登録。サイト参照)
・航空券Eチケット控えor出発案内書orホテルバウチャー(予約確認メール)
・パスポート
この3つは忘れると、割引・ポイント加算ともにサービスは提供されないので注意。

H.I.S.×Ponta ソウル特別割引キャンペーンページ:http://www.his-j.com/ponta/
H.I.S.×Ponta ソウル特別割引キャンペーン 新羅免税店のクーポン・キャンペーン:
http://www.his-j.com/ponta/shilla.html

tabikimi

1月にはチェジュ航空の韓国往復航空券もあった! 2・3月を狙おう!


「旅キミ・旅がキミに教えてくれること セントレア旅プロジェクト」(中部国際空港利用促進協議会)のサイトでは、投稿者のなかからエアライン提供の航空券やグッズなどの商品がもらえるプレゼントがある。

応募の条件は「18歳から29歳まで」で、2015年10月1日(木)から2016年3月31日(木)の期間に、中部国際空港(以下、セントレア)を出発または到着の国際線を利用して海外旅行に行かれた方。※セントレア発着の成田便・羽田便はじめ国内空港利用経由の方は対象外。そして2015年12月1日(火)から2016年3月31日(木)までの期間に、本Webサイトの投稿フォームから、写真あるいは動画を投稿いただいた方。(応募は日本語に限る)

となるが、Facebookログインで登録ののち投稿フォームから投稿するという形のようだ。実際に投稿されたものを見ると案外カンタンなのでチェックしておきたい。

2月の商品は火曜・金曜更新のため2月1日現在ではまだ掲載されていないが(※当サイトでは再確認はしないので、リンク先で確認してほしい)、1月は参考までにチェジュ航空の往復航空券や、大韓航空のA380のモデルプレーンなどが韓国系ではあった。(他、台湾の航空券や、他の航空会社のカレンダー系グッズ等もあった)また通年としてはJATA5万円の旅行商品券まもあるが、他は月替り。2月、3月は別の商品になると思われる。

要は中部国際空港の利用を促進するための若年層向けのサイトということなので、年齢制限はちょっとなあとは思うのだが、ぜひ海外に行く予定の方は期間内に参加の上、賞品をゲットしてみてはいかがだろうか。

サイトはこちら:https://tabikimi.jp/
商品一覧はこちら:https://tabikimi.jp/prize.html

チェジュ航空は日本語のホームページの検索需要がありながらも、現時点ではサイトが韓国語のページをいったん表示しての自動翻訳がかかるという体制であるため、検索エンジンでは以下のようにしか表示されていません。
cheju

当サイトへ訪問される方の多くが「チェジュ航空 日本語 ホームページ」で検索しており、明らかにチェジュ航空側の体制が検索エンジンにうまくあっていません。そのため、チェジュ航空にはSEOなども認識していただきたいなあ…と思うので、あえて再度記事に起こさせていただきました。

チェジュ航空の日本語ホームページはこちら。http://www.jejuair.net/jejuair/main.jsp

Orange Flydayの再開に関しては、いまだに発表されていませんが、2月中の再開を目指してシステム増強作業を行っているとのことです。

T-moenycard

韓国ではかなり早い普及を見せたTマネー


アジアでは結構交通系ICカード(電子カード)がありますが、たとえば有名なのは香港の「オクトパス」等ですが、韓国も「Tマネー(現地発音ティモニィ)」というカードがあります。発行元は、韓国スマートカード株式会社ですが、韓国の交通機関では広く交通カードとして使える(ただし対応していない地方路線あり)ほかに、コンビニや一部大手書店などの加盟店でも利用できたりしています。

通常旅行客だと、地下鉄に乗る場合は1回払い(IC)カードを買うことが多いのですが(※切符は全廃されているため)、デポジットの乗った額を毎回払い、乗った後は出口の販売機の脇にある払い戻し機に入れて、デポジット分500ウォン戻ってくるのもだんだん面倒になってきますよね。慣れてくると。

多くの場所で売っているTマネー


そんなときは、Tマネー、買ってしまってもいいと思います。コンビニ、地下鉄窓口・カード自販機、バス停付近の売店で販売されていますが、基本的には購入代金(+デポジット)のみなので、チャージ金額を別途1000ウォン単位で支払う必要があります(上限5万ウォン)。デザインはカード型のほかに、ネックレス、バンド型、時計、ストラップ型などがあります。(他にもクレジットカード付帯型等もあるのですが、現地生活者以外には不要なので説明は省きます)

チャージは、「チョンジュン」もしくは「チュンジョネ(ジュセヨ)」といってTマネーとお金を差し出せば、コンビニでやってくれます(駅の自販機でも可能)。

交通費が若干だが安くなる


特典としては、地下鉄乗車およびソウル市バスの場合は、乗車料金はTマネーだと割引されます(※子供カードは10日以内に外国人登録証がある人がネットで登録しないと割り引かれないとされるが、子供設定自体は旅行者は10日以内なら購入、利用は可能)。地下鉄+バス、バス+バスの30分以内の乗り換えの場合は、乗り継ぎ割引もあります。

バスの場合は「乗るとき」「降りるとき」ともタッチすること。降車タッチを忘れると反則で次回乗車時に初乗りの2倍が引かれるというように書いているブログもあります。※空港リムジンは乗車時のみ。※地方では違う場合もある

僕も、何度も行っているにもかかわらず、Tマネーをいままで買ってきませんでした。返金できる場所が少ないため、面倒だし、そのまま残して帰国してもチャージがしばらく無駄になるかなと思っていたからです。ですが、よく考えるとかなり少額でのチャージも可能ですから、残高照会手段だけあれば常時持ってても困らないと思うんですよね。次、僕もちゃんと買うつもりです。

アプリでも残高照会できる(アンドロイドのみ)


残高照会は、口頭で地下鉄駅窓口またはコンビニで「잔액 얼마예요?(チャネッ オルマエヨ)」といえば出してくれるんですが、たとえばアンドロイドの場合は「T-money Balance Check」というアプリを落とすと、スマホからも照会できます。(アンドロイドOS4.1以降+NFCアンテナ有効にする必要あり、機種によっては非対応)▼紹介記事 ▼紹介記事2 ストラップはダメみたい…

タクシーは信頼できる人以外は気を付けたほうがいいかも


ちなみに、タクシーではTマネーが使えるところと使えない所があるのと、また渡して(機械エラーといいながら)何度も通す、Tマネー決済が通らなかったとしてクレカとの二重決済などして搾取される事例がいくつか、組織的な犯罪としては2012年ころには確認されています。原則はタクシーではTマネーは使わないほうがいいかもしれません。

注意点


韓国のICカードや電子マネー類は、日本のそれのように僅かな時間のタッチだと誤作動する可能性が高いです。リーダー部には1秒くらいはきっちりと当てましょう。

日本にもまぎらわしいカードがあるが無関係


最近、日本でも「Tカード」が電子マネー化しTマネーだのと言い出していますが、韓国のそれとはまったく関係ありません。もし日本の「Tカード」が海外展開するならかなり韓国では難儀するはずです。

写真:Wikipediaより(パブリックドメイン)

com_

写真はPCサイトをブラウザ(GoogleCrome)で強制的に日本語翻訳したもので、本来はハングル表示です。ツイートで見つけたのですが、

ほう。ツイートを見て思わず検索してしまいました。20万件のレストランの大規模データベースにアクセスしましょう!とあります。ユーザーは全国200万人とか。レストランの推薦アプリというわけですね。Appstore、GooglePlayで見つかると思います。ただ、日本語は対応していないです。
ツイートを見るとなるほど。英語で見ればわかるといえばわかるか。ランキングって日本でも一時期ブームでしたけど、なかなかランキング系を極めたアプリとか定番サイトとかないですよねー。これは、ハングルがわかる人とかには便利かもしれません。PCでもある程度は見られると思うので、PCサイト+自動翻訳(Google Cromeでの右クリックでの「日本語に翻訳」がおすすめ)でチェックしておくのもいいかもしれませんね。(検索ボックスは、地名はハングルの英字読み、もしくはハングル入力が必要ですが)

MANGOPLATE(PCサイト):http://www.mangoplate.com/ (韓国語・英語)
MANGOPLATE(iPhoneAPP):
https://itunes.apple.com/jp/app/mangoplate-mang-gopeulleiteu/id628509224?mt=8(韓国語・英語)
MANGOPLATE(AndroidAPP):
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mangoplate(韓国語・英語)
Facebook:http://www.facebook.com/mangoplate (韓国語)
ブログ:http://blog.naver.com/mangoplate (韓国語)

そういえば、と思って検索してみたら韓国・日本(YJキャピタル)、米国のベンチャーキャピタルから7.4億円を調達してましたね。ここ。レストランやユーザ一人一人のビッグデータを分析し、個人にカスタマイズされたグルメ情報を届け、データ分析を元にした「レコメンデーション・アルゴリズム」で差別化しているとかいう記事も日本のサイトに出ていました。

社長インタビューも発見:http://thebridge.jp/2015/08/mangoplate-is-your-south-korean-restaurant-discovery-superhero-and-maybe-more-20150723

なるほど、これはよさそうですね。

monthly_1601_
DeNAトラベル(旧スカイゲート)が、新規メール会員登録者限定となるが、チェジュ航空で行く韓国旅行のモニターを募集している。当選は1名。航空券だけの当選なのでホテルは自前で取る必要がある。あと1名なので一人旅になっちゃいますが…。

これは当選者には、モニター事項が2つある。
(1)チェジュ航空の機内食レポート(※ただしチェジュ航空は機内食は原則としてはついてこないため、機内食は自前で購入)、(2)韓国で発見する「日本で次にブームになりそうなもの」について1つ以上レポートをすることが必要。

さして難しいテーマでもないのでカンタンだと思います。外れた場合もモニター応募者用の限定オトクプランをご案内してくれるとか。DeNAトラベルの会員でない人だけが応募できる。要はメルマガ会員の確保用といった感じですが、DeNAトラベルのメルマガは表に出ない格安チケットが結構出るので取っておいても損はないと思いますよ。

入力事項はメアドを入れて、メルマガ購読のチェックボックスを入れるだけなのでカンタンです。

賞品内容 往復航空券(エコノミークラス) 1名様分
応募条件 現在DeNAトラベルの会員でなく、今後メール会員となり「格安旅行ニュース」を購読いただける方
応募方法 本ページの 応募フォーム よりご応募いただけます。
応募期間 2016年1月21日(木)〜2月5日(金)16:59 まで
当選発表 応募締切から1週間以内に当選者の方へメールでご連絡いたします。
参加日程 2016年3月1日〜8月31日出発まで
参加条件 ・募集内容に従い、現地でのミッション・旅行後のモニターレポートにご協力いただける方
・「格安旅行ニュース」を購読いただける方

その他、モニター旅行の詳細等はリンク先を参照
ご応募はこちら:https://www.skygate.co.jp/monitor/monthly/1601/

21923775_s
写真(C): tethysimagingllc / 123RF

韓国国内だとTmoneyなど、ICカード電子マネーが普及していますが、韓国銀行はさらに一歩進んでコインレス社会を検討しているようです。ただし、現時点では研究に過ぎません。

韓国銀行(中央銀行)は中・長期支給決済業務推進戦略である「支給決済VISION2010」と2016年1月12日に発表した。それによれば、一部先進国で推進されている「キャッシュレス社会」をモデルとして韓国でコインレス社会導入についての可能性を検討する予定だ。 2020年にはコインレス社会導入案を用意する予定。

具体的には10₩、50₩、100₩、500₩を硬貨の代わりにチャージ式プリベイドカード決済などを活用させる。ただし、硬貨の使用を禁じる予定はないとのこと。

クレジットカード社会は都市部では日本よりもかなり実現している雰囲気の韓国ですが、それでもまだまだ市井のお店では現金の使用も多いです。そこからコイン消費を削減する趣旨(製造コストが高いため)があるようですね。今後は硬貨の代わりにお釣りも口座に入金されるような仕組みを検討しているとのこと。

一部先進国としては例えばスウェーデンがほとんど電子決済になっているようです。デンマーク、オランダ等も現金使用を制限しているとか。

その他、韓国・中国の金融機関が₩と人民元の同時決済システムを2017年から運用する予定があるようです(貿易決済における人民元の使用量を膨らます目的)。

われわれが観光に行く場合において、いますぐどうこうはないでしょうが、2020年を過ぎると大きく変わった流れが起こりそうですね。

41413743_s

▲(C)nochea/123RF(画像)

韓国旅行するのに気を付けたいのがソルラル(旧正月)です。2017年は、旧正月ソルラルの連休が1月27日から30日(メインは旧正月の1月28日)です。ソルラルには韓国の一般家庭は親族が集まり先祖を敬う儀式をおこなったりしますので、ソウルから実家へ多くの人が帰ってしまいます。

ただでさえ韓国旅行は多くが3泊4日、もしくは2泊3日などタイトな日程で実施されることが多いため、行きたいところがいっぱいある人も多いと思います。でも知らないでソルラル期間に旅行取っちゃっちゃった!なんてこともわりとありがちです。

韓国の人々は旧正月はきっちり休んで実家に帰るという人が多く、日本の正月前のように下りの道路は混みあい、ソウル市内は間の抜けたようにガランと空きます。またデパート、商店はソルラル前日、当日の1月28日を休むことが多いです(店舗ごとに異なります)。翌日(29日)、翌々日(30日)はだいたいそんなに困ることはないかと。

旧正月は毎年日程がずれるので、日本人としては意識にまったく無かったりしますが、韓国旅行がやたら安い日があるなあと思ったらソルラルだったりして、本当は旅行代理店にもこの日は旧正月だから安いとかちゃんと伝えるようにしていただきたいところです。でも嘆いても仕方ありません!楽しんでいきましょう。

ソルラルイベントが行われるテーマパーク、古宮、公園などに行くのもおすすめです。

初めてのソウルでソルラル期間の旅行はあまりおすすめはできませんが、リピーターなら楽しめると思います。なぜなら空気もよくなったりするし、どこも混み合わないので、のんびりできるのですよ。

行きたいお店が休みだったりするとがっくりしますが、もちろんソルラルだからといっても帰らない、営業しているお店は(多くはありませんが)あります。多くの韓国系グルメサイト、グルメ本には定休日が書いてあると思いますが、ソルラルでも休まない所をチェックしておきましょう。また、公共施設や観光客がよく行く系のところは、ソルラル期間営業しているかどうかは、観光公社もしくはソウルナビ・コネスト等に情報が掲載されますので、それもチェックしておけば万全ですね。

12月時点ではまだ出ていませんが、ソウルナビ、コネスト、ユートラベルノート辺りをチェックしてください。

またちなみに、空港への交通機関ですが、バス・タクシーがこの時期、高速のあたりとか、ソルラル前は地方へ行く・ソルラルあとはソウルへ戻る客で混み合うことがあります。それらと同じ方向の移動でなければ問題はないのですが、明らかにかぶりそうな場合は空港鉄道等を使ったほうが正確に行けるかと思いますので、気を付けてくださいね。

まあ最悪いろんなところが空いてなくても予想外のところで飲食したりしたほうがおもしろかったりしますし、あと最悪カジノに行ってしまえば必ずやってますから。南山を歩いて下ったりするのも楽しいかもしれない。免税店はやっているところも多いと思います。いろいろ遊んでみてくださいね。

※更新情報は真夜中に届くことがありますので、通知音はOFFにしておいてください。

reallre

ReAllreは「アシスタントサービス」(2016/1/22から3ヶ月間休止中)が特徴的なサイトで各種ツアーやグルメ、店舗や病院などの予約代行を行っているサイト。以前はJAKOPLANというサイトだったが、コンサート系などの代行が増えていったのか昨年3月に改称。現在2016年3月まで徐々にリニューアルを行っている。旅行情報にしていくということだが、まだツイッターやFacebookではコンサート系代行がメインの情報となっている。ただし記事数はかなりあり、サイトはだんだんと整備されてきている。
(運営:株式会社Cajako(チャジャコ))
同社はスマホアプリをもって店舗へ予約を送るプッシュサービスを実施しており、ReAllreはアンドロイドアプリもあるようだ。2014年6月にはロッテJTBとも業務提携している。

アシスタントサービス、リスクが担保されていないだけに一旦休止されるのもよくわかるのだが、より(アシスタント登録者側が)安全になれば、非常に便利なサービスかもしれませんね。また、コンサート代行以外も増やしていきたいのはよく分かる気がします。

サイト:http://www.reallre.jp/

keisei

成田空港−都心間のスカイライナーなどでおなじみの京成電鉄と仁川国際空港とソウルを結ぶ(韓国の)空港鉄道がタイアップし、2016年1月4日から「韓国へ、日本へ GO! GO! キャンペーン」を行っている。
先着なので注意!

●日本から韓国へ渡航する場合
キャンペーン期間中(日本から韓国へ渡航されるお客様対象)
・京成上野駅、日暮里駅、空港第2ビル駅「SKYLINER & KEISEI INFORMATION CENTER」、成田空港駅「たびるーむ」内の外貨両替所(トラベレックス)にて日本円から韓国ウォンに両替をすると
・先着3,000名様に空港鉄道オリジナルパスポートケースをプレゼント。(なくなり次第終了)
(※地色は赤く、AREXのロゴがはいっています)
※トラベレックスは上記指定の、京成が関わっているところのものだけが対象となります

●ちなみに韓国から日本へ渡航する場合
・ 空港鉄道ソウル駅構内にある都心空港ターミナルにて、成田空港行き(大韓航空、アシアナ航空、チェジュ航空)にチェックインした方、先着3,000名に京成電鉄オリジナルカードケースをプレゼント。(なくなり次第終了)
(※富士山、雷門などがデザインされています。こちらは「カードケース」なので、パスポートは入らないと思われます)
※韓国からの渡航でもらえるものについては韓国発じゃないとダメかなと思います(どちらも欲しいと思う方は詳細は問合せてみてください)。

pcase


日本側と韓国側が若干条件が異なる(韓国からの渡航の場合は両替が不要)のはどうなのかなというところですが、とはいえ日本側で必要な両替金額の制限などはないので、少額両替でも貰えそうですね。

詳細は、特にHPはないので、リリースのPDFを参照してください。
(PDFファイル:Adobeリーダー必要)
http://www.keisei.co.jp/keisei/kouhou/news/151225_02.pdf

k

「大韓民国文化体育観光部」は、「2016-2018韓国訪問の年」記念として、2016年2月18日、メルパルクホール(東京都港区芝公園2−5−10)で「韓日観光交流フェスティバル」を開く。
国の主催だから仕方ないですが、普通は相手国サイドで行い委ねるイベントの場合は「日韓」あるいは「韓国」にすべきだと思うんですけどね。まあでも韓国へ招く、という意味合いもあるでしょうし、このへんのメンタルは、日本企業が組んでれば当たり前に配慮されると思うのですが、国+観光公社+韓国訪問委員会だからしょうがないかな…。
なので、多分ツイッターとFacebookは日韓で投稿しちゃいましたがブログは韓日になおしておきます。

NANTAと超新星ライブが無料で!


ノンハーバル(セリフなしなので言語の壁を超える)演劇として韓国を代表する「NANTA」のスペシャルバージョンと、超新星のスペシャルライブがなんと無料で! NANTAって日本公演だと凄く高いですし、K-POPのライブも単独だと結構な値段ですから、それが無料で楽しめると思えば、行きたいという人も多いんじゃないでしょうか。

ただし、応募が必要です。

まずこの日の都合が空いていることが前提です。2月18日、第一部(NANTA)は14時、第二部(超新星)は19時半から開催。開場は1時間前。

応募はオンラインで1月23日から2月7日まで受け付けている。1部・2部とも1400名当選予定。当選ハガキ1枚で1人の入場が可能でペア当選ではないので注意。

なんでアクティブな発信を求めるSNSに登録させるかな


なお第一部(NANTA)は、フォームからそのまま応募ができるが、第二部(超新星)および一・ニ部通し応募はフォームからの登録の他にSNSサイト「みんコリ」の「韓国観光アンバサダー」への登録が必要(登録数が足りないんでしょうけど、ちょっと足元見てます!)韓国観光の信頼確保にはあんまりこういうことはやらないでくれたほうがいいと思うんだけどなあ…。実害はないから、超新星ファンならみんな登録しちゃうんでしょうけど。

詳細はこちらから:http://kankokukankou.com/festival/

会場は1582席あるので、残り182席はPA+関係者席でしょうかね。

goodwill

ボランティアさんが無料で通訳・ガイドしてくれる!


便利な制度をみつけました。
韓国観光公社のVisitKoreaサイトには、topから「韓国について」の下にある「サービス」項目の1つとして「グッドウィルガイド」制度について書かれています。
このグッドウィルガイドとは韓国を訪れる外国人観光客のための通訳ボランティアガイドのことで、一般の各国語のエキスパートが登録しているとか。データがHPだと古いのだが2009年ころは682人の登録ですね。で、HPのデータが古いので今もやってるのかな…と不安になったのですが、同じページでグッドウィル体験記という掲示板システムが稼働しており、それを見ると2016年の感想もあるのでシステムとしてはまだちゃんと実働しているようです。

あくまで個人手配の旅行の場合のみ利用できる!実費は負担!


旅行会社が主催する旅行でのフリータイム利用はNGで、航空券や宿を個人で手配した旅行のみ利用できる形となるが、ボランティア制度のため無料(※入場料や移動などに生じる交通費、他の都市に移動して滞在する必要が出る場合の宿泊費、食費などのみ負担)で個人ガイドを頼めるのは非常にいいですね。

ボラは一般の会社員や主婦、学生などだったりするため、事前調整が必要


スケジュール調整などの関係上、希望日の30−10日前に手配する必要がある。申込フォームは韓国観光公社のVisit Koreaページへの会員登録、ログインが必要。
Visit Korea:http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/
グッドウィルガイドページ:
http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/AKR/AK_JPN_5_5_1.jsp
グッドウィルガイド体験記(BBS):
http://japanese.visitkorea.or.kr/common_intl/goodwillGuide.kto?func_name=afterNote&lang_se=JPN&md=jpn

あくまでプロではないので、最善はつくしてくれるとのことですが、敬意を払ったうえで利用してくださいね。ちょっとした疑問なども聞くことができますし、翻訳などがついた状態だと、韓国旅行において韓国への理解もいっそう深くなると思います。

釜山やソウルで利用されている方が多いようですが、地元の人と交流できたりするのがよさそうですね。

hana

紹介が遅くなりましたが、観光公社の大阪支社が、韓国観光公社オリジナルのガイドブック「ひとり旅の韓国」とUSBメモリが当たるクイズを実施しています。こちら23日現在で727人が参加、723名が合格しています。このまま推移していくとしたらば数十人に1人程度の当選確率になると思うので比較的当たりやすいかもですね。ガイアックスのFantastics検定アプリを利用しており、FacebookIDログインが必要となります。
応募はこちらから。
https://www.facebook.com/kto.osaka.jp?sk=app_123977687703277

tabikobo2
旅行代理店の「旅工房」(特にここは韓国旅行には力を入れている代理店です)が、特に韓国旅行限定ではないのですが、3名以上のグループ申し込みで1名あたり3,000円を割り引く「グループ割引キャンペーン」を2016年1月12日から1月31日まで実施しています。条件となる対象商品は1名あたり燃油諸税を除く旅行代金が3万円以上の商品。3名以上で旅行を申し込むことが必要で、2歳未満の方は対象外。割引額は1名あたり3,000円。出発期限は、期間内から2016年6月30日までの出発。除外商品は、業務渡航、24時間オンライン予約、航空券のみ・宿泊のみ・オプショナルツアーのみ・各種チケットのみの手配、割引適用外の表示がある商品。

注意事項は予約後3名未満となった場合は利用できないこと、入金後(クレジット決済後)は一切適用しないこと、旅行出発時の年齢を適用すること、換金や差額返金、旅行代金以外の支払い(燃油サーチャージ、空港使用料、現地空港使用料、旅行キャンセルチャージなど)には利用できないこと、他の割引と併用はできないこと(ただしパスポートキャンペーンとは併用可能)、お申し込み後遡っての利用はできないこと、不正申請発覚の場合は無効となること。

詳細はこちらのプレスで確認を。:http://www.tabikobo.com/news/info/20160108
オンラインは対象外ということは、実質的に旅工房へ店頭なり電話で直で申し込むものが対象ということでしょうか。同店は本社は池袋サンシャイン60の46F、他にも大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、青山、汐留、新宿に支店があるので、店頭もわりと行きやすいかとは思います。

この併用できるパスポートキャンペーンというのは「初めての海外旅行はパスポート代として9000円引き!」というもので、2月20日まで行われているもの。こちらは3月31日までの出発に限って適用。条件はやはり燃油諸税を除く3万円以上の旅行商品。しかも出発の40日前までの申し込みに限っているので、そのへんは注意。
パスポートキャンペーン:http://www.tabikobo.com/passport/

ちなみに韓国旅行としては「韓国観光公社とタイアップしたコラボキャンペーン」として昨年作られていた「韓国ひとり旅ハンドブック」がもらえるものがあるそう。

旅工房:http://www.tabikobo.com/
韓国ページTOP:http://www.tabikobo.com/area/korea/

holiday


プロのガイドさんでは味わえないツアーをしたいあなたに!


海外にいるホストが「空き時間をシェア」するホリデイチケット。日本の名古屋にある「レアリスタ」が運営しています。サイトは日本語と英語に対応。
エリアはアジア数か国(韓国、台湾、タイ、いずれも首都)と国内に対応しているそうです。

いろいろあるおもしろチケット


このサイト、チケットを購入し、事前に打ち合わせた場所と時間に待ち合わせると、現地ホストが時間を割いて案内をしてくれます。韓国エリアのTOPページを見てみると、ソウルのツアーもいくつか掲載されています。「韓国通なら食べないと!韓国 麺road」「現役楽天店長と行く秘密のソウル仕入れツアー」(これは商用として通訳、商品発送までするということなのでマジっぽいので高い)「韓国! HOTPLACE 弘大、ヨンナムドン探検!」など、面白そうなツアーがいくつかあります。
holiday2

逆に、TOPから行ける日本国内メニューでは、海外から日本に来る人を、われわれがガイドすることも可能です(外国語が出来たほうがいいですが)。旅先で現地で暮らす人との関わりができれば、旅がより楽しくなるのでは」ということで開発されたそうです。ガイドブックに載っていない旅ができれば、たしかに楽しそうですね。

まだ始まったばかり、レビューの充実に期待


いまのところ韓国ではわずか数人しかプロジェクトが登録されていないので、不安に思うむきはあるかもしれませんが、今後レビュー数が貯まってくると、安心して頼むことができそうですね。

個人のガイド仲介であくまで相手もプロではないため、今後はリスク管理が課題


ただ、個人×個人のガイドとなるため、身分証などで互いに身元は担保されているとはいっても、保険的なものはありません。それだけがリスクかな…。ので、ケガなどの可能性がないプロジェクトに自己責任で参加するという形になりそうですね。相性の問題もありますが、そのへんもレビューで今後印象に問題のある人とかは避けられるようにはなるでしょう。個人の責任で、旅行保険で対応する範囲で行きたい所ですね。運営側で保険の整備をしてくれないかなあ。

サイトTOP:https://holiday-ticket.com/
ソウルのページTOP:
https://holiday-ticket.com/city/seoul#cat=pop&sort=1&lang=&p=1

今後に期待したいですね!

というわけで、プロにガイドして欲しいと思っているアナタに!
1対1ではありませんが、当サイトがお勧めしているオプショナルツアー仲介は「ベルトラ」です。
ポイントも貯まる&無料体験ツアーもあったりする。日本資本で安心ですね。(実際に催行されるツアー会社はそれぞれの主催会社となります)


250くらいのツアーが有ります。
気になる方はそちらも覗いてみては。

kto_osaka

テレビ大阪、テレビ和歌山、びわ湖放送、奈良テレビと、4局関西圏で放映の「やすとものどこいこ!?」が韓国ソウル2時間SPを2016年1月31日(日)午後2時(テレビ大阪)で放送する。

テレビ大阪以外の放送日については、若干ずれが生じるため、各局サイトで確認を。関西圏以外の人は見られないのが難点。


ちなみに同番組はアプリがあり、放送中にアプリを起動するだけでお店や商品情報がスマホに次々とダウンロードされる仕組みがあるという。SPに適用されるかは不明。

詳細は番組HPを参照。:http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/yasutomo/

ejal
JAL公式HPの海外ツアーページでJ「お一人様」でJAL海外ツアー全商品(JALパック・JMBツアー・JAL海外ダイナミックパッケージ)を申し込んだ人が別途キャンペーンを申し込むと、韓国の場合、お一人様5000e JALポイントが2016年3月に積算される。※購入額が50,000円未満の場合対象外。

・応募期間は2016年1月18日から3月10日。
・対象出発期間は2016年1月23日〜3月14日出発まで。
・対象は以下の対象商品をJAL eトラベルプラザで予約し、出発された一人参加のお客さま
・対象:JAL海外ツアー全商品(JALパック・JMBツアー・JAL海外ダイナミックパッケージ)
※現地発着プラン、海外eホテルを除く
※日本発着国際線にJAL便を利用するコースのみ対象
・JALのHPで海外ツアーを予約後、キャンペーンに申し込むボタンから申し込む
※予約番号必須
※なぜか成約ページの仕組みがおかしく、ツアー予約よりキャンペーン申し込み欄のほうが上になっているが、順番としては予約が先でキャンペーン申し込みがあと。

キャンペーンページはこちら:http://www.jal.co.jp/intltour/hitoritabi_cpn/

eJALポイントはマイルではないので注意。

l7myongdong
2016/1/12にオープンした、まだ出来たばかりなのでネットにもほとんど感想がないホテル「L7 HOTELS明洞」。四つ星でロッテホテル系列のプレミアムビジネスホテルという位置づけだ。部屋の価格はさほどは安くないが、トレンド感と快適さを重視している。

明洞の中心街にも近い(世宗(セジョン)ホテル寄りですね)エリアで、方向が良ければ南山タワーが見えたり、明洞の中心街が見えるシティビューもあります。また21階にはルーフトップバーとフットスパがあり、3Fにはラウンジ&バーがあります。

出来たばかりで評価は定まっていませんが、ホテルを多く手掛けるロッテ系ということであまり不満はおこならないと思います。

ちなみにアシアナ航空ではロッテホテルズ&リゾーツ提携拡大記念で、トリプルマイルキャンペーンも行っている。(2016/3/6チェックイン分まで)


公式ホームページはこちら:http://www.lottehotel.com/l7/myeongdong/ja/
じゃらん海外からの予約は下から。

ロッテホテルL7明洞

海外ホテル割引クーポン(2/8迄)

asianavisit
アシアナ航空が2015年中にアシアナ航空で旅行した人を対象に、「2016年も韓国に行こうキャンペーン」を2016/1月末まで行っている。こちらは旅行の写真+コメント(200文字以内)を添えて送ると優秀作に韓国行きペア航空券ほか商品が用意されている。2015/12/11から行われていたようですが、チェック漏れしてました。すみません。

1等 日本発韓国行きビジネスクラスペア往復航空券(1名様)
2等 日本発韓国行きエコノミークラスペア往復航空券(1名様)
3等 PC用ゲームソフト「ぼくは航空管制官4羽田」(5名様)
4等 3DS用ソフト「ぼくは航空管制官エアポートヒーロー3D羽田 ALL STARS」(10名様)
5等 アシアナ航空オリジナルトラベルグッズ(どれか一点)※商品はお選びいただけません。(13名様)

詳細な応募条件はリンク先で。http://jp.flyasiana.com/C/ja/boardContents.do?menuId=004002001000000&menuType=BOARD&boardCode=BOARD_EVENT&eventCateCode=&eventSeq=4826&boardCmd=VIEW

fukuitv
福井県のFNS系民放地方局「福井テレビ」では、(本放送)2016年1月23日(土)16:25-55、(再放送)1/25(月)25:50-の2回、「おかえりなさ〜い増刊号 倉地アナがリサーチ うれしたのし韓国ソウルの旅」を放送する。

同番組中でペア1組に、小松空港発着!うれし!たのし!ソウル4日間のツアーが当たるプレゼントがある。番組中で発表されるキーワードを答えるもの。応募はWeb、ハガキからとなる。

福井ローカルのため確率は高いと思われるので、福井に住んでいる、もしくは知り合いのいる人は頑張って視聴するか視聴してもらうようにしてみてはいかがだろうか。発表は直接2/1(月)に福井テレビから電話で連絡が来るという。

この番組にはH.I.S、韓国観光公社、大韓航空、小松空港が協力している。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
また、夕方16:50〜 放送中の「おかえりなさ〜い」でも1/18(月)-22(金)の間、韓国の魅力を紹介、番組内でも日替わりでプレゼントがある予定。

番組ホームページはこちら:http://www.fukui-tv.co.jp/okaeri_korea/
進呈されるのはこのツアーと同等のものとなる。
http://e.his-j.com/trip/ciao/voyage/03A_21/QC-FSK4340-UTSA

manimani
MANIMANI(manimani・마니마니)は2015年12月くらいに立ち上がったと思われるサイトで、サイト下部にあるキュレーター一覧も運営会社一覧も問い合わせ先さえもページが作られていないくらいですが、いわゆるキュレーションサイトとしてやっていくようなサイトのようです。記事は1月17日現在で148記事くらい上がっています。Facebookあり。

キュレーションサイトというといわゆる引用の体での写真無断転載が多いため、どうかなとも思いますが、韓国は著作権概念が若干薄いところもあるため、あまり気にはしないのかな。キュレーターをしっかりとさせているのか記事の質はオリジナルで、悪くないとは思います。

Adsense(PCでみたときの右上に出る広告)が、テンプレートからはみ出しているところを見ると、まだいろいろ未整備なのでしょう。

ライターは募集しており、以前大阪メンバーで集まったなどと書いていますが、

ツイッターを見ると11 月30日までは前のモバイルサイト「hanuel」(運営:株式会社TRINGLE)をツイートしているので、この会社は大阪なので12/1から何かの都合で新サイトを作ったとかでしょうね。移行とかなのかな…。いまのサイトはまだ運営元すら書かれていないので、詳細は不明です。

마니마니詳細はこちら:manimani

chejutrouble
チェジュ航空の話題ばかりで申し訳ないが、12日に機材トラブルがあったのでお知らせしたい。とはいっても安全運行のために、離陸せず運行を遅らせたことなので、これ自体は正しい判断だ。

2016/1/12 午後4時半に、大阪から金浦に向かう予定だった7C1383便において、操縦席左側のマドにひび割れが発見されたため、7時間の遅延があった。

チェジュ航空は代替機を待っている乗客に食事クーポンおよび遅延保証金40,000ウォン(約3900円)渡し、空港から帰宅地へのバスを投入し帰宅支援、帰宅困難となった乗客には追加で宿泊費を支給したという。

こちら、記事を見る限り、むしろLCCでは良好な対応のほうだと思われる。
LCC大手なんか対応ひどいですからね。

軽微だったこともあるのか、日本メディアではあまり報道されていない。
Yahoo!に転載されたWowKoreaの記事も韓国News1の記事の転載だ。
原文記事:http://news1.kr/articles/?2542935
Yahoo掲載記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160113-00000061-wow-int.view-000

チェジュ航空側のSEO施策の失敗(韓国語版ページからのいったんハングルが表示されたあとの日本語表示が原因か)とGoogle検索順位変動により、チェジュ航空のホームページが見つかりづらくなっている。

チェジュ航空は、昨年のOrange Fly Day以降に改修され、ホームページが基本「韓国語版」でいったんわずかに表示され、その後翻訳版で日本語に切り替わるようになっている。

そのため、googleには「韓国語サイト」と認識されてしまうようで、検索しても
cheju

このように表示されてしまう。(真ん中のハングルがそう)

また現在Googleはまた検索順位を変動させているようで、「チェジュ航空」で検索した場合、この表示順位はGoogleアカウントログイン・非ログインなどパーソナライズによって変動するのだが、私のところでは(広告での表示では一番上にあるが)公式サイトは7番目に出てくる(追記:投稿日17ー18時頃検索が切り替わり、googleではjp.jejuair.netが1位表示されるようになった)。ただYahoo!も同じGoogleのエンジンを利用しているのであまり変わりはないのだが(こちらも広告での表示は一番上にあるが)こちらは、知恵袋やYahoo!ニュースでの項目も出ることから、9番目に表示が落ちている(こちらは18時現在変わらず)。

Orange Fly Dayでの長時間サーバ落ちもあり、検索順位にはなんらかのペナルティがかかっているのかもしれない。それにしてもチェジュ航空には日本語で最初から表示されるような仕組み(検索エンジンに正しく情報が伝わる仕組み)へ次は変更してもらいたいものだ。제주항공としか表示されてないと、日本人には伝わらないので。

jalan

個人手配で旅行する場合、つい航空券とセットにしがちですがバラバラでもクーポンをうまく活用すると安く泊まることができます。じゃらん海外では、海外ホテル予約に使える最大1万円OFFクーポンを2016/1/6-2/8まで配布しています(ただし、条件があり、1万円OFFは10万以上の宿泊で使えるというような塩梅です。5/31までの宿泊で使えます)。

まあでもこれうまく使えればですが、たとえばグループだったりするとすぐに結構な金額になるので割引されるといい感じになるかもですね。

クーポンは限定数があるので先に配布分を確保して、利用するといいと思います。

詳細はこちらから:海外ホテル割引クーポン(2/8迄)

lottecity

日本にもあるロッテホテルのビジネスブランドであるロッテシティホテルだが、いままでこのブランドは、便利な観光街にはなかった! 確実にオススメ!


韓国で一流ホテルといえば各外資系の大手ホテルと、新羅ホテル、ロッテホテルソウルあたりですが、そこまでクラスは上げたくないけど、まあまあキレイなビジネスというか、ビジネスとシティの中間ぐらいのところに泊まりたいという方も多いと思います。そんな方にオススメなのが、一流ホテルロッテ系列のロッテシティホテルです。

万全なサービスは望めませんが、設備がしっかりしているのが、ロッテシティホテルの特徴です。いままではちょっとメイン市街地からは遠いところが多かったのですが(ソウルでは…麻浦(マポ)、九老(グロ)、金浦空港(キンポくうこう))、ついに日本人も多く泊まる繁華街の明洞にも出来たのですよね。とはいっても、明洞というよりは乙支路(ウルチロ)3街(サムガ)駅の辺りですが。

ロッテホテル仕込みの一流なホテル運営


ロッテシティホテルは僕はマポに2回ほど泊まっているのですが、とにかく設備はキレイで、ロッテの運営ということでまずまず良かったです。あちらも地下鉄駅から近いので、別に街へ移動するのは楽なんですが、ロッテシティホテルは、難点としてはまだタクシー運転手の知名度の低いところですかね。場所+ロッテシティホテル といわないと行ってくれないし、ロッテホテルと勘違いもされやすいのです。いままでそちらに泊まった時の感触+新しいホテルのネットでの評価等を加味しても、客室はサイトにある写真の通りの(きれいな)部屋だと思っていてまずいいでしょうし、そこそこちゃんとしているはずです。日本の新築系のホテルの感じに近いですね。フロントさんなどバックエンドの人はそんなに多くないので、サポートの細かさは期待できませんが、明洞のここはビジネスセンターやフィットネスなど設備も整っているようですし、駅3分と近いのでいいんじゃないでしょうか。コンビニも近接しています。

普通のグループ旅行などでしたら、予算が許したり、キャンペーンで安くなっているのであれば、ぜひロッテシティホテル明洞をおすすめします。
あ、客室で注意したいのはスタンダードではダブルしかなく、ツインはスーペリア以上です(シングルはありません、1人の場合はダブルに通されると思われます)。全430室、27階建てなので、それなりに大規模ですが。

公式サイト:http://www.lottehotel.com/city/myeongdong/ja/

●じゃらん海外ホテルから予約 海外ホテル割引クーポン(2/8迄)

ロッテシティホテル明洞

orange

2016年1月13日から開催予定だったキャンペーン、Orange Fly Dayプロモーション。韓国LCC大手チェジュ航空のWebサーバのアクセスダウンで延期された最大98%OFF、日韓間500円(!)からの激安キャンペーンだ。2016年1月15日現在はお詫びが掲載されているが、国内線・国際線全路線でのオープンを中断して路線別にプロモーションをオープンするとしている。決まり次第、同じページで告知するとされている。

ちなみに、画面右上には22日までの予定で掲載されている表示があるが、これは更新予定日ではなく、本来のOrange Fly Day予定日程なので、この日程の通りに更新されるということではない。

またこの中断は、日本のみならず各国でもお詫びされており、香港でもこんな風な表示が出ているとか。少し違いますね。
orange
とにかく早く再開してほしいですが、通常予約に支障ないようにしていただきたいですね…。変更告知は22日よりは前になるのでしょうか、後になるのでしょうか。一部では週末だとウェブサイトが混むため、週明け説なども飛び交っています。

ところで超重要な片道500円チケットの超注意点は手荷物預けが0キロであるということです。手荷物なしならいいですが、あると1キロ1,900円がかかってしまうとのこと。となると、「どうする満作」さんにもある通り、10キロになると19,000円となり、実はプロモーション運賃ではない状態での一番安い特別運賃で購入したほうが(15Kgコミなので荷物があれば)得な場合も…。となると、通常のときに買ったほうがいいですね。

エクスペディアの報道資料によれば2015年の日本における人気旅行先ランキングは前年同様ソウル(韓国)が1位だった。2位はバンコク(タイ)、3位は台北(台湾)。ここまでは前年とまったく同じだ。この調査はエクスペディアの2015年1年の合計予約件数に基づくもの。

expd


韓国は観光的には下降しているイメージがあり、実際に日本からの訪韓人数自体は減っているものの、格安航空券をおさえて旅行するというケースが多いことからか、エクスペディア日本サイトではもっとも集客力を持っているようだ。

エクスペディアでは、上位をアジアが占めていることについて、円安の影響を強く受けたこともあって短期間の休暇に低価格で行けるアジアが安定した人気を示したと分析している。「安・近・短」志向、また、人気上昇率では高雄(台湾)やダナン(ベトナム)などアジアの地方都市の人気上昇が顕著なことから(当サイトでは省略)、”すこしディープな(深い)アジア”に関心を持つ日本人の増加といった言葉で傾向を表現している。

korea_seoul_kisei_

つい先日当サイトでも福岡経由の韓国旅を取り上げたところだが、やはり旅行代理店も目をつけているというか、今年は「韓国+日本各地を楽しむ旅」というのがもしかすると流行ってくるかもしれない。韓国にも強い旅行代理店の「旅工房」は、1月13日から異なる発着地を選択できるソウルツアー「韓国+日本各地を楽しむ旅」の販売を開始した。

 日本各地からの韓国便がたくさんあることをうまく利用した。国内空港から仁川空港、仁川空港から国内空港の航空券とソウルでの宿泊を含む。旅行期間は2-8日間の設定。代金は名古屋発・福岡発が28,600円から、成田・関空・那覇発は3万600円から(いずれも燃油サーチャージ込み)。

※日本の空港は、成田・名古屋・関空・福岡・那覇から選択
※到着地から出発地に戻る交通費は含まれない

「帰省のついでにソウル」「ソウルあとにUSJに」といったソウルを組みあせた周遊旅行を提案していく。ソウル専門のトラベルコンシェルジュが担当し、ソウル延泊やホテル変更などのツアーアレンジにも対応するという。

なかなか面白いというか、従来は個人でやってたことを代理店がやってくれるという感じですね。

詳細は韓国特集特設ページを。
http://www.tabikobo.com/special/korea/seoul_kisei/

旅工房トップページ
http://www.tabikobo.com/

福岡は、博多駅からわずか地下鉄2駅で福岡空港があって、韓国に渡る場合も非常に便利なところですね。福岡から韓国へ安く行くには? という検索ワードで来て頂いた方がいるみたいなので、ニーズに合わせて記事を書いてみます。

福岡から韓国へ飛行機で飛ぶ場合


まず、飛行機で行く手段です。

おすすめはティーウェイ航空がやっている「やすか券」。九州ではよくTVCMでやってますね。
搭乗率・予約動向により設定日、座席数が限定されるので注意して先に予約してください。

福岡から仁川(ソウル)の場合、片道で
2016/1/1からの片道がSクラス3,000円、Nクラス4,000円、Pクラス5,000円となっています。(帰りもその時期の設定は同じ。※変更されることがあるのでご注意ください)

他、燃油サーチャージ、各空港の使用料、発券手数料はかかります。
ティーウエイは同じやすか券を、九州の場合は佐賀や大分等からも出しています。

他、福岡から仁川行きは、ティーウェイ航空のほかにも
・ジンエアー(LCC)
・大韓航空(JALとコードシェア)
・アシアナ航空(ANAとコードシェア)
・チェジュ航空(LCC)


が乗り入れており、5社から選べます。ジンエアー、チェジュ航空などがLCCだけに割引が期待できそうですね。日本系航空会社はコードシェアですが、コードシェアされている側(例:JAL、ANA)の航空券で乗ればちょっと高いかもしれませんが、マイルの流用が効くのでいいですね。

福岡から釜山行きは

・エアプサン(LCC、一部アシアナとコードシェア)
・大韓航空(JALとコードシェア)
・チェジュ航空(LCC)


が運行をしています。こちらはエアプサンとチェジュ航空がLCCなので割引が期待できそうです。

福岡から韓国へ船で渡る


bspe

福岡から韓国釜山までの間はJR九州(ビートル)と、韓国側の未来高速(コビー)の共同運行による国際高速フェリーが出ています。2時間55分かかりますが、公式サイトによるとわかりますが、B-スペ平日レディース往復割引アンダー23など早めの予約で結構割引を出しています。ホテル付きのビートルパックもお得です。

他に急がない場合は大型フェリーのかめりあラインも出ています。他、主に韓国人側が使う「高麗フェリー」も出ています。

また、県境をこえて行く形になりますが、(山口県の)下関からも下関-釜山間の関釜フェリーが出ています。

これだけあれば、交通網としては十二分ですね…。
九州と韓国(主に釜山)間は往来が激しいことがわかりますね。

a0950_000078

韓国の連休についてブログ「アナバコリア総合版」が記事を書いています。
2016年は韓国で連休が多いそうです。

韓国の連休中は、韓国人が行く地元の観光地は混みあうかもしれませんが、通常の店舗が休むということは、旧正月(ソルラル※)と秋休(チュソク※)以外はありません。(※=実質的な正月とお盆にあたり日本と時期は違う。この日には実家に帰る習慣がある)

土日・公休日に営業しないお店などの場合は、確かに韓国の連休は気になるかも。

転載はしないので、気になる方はこちらのリンクからチェックしておくといいでしょう。

sysinfo_kr

なんで去年と同じ過ちを繰り返すのか、キャンペーン以外の大多数の客に迷惑ではないのか…


チェジュ航空は2016/1/13 PM5から「Orange Fly Day」として最大98%割引、日本から韓国最大500円のキャンペーンを行ったが、ニュースサイト等でも報道されたことからか客が多く、サイトが落ちてしまっているようです。「システム点検中です サービス利用にご不便をおかけします さらに安定したサービスを提供…」みたいなことがハングルで書かれています。

前回のキャンペーン時でもサイトが落ちてしまい、しばらく動かなかったためサーバは増強されたはずですが、やはりダメだったようです。アプリも落ちていますね。

チェジュ航空は昨年も同じ企画でサーバ障害を起こしています


以前にも同様のことが起こりました。

やらなきゃいいのに…特に、チェジュ航空のように基本がWeb予約のみで空港窓口では予約できないような会社は、Webが落ちるとキャンセルや、問合せなど電話で集中し、かなりパニックになるのではないでしょうか?

チェジュ航空は猛烈なアクセスがあっても落ちないよう、負荷分散できるロードバランサーを導入したり、バースト対応で急にスケール対応できるようなタイプのクラウドサーバを使ったほうがいいのではないでしょうか…

Facebookにお詫びが出ていました。
https://ja-jp.facebook.com/jejuairjapan
jejuowabi

しかし、サイトには「前回も同じ状況で混乱を招きましたよね? なぜ前回の失敗から学んで改善しようとしないんですか?」と激怒している方もいらっしゃいます。当然のことであり、改善をするべきだと思いますね。まあ前も時間が経って改善したので、この状況が続けばなんとかすると思いますが…。

キャンセルなどの緊急連絡がある場合、チェジュ航空Webサイトが落ちてるままならどうしたらいいの?


とりあえず、落ちている間に予約変更など急用がある方は、Yahoo知恵袋の回答にあるこちらのQ&Aにある問合せ先などへ。

公式サイトが落ちている間はどこで予約すればいいの?


また、公式サイトが落ちている間に予約したい人はイーナトラベル、HISなど他社経由で予約されることをおすすめします(※注意:キャンペーン対象外)。たぶん表面上のサイトが落ちているだけで、もともとの予約システム自体は生きてると思うので…
チェジュ航空自体は通常時は悪い航空会社ではないので、キャンペーンが終わる通常時まで待ったほうがいいですね。
海外格安航空券ena(イーナ)
(※注意:キャンペーン対象外)

日本でもLCCでWebサーバ乗り換えの例はあるよ!


同様なトラブルとしては、ピーチが初期は日本のKagoyaというサーバ会社のサーバで予約システムを構築していたのですが、(たぶん負荷体制の側面で、2012年頃に長期で落ちたりしたこともあることからか)いまはアメリカのサーバセントラルを利用しているという例があります

(追記 2016/1/14)
※Facebookを見る限り路線別にやり直すようです。いったん中止となっているような状況ですね。HPにも説明が出ています。http://jp.jejuair.net/

fukuoka

いま日本国内各県の割チケがかなり配布されている


いま、大手の予約サイトにいくと各県の「ふるさと割」なるページがあり、クーポンが配布されています。宿泊の割引が多いですが、なかには飛行機+宿での割引で、1万円を超えるものもあります。(例えば福岡ならYahooトラベルだと1月中の出発で2名以上に使える20,000円クーポン、3名まで使える30,000円ツアークーポンがあります ※先着数名〜数十名のみ)

これをうまく使うと、たとえば(2万円のクーポンだと)
東京 ⇔ 福岡 エアチケット + 福岡の宿 で買って 2名 4万円以上の精算で2万円の割引、になるわけです。(あとに書きますが、Yahooプレミアム会員だと、るるぶトラベルプランでさらに併用できる割引もあります)
たとえば2−3日滞在にして、それを先にとります。

なか日に福岡からすぐに行ける「韓国」へ朝から遊びに行く(ここは自分で別に手配)


そして、別途福岡から間1日を別に日帰りで、福岡のJR九州の高速フェリーか、福岡空港からLCCのチケット買って福岡⇔釜山に行くとか、LCCエアチケならそれこそ福岡空港からソウルまで抜けるとか、そういうこともできるわけですね。いわばツアーの中抜けをするというパターンです。
・福岡のフェリー乗り場は、博多駅からタクシーで20分以内でつきます。
・福岡空港は博多から地下鉄で移動できてわりとすぐに着きます。

という地の利が福岡にはあるわけです。拠点を福岡にして移動すると。

たとえていえば香港ツアーで中1日をフェリーで渡ったマカオのカジノで過ごす、そんな感じですかね。

なんなら、福岡の宿が連泊なら安いところにして(中間1泊荷物置いたまま釜山移動してあちらに泊まり)1泊捨てても安く上がる感じです。いや割高だというご意見もあるでしょうが、福岡と2つ楽しめて、当日にさっと行けるということを考えると、高くありません。

目的外の使い方ではありますが、一応福岡には上陸して福岡のいろいろも楽しめるわけですし、それを楽しめば、趣旨としては問題はないじゃないですか。

Yahooトラベルでダブル割引も


ちなみに現在Yahooオークションなどでのプレミアム会員になっている場合、Yahooトラベルのるるぶトラベルプランの場合、5,000円のクーポンをくれるキャンペーンを行っています(Yahooトラベル最近未使用の場合)。併用できるのでさらに(日本国内の)宿が5000円引きとか、どんだけ安くなるのか。

ちなみに、私も福岡行く予定があるのですが(残念ながら都合で釜山には渡れないのですが)、この2割つの割引を併用したら旅費が半分くらいになりましたし、普段泊まれない一流ホテルまで宿を持ち上げることができました!補助プラスキャンペーン様様です。

地方空港便や高速船に慣れている人にはふるさと割は利用価値あり


このふるさと割、いろんなところでやっているので、チェックしてみて、国内各地にも行ってみるといいと思います。そして隙あらば近くの地方空港や、湾から韓国にも渡れますよ(あんまり品のいいやり方ではありませんが…)

ちょっと検討してみるというのはいいんじゃないでしょうかね。

navitime

ナビタイムジャパンの運営するPlatの記事で、お年玉キャンペーンとしてチェジュ航空タイアップのプレゼントキャンペーンが行われています。

当選航空券は6名様ぶん。なお本文中にあるキーワードを見つけると当選確率が3倍になるそうですが、実際はほとんどの人がそれ書いちゃうと思うのでちょっと誇大表示ですね。

往復で、※各路線2名

成田国際空港 ⇔ 仁川国際空港
関西国際空港 ⇔ 仁川国際空港
中部国際空港 ⇔ 仁川国際空港

となります。 となると、中部・関西のほうが有利かな?

有効期限:2016年3月1日〜8月31日(出発・到着日、14日以内)となります。
〆切は2016/1/29
当選メールの発送は、2016年2月中を予定。

ちなみに本文中で紹介されているお店、僕はチョッパル店以外は全部行ってます(セマウルは日本の新大久保店でですが)。

応募はこちら↓へ。記事のラストに応募ボタンはあります。
https://www.navitime.co.jp/article/detail?id=NTJspe0012

fmnorth

道内の方に朗報。

北海道のFM局『FM NORTH WAVE』の土曜日「STATION DRIVE SATURDAY Z」内15:30-放送の「釜山TRIP」。この番組で2016年1月9日放送にて番組旅行モニターを募集するという。うまくすればタダで釜山に行けるのかな?

詳細は、番組を聞いてください。北海道内在住であれば、FMもしくはスマホアプリのRadikoで聞けるほか、エリア外の場合でもRadikoプレミアム(有料/月350円税別)で域外聴収が可能となっている。

釜山TRIPの番組ブログ:http://825.fm/blog/busantrip.php
FMノースウェストのWhatsNEWページ(写真で載せている内容):https://www.fmnorth.co.jp/whats_n.asp の2016/1/2を参照
FMノースウェスト:https://www.fmnorth.co.jp/

それにしてこもこの番組は釜山観光公社でもついているんですかねー。気になります。

fukuwarai
大韓航空が「新春福笑いキャンペーン」を2016/1/4-1/8まで行っている。

(以下、韓国線に関係する部分のみ抜粋)
日本発ソウル・釜山・済州行きの航空券を購入する人に1000円分の割引コードを提供、予約時にクーポン番号入力。対象:3月17日までに出発するTクラスを除く全クラス。購入期間:1/4-1/8。割引コードの利用は1回の予約で最大9名分まで。

「2016福袋プレゼント」こちらは1/29まで
ではAコースでは旅行にちなむ川柳を募集、Facebook、twitter等にログインの上大韓航空ホームページに投稿。またパズル・クイズも。優秀作品を3つ選定し、1名に成田―ホノルル線のプレステージクラス往復航空券、1組2名に関空―グアム線のエコノミークラス往復航空券、1組2名に日本―韓国線のエコノミークラス往復航空券、スペシャル福袋を贈呈。

Bコースではクイズで正解した人から抽選で39名にプレゼントが当たる。ソウルの韓国料理店「バルゴンヤン」食事券、日本公開の韓国映画「探偵なふたり」の特別鑑賞券、米国内用のハーツレンタカーの1日フリープラン(コンパクトカー)など。

詳細はこちらから:http://micro.koreanair.com/mainEvent/201512/jp3/index.html

ejal
JALが、自社からJAL海外ツアーを予約した場合のキャンペーンを行っています。指定のボタンからの予約に限られ、かつeJALポイントはネット購入用のポイントでマイルとは異なる点に注意してください。

対象:リンク先ページ内「ご予約はこちら」から検索・予約できるJALパック、JMBツアー、JAL海外ダイナミックパッケージの韓国ツアー(現地発着プラン、海外eホテルは対象外)
対象予約期間:2015年12月10日(木)〜2016年1月31日(日)2016年3月31日(木)[延長]
対象出発期間:2015年12月15日(火)〜2016年3月31日(木)2016年4月30日(土)
積算は2016年3月末予定(4月出発は2016年5月末を予定)なので、今回のには使えません。代表者のみに積算されます。同行者は対象外です。

グループで行く前提で、代表者が次回用のeJALポイントを独占しちゃうなどの方法が考えられそうです。
こちらから:https://www.jal.co.jp/intltour/asi/selcpn/

jinair
2016年1月3日午前、フィリピンセブ島発釜山行きの大韓航空系LCC「ジン・エアー」機のトラブル(ドアが半開きのまま40分飛行した)が発覚した。客には別状はなかったが、音がうるさい、頭痛がしたという苦情が出ている。このような問題が起こったことから、原因究明とは別に韓国国土部から韓国LCC6社の安全管理点検、規定遵守の可否の点検が行われることになった。

というのは昨年末、2015年12月23日には金浦空港からチェジュ行きのLCC済州航空でも機内圧力装置の異常があったことから連続しているということで、韓国国内では格安航空の整備を強化すべきという意見が強くなっている。

中央日報によれば以前2014年にはティーウェイ航空が非常口に15歳未満の乗客を置いて摘発されたという(非常口前は基本的に、非常時に手伝える年齢の人を配置することとなっている)。2013年にはイースター航空が超過勤務で問題となっていた。

これらの問題が各社で連続していることから、今後整備は強化されていく可能性が高い。点検はみっともない事態ともいえますが、逆にいえば点検により今後の安全改善が進むということなので必要以上に格安系を避ける必要はないと思われます。

「ナッツリターン」で体制が問題となった大韓系のLCCがこのような事件を起こしていることについてはまったく問題だと思いますが…。

LCCで心配があるようであれば、アシアナ・大韓などの韓国大手航空会社、韓国系はなあというのであればJAL、ANA、ピーチ(ピーチは関空・那覇便)などを利用する、また米国系でも就航しているものがあるので(デルタ・ユナイテッド等)そちらを利用するなど選択肢はいくらでもあります。

当サイトでもLCC事情については注視していきます。

103231

いままではいわゆる韓国側からみたときの外国人観光客(日本人など)は、免税店で買ったあとに、出国前に空港で税金を払い戻すという面倒な手続きがありましたが、これからは一度に20万ウオン(2016年1月現在約2万円相当)未満の商品を購入する場合に限っては、免税店でその場で税引で受け取れるようになりました。

ただし、1度の訪問につき総額100万ウォン(約10万円相当)までの適用。

これは非常にありがたいというか、僕は空港での申請云々がめんどくさい、かつ時間がなかったのでいままで実質的な免税特典を得ていなかったので、その場で安く購入できるようになるのは率直に嬉しいです。

ただし要パスポートです。パスポートがないときはこの特典はないと思います。

※参考までにgoogleでの2016年1月4日現在の為替レートを入れていますが、実際の適用額はウォンベースとなります。

詳細はこちら。(韓国観光公社)

イラスト:イラストAC
    
ブログパーツ