激安・格安 韓国旅行

安全な韓国旅行、ソウル旅行を送るためのノウハウと比較ガイドを著者が解説。



当サイトから予約で主に使われているのは【DeNA】海外ツアーH.I.Sじゃらん海外Expediaです。お得に旅行に行きましょう。特に現時点でオススメなのはじゃらん海外です。リクルートならではのクーポンばらまきを上手く使おう! ▼▼他のサイトの韓国最新情報はこちらから▼▼

jsp

「イボミと行く!絶景と美食の済州島旅にイラ韓河本くんも緊急参戦セヨ」


テレビ東京 2015年4月29日(水・祝) AM10:00-11:00 ※キャプチャは韓国観光公社より

なんとゴッドタン司会進行やイラ韓ナレーションでもおなじみ松丸アナも! かなりふいをつかれた形だったので、(イラ韓番組出演ロケコーディネーターの)キムさんと元同僚だったペさんも知らなかったみたいです。

番組としては松丸アナ&イ・ボミ(ゴルフ選手、今年だけですでに3394万の賞金を獲得している)による(たぶん1日で撮った)女子サイド的パブリシティ部分。オルレ、食事、買い物、クルーズ等がAパート。そのイ・ボミを追いかけ市場・ローカルふれあいをする河本くん(別撮り)がBパート、で時折交差するという設定だったのですが、どうしてもイ・ボミさんと松丸さんが仲良い設定であっても距離感があるためか、イ・ボミさんが観光名誉広報大使であることから気を使わなければならないためか、ロケ日が雨になってしまったせいか、松丸さんはそれなりにハングルも学習しているにもかかわらずイ・ボミパートがスケジュールのせいか短期収録感があり、若干の盛り上がりに欠けるので、その穴を埋める感じでイラ韓要素が足されたような番組になってしまっていました。おおまかな番組内容はこちらに記録が。

その結果としては、番組編集力は感じますが、イラ韓がわからない人には説明不足、逆に女子旅的要素としては盛り上がり不足という消化不良感が若干残った作品ではありました。それでも、楽しい気持ちで見ることはできます。大韓タイアップ+スポンサーがパチンコ系のグループというのが非常にわかりやすかったですが。イラ韓的要素はやはり楽しいです。おばちゃんにこき使われるところとか、韓国のイラ韓ファンに話しかけられて勝手に盛り上がられるところとかはよかった。。若干苦労している感が出ていた気はしますね。番組中に番組ファンがいくつも現れたあたり、いまは、観光公社側にも評価されているのだなあと思いました。

イラ韓ガイド(ロケコーディネーター)のキムさんのことをちゃんと認識している人がいてそれは凄かったですw。
次はペさんが復活してもらえるといいんだけど、、

チェジュ島自体はいい島なので、人との交流を通してより深く理解できたと思います。ただ、より新しい場所に(市場とかは新ネタなのですが)行って欲しかったかなというのは、旧番組から見てると思いますよね。そのうち僕も行きますので、広報効果はあったんじゃないかと…続編よろしくおねがいします。

イ・ボミさんのHPには
「2月に済州島で行われた韓国観光公社社長杯コンペに韓国観光名誉大使として参加した際に収録された番組です。」
という説明があるので、予めロケ日がコレって決まってたんでしょうね。

lgi01a201407292200

関西では、韓国旅行、案外人気あるってよ


GWに出かける外国の1位は10年連続で韓国(※関空の場合)だったそうです。テレビでやってました。案外、世の中では厳しい評価なのかなと思っていましたが、そうでもないんですね。新関西国際空港株式会社としての連休予測では韓国に1日4200人の渡航を見込んでおり、前年比20%増だそうですから、まあマイナスというわけでもなさそうですね。データとして関空ソースであれば恣意的なものもありえないでしょうし。

実際のところの理由としては、関空から韓国へは、LCC便を中心に関東からよりも大幅に安いんですよね。週末旅行で全然行きやすいということがあるんです。

もちろんマイナス報道もあって、夕刊フジではJTBのGW期間の旅行見通しでは韓国は11.8%減を見込んでいるという記事も出してました。一方で全国的に見ればそういう視点もある意味では正しくて、観光の減少傾向も事実だと思います、それがチケットが取りづらいGWだと「あそこはきっと混んでない」「きっと安い」という希望観測にも変わっていて、それで実際にはGWで取る人が多いんでしょうが、やはり偏らない両方の視点で物事は確認することは大切なのかなと思います。

筆者もGWは韓国に出かけます。なぜなら、やはり全体に安いこと、チケットが取りやすいこと、距離・時間的なコストパフォーマンスの高さにほかならないのですが。結構高いチケットで行かれている方もいるかと思います。また、実際に手配してわかることなのですが、GWの韓国はWi-fiレンタルも不足しがちです。そのへんもうまく安く手配する方法をお教えします。

韓国行きエアチケットはこうやって手配すれば安い


・日時に余裕があるなら、夜便出発または朝便帰着で、そのかわり滞在の日数を伸ばせば不満なし

たとえば朝出発夜帰着の4日間・3日間はスタンダードに人気なので、便数が多い社のフライトじゃないとなかなかエアチケットを安く手に入れることが難しいですね。しかし、不利な時間帯(夜便出発や朝帰着)便を使うことにより、値段が安く済むことが多くなるんです。ただし、たとえば3日間の旅行でそれ(不利な時間帯)を使うと中が1日しかなくなっちゃいますよね。そういう場合は行き・帰りの日程を半日ほど旅行予定日の前後に食い込ませることで、形式的には5日設定になりますが、3日フルに使うことができます。

簡単にいえば下の通りです。

例えば 土・日・月 で行く場合 

理想的なチケットは 土曜朝発−(ソウル土・日・月の大半フリー)−月曜夜帰国 だとフルに使えますが、
妥協チケットだと  土曜夜発−(ソウル日曜フリー)− 月朝帰着 となってしまいますよね。

その場合は 金曜夜発−(ソウル土・日・月フリー)−火曜朝帰国 にしたりすると、チケットのデメリットがあまり感じなくなるわけです。

・旅程をチケットの安い時期にあわせる

これは、専業主婦とか学生とかフリー、無職、あるいは有給休暇を自在に取れるポジションでないと難しいのですが、特に女性同士の場合などは平日の旅行もわりと多いのではないでしょうか。

たとえばチェジュ航空とかは需要予測の変動料金です(韓国便じゃないところだとジェットスターなどもそんな感じですよね)。1週間通しの運賃を確認すると、あら?と思うほど安い日があります。また、各航空会社でも、主に暇な時期や、超先行予約的なものにおいて格安キャンペーンをしている時期があり、特定時期だけ半額以下の格安チケットが出るということもよくありますよね。そういうのにあわせて日程を組むと、お得です。

・空港をずらす

僕のパターンなんですが、たとえばチェジュ航空の成田便が埋まってて取れない!という場合、思い切って名古屋発から乗ってしまうのです。都内からなら品川から新幹線で1万円くらいですし、ぷらっとこだまを使えばもっと安くもできます。名古屋から乗ってもそっちのほうが(成田・羽田でJALやANA、大韓・アシアナなど大手のシーズンで高くなってるチケットを取るより)チケットが安いこともあるんですねえ。周遊チケット(2箇所以上のポイント)にすれば、往復同じ会社ならそんなに高くならないんですよね。帰りは成田まで戻ってきます。

同じパターンとして例えば名古屋で埋まってたら、東京まで来るとか、逆に関空まで行くとかといった手も使えると思います。

これ、同行者は「どうか」って思いますから相手によりけりですが、空港の場所を変えると案外空いてたりするので、連休や、なんか大きな学会やスポーツイベントがあって混むみたいな時期などに覚えておいてください。

Wi-fiレンタルも混む! そんなときに使える裏ワザ


なんとたとえば韓国データ(グローバルモバイル)は大人気で「(2015年は)5月2日まで、および5月12日から5月17日の期間にご出発の韓国データはご予約ですべて一杯」という状況になってました(2015年4月29日現在)。また、当サイトが比較的おすすめしているグローバルWi-fiも、安いほうのプランは特定の空港受取や宅配でも品切れで、高いほうの「LTE大容量」を選べ、といわれる状態でした。しかし、LTE大容量だと日あたりのコストがドカンとあがってしまいます。

今回、グローバルWi-fiを借りたかったのですが(※JCBなどで安く借りれるため)どうしても安いほうのプランで借りたかったため、裏ワザとして編み出したのは、宅配や特定の空港受け取りでの安いほうのWi-fiルーター在庫ないってことは、それ以外の場所での他の在庫はあるってことで、じゃあ「韓国受け取り・韓国返却」での申し込みをしてみたら在庫が出てきました。韓国現地用の在庫は別にあるってことですね。

これは、意外に穴でした。
他の時でも、空港受け取りで在庫なし、とか言われる場合は、宅配にするなど(逆の場合もあるかと)、設定を変えると在庫が出てくることもあると思いますので、試してみてください。

他社の場合も、人気プランでないほうのレンタルを選ぶとか、韓国の空港に入っている韓国国内受取のWi-fi業者あたりにするとか、いろんな手がありますよ。

jejucafebene
チェジュ航空が2015/4/10から、成田空港第三ターミナルオープン記念のキャンペーンを開始した。毎日運行している成田〜仁川路線を片道6,000円からで販売(HP、モバイルアプリ、モバイルWebサイトで販売している運賃、座席数限定、燃油サーチャージ、空港税含まず)。(こちらは2015/5/31迄)

また、T3の2F、3Fにある「カフェベネ」ではチェジュ航空の航空搭乗券をお持ちの方に全てのメニューを10%引きで提供する(2015/8/31迄)。

条件などもある可能性があるので、HPを確認のこと。

イベント概要
チェジュ航空

海外格安航空券ena(イーナ)

a1560_000012
写真/足成

韓国旅行は、たとえば最近、大阪の(国際線の窓口である)関西空港ではLCCが台頭してきて圧倒的なシェアを持ち、韓国ソウル便に限っては、通常のJALやANAが(今後)ほぼ休止状態だとか…。

ちょっとの差で半額になるならLCCを選ぶ!


そのくらいLCCの安さと便の多さは通常の航空会社にも影響を与えるのですが、僕も(韓国便ではないですが)LCCのジェットスターとか使って札幌とか大阪に行ってみたら、ピッチがわずかに狭い以外は意外と快適で、ほぼほぼ半額で済むならこれで毎回いいかなーと思ってしまっています。(機材の遅延による定時運航率とかの問題はありますが…)

いままでは羽田をメインに使ってた人も、LCCが増便することで成田も併用


東京では羽田空港便のほうが便利がよいことから、成田空港発の便は空港まで都内から「距離がある」ことからやや敬遠され、そのかわり格安で乗れたというのがいままででした。その成田空港も4月8日からは、LCC専用ターミナルができることで、劇的に環境が変わります。

正直、LCCの専用のりばというのは、できるだけ簡略化されたものとなり(地上から乗り降りするなど)、その代わりに航空会社が空港に払うお金も格安に…なるというものです。なので、すごくイケた感じにはならないですが、各LCC航空会社にとっては、出費も抑えられて、結果的には値段も下がるためいいのです。近隣ホテルでもLCCターミナルにあわせて宿泊プランが出されたり、リムジン以外の民間バスが1000円あるいは1000円切り程度で東京駅近辺から運行したりと、「成田は別にいいけど高いじゃん」という状況からも抜けつつあります。

まずはチェジュ航空がT3(ターミナル3)入り


東京あたりから韓国に行くもの(LCC)は、イースター航空、エアプサン、チェジュ航空などがあります。韓国系のみならず、日本のLCCでもバニラエアがあります。通常の日本の航空会社でANA、JAL、韓国系で大韓、アシアナがあったわけで、LCCと通常のもの合わせた状態のいまでもかなりの過当競争ですが、確実にあるのは就航時のキャンペーン等でしょうし、安価化もすすみます。安くなたっときに有利なのは圧倒的にLCCです。ですので、これからはLCC利用が進むことが予測されます。
成田空港のターミナル3には、本来5社が入る予定でしたが、実際には4社が入っています。韓国便はまずはチェジュ航空が入りますが、集客環境次第では他の航空会社も入ってくるでしょう。せっかくLCCターミナルがあるのに入ってこない航空会社がある理由は、やはり遠いT3よりも便利な場所で受け付けられている場合のようです。

15分かかっても問題ない!


使う側としては、第三ターミナルって遠そうだなあ…とは思いますが、成田まで行ってしまうなら(そこから若干距離があっても)ほぼほぼ同じことなので、気にはなりません。LCC自体、大手に比べて時間にはシビアですし、遅刻して行くような人はあまりいないので、ほぼほぼ、LCC使用で問題はないでしょうね。そもそも韓国便などは2時間半程度のフライトですから、時間を潰すものさえ持参すれば別に機内TVがなくても、機内食がなくてもあんまりは困らないですから。

そして、韓国便であえてANAやJAL、アシアナや大韓を使う人は比較的お金がある人たちになっていくのでしょう。関空みたいに(メジャー便が廃止に)ならないといいけど…

成田空港ターミナル3で気をつけたほうがいいこと


・15分歩きます。途中は特にエアコンのない、屋根だけあるような吹きさらしの外廊下エリアを長距離歩くことになります。そのため、薄着すぎるとつらいかも(真夏は逆に汗かくかも)
・時間に余裕を持って移動しましょう! ギリギリだとひたすら走るということになります!
・荷物が大きい場合ですが、かなり長距離移動するので、歩きづらくなるため、空港にあるカートをもってきたほうがいいかも
・乗るときなど、少し濡れる可能性もあるので雨の日は傘(できれば折りたたみ)などあったほうがいいかも…

成田空港ターミナル3がLCC向けになっていていいこと


・LCC利用のため、ソファ等はフラットで一応仮眠もできる仕様になっています。混んでいる時間はできるかわかりませんが…。
・フードコートエリアがあり、まるでイオンモールにでもいるかのように食事をとることができます。
・テナントもそれなりにあります。

oedo

格安ツアーや格安チケットだと早朝出発便をあてがわれることがあります。それはそれで1日が長く使えて便利なのですが、ホテルを取るにも早朝出発だと滞在時間がもったいないし、とはいっても終電以降朝まで長いから時間潰すのもなあ…。と途方に暮れることもあるでしょう。

格安慣れしている人の場合は、いろんな回避手段があるのですが。

1、終電前後に来る民間バスや、終電で国際線ターミナルまで来て、あとは国際線ターミナルの椅子(ベンチ)で寝る。


京急だとピンポイントに結構遅いバスもあります。→羽田国際線深夜・早朝バス。
・最寄りから行けなくても、たとえば途中で乗り換えて品川駅から乗るとか手段はいろいろ。

・現地では仮眠できるような備えが必要です。あと意外と明るいので寝づらいかも
→飽きたら…国際線ターミナル内の飲食店も数店舗は営業しているので、そこに行く

・利点…ホテルを取らないので、お金はあまりかからない(食べなければ)。
・難点…椅子寝は体力が落ちる、深く眠れない、起きていても体力消耗する


2、大江戸温泉物語が募集している、大江戸温泉物語からの送迎付き「羽田空港早朝便フライト前泊プラン」を利用する


・お台場にある温浴施設が、羽田への早朝バスつきのプランを設定している。
・予約制。基本は3日前の22時までに。
空いていれば当日でも可能だが、空いてないと断られる。
・大江戸温泉物語入館料+羽田空港国際線へのターミナルバス込で2,800円(大人の場合)。
・リクライニングルームで仮眠を取ることが可能だが、リクライニングシート=椅子。混んでいると座れないかも。椅子にはテレビ付き。
・出発は朝3:50。なので、自力で起きる必要あり。アラームなどは鳴らせないので、腕時計で振動するものや、スマホにイヤホンをつけて、イヤホン・ヘッドホンでアラームが鳴る設定にする(外れると間に合わないので洒落にならない)、あるいは、先に寝てしまい、深夜は温泉だけ楽しんで起きている、数人の団体なら持ち回りで起こす人を決めておく、などの方法で乗り切れ。
・約30分で羽田の国際ターミナルにつく。

・利点…宿泊をともなわない日帰り温浴施設のため、施設は充実している。おみやげも買える。
・難点…目覚まし問題(音出せない)と予約必須


3、羽田空港内のブース型カプセルホテルに泊まる


・羽田空港第一ターミナルにFIRST CABINというキャビン型のホテルがある。(国際線は国際線ターミナルなので、乗る時には中で移動は必要)
・通常の二段のカプセルではなく、あくまでベッドルームとしての貸出で、ブース状になっている。
・「ビジネスクラス(ベッドサイズ程度)」と「ファーストクラス(ベッド+倍程度のスペース)」がある。
・鍵はなし。ドアはカーテン(簡易宿のため)。セーフティボックスあり。
・大浴場・シャワーブースあり。
・男女別にエリアが分かれている。
・家族の場合は歓談は共有ラウンジなどで。
・こちらも、カーテン仕切りの関係上、目覚ましはかけられないので、やはり自力で起きる必要がある。
・5000円〜 6000円〜 くらい。家族で泊まる場合、全て1人用ブースなので割高になる。その場合は通常の羽田近辺のホテルや、羽田空港第二ターミナル直結の羽田エクセルホテル東急を利用したほうがいい。

なお、羽田空港第一ターミナルは0時半から4時45分まで閉鎖されるので注意(通用口あり)。
羽田第一・第二・国際ターミナル間の無料2路線ありいずれもバスは、朝5時くらいから。終バスは0時前後。

・利点…ベッドで寝られるので体力を消耗しない。風呂もある
・難点…1人1部屋なので家族に向かない。カップルの場合も別々になる。そして男女エリアが分かれているため、本人が自分の意思で起きてこないとどうにも出来ないという問題。あと目覚ましの問題(音出せない)。


4、羽田空港内にある羽田エクセルホテル東急に泊まる


・羽田空港第二ターミナルに、直結している羽田エクセルホテル東急がある(国際線は国際線ターミナルなので、乗る時に中で移動は必要)
・まともなシティホテル。料金も正規では万単位のけっこうな価格。予約サイト等を利用したほうがいいかも。
・有線、無線LANともあり。バリアフリー。客室テレビでもフライトインフォメーション確認可。
・ANAの国内線などに乗るのには便利なのだが…
・深夜は出入りに迂回が必要。23:45以降は警備上ホテルの「出発ロビー側入口」が閉鎖となるので、1F夜間連絡口エレベーターを利用して2Fアクセス道路の歩道から入る。
・早朝に国際線ターミナルへの専用バス運行あり。10分で着く。ちなみに2015年2月現在はホテル発が朝3:50と4:20だが改訂があるかもしれないので、HPのアクセス欄を確認のこと。逆に国際線ターミナルからホテルへの深夜バスは国際線ターミナル0:40発。詳細はこちら。

・利点…国際線ターミナルからも距離のない安心感。バスもある。
・難点…シティホテルなので安くはない。


5、近隣エリアのホテルに泊まる


・東京ならどこでもいいだろう…と思って港区当たりに泊まると、そこからのタクシー代は1万円を超えるので、少なくとも大田区近辺(遠くても大森・蒲田あたり)に。羽田から比較的近いのは、穴守稲荷や、大鳥居近辺のビジネスホテルあたり。ただ、そこからタクシー代はかかるのは計算の上で(深夜の場合電車がないので)。
東横イン羽田空港1東横イン羽田空港2 は大鳥居駅。ここは朝4時15分前後に送迎でホテルから国際線ターミナル用のバスあり。(国内線/経由線は他にもあるので乗り遅れも安心?)
・まともなところだとホテルJALシティ羽田 東京は穴守稲荷にある。ここのホテル発国際線までのバスは、朝4時から30分刻みであるので便利かも。
・他にも、昔やらやってるような、ちょっと寂れたような、前泊に使われる宿はいくつもある。安く済ませたいならそちらも。
・ただ、遠いホテルでも、格安ツアー客が泊まるような都内ホテルだと送迎がまれに早くあるケースもあるので、ホテルのサイトは確認してみよう。

・利点…そこそこの予算で泊まれる
・難点…えらいはずれ宿もあるので注意。また、バス時間では間に合わないような便の場合はタクシー移動になる。


6、早朝バスを当たる


早朝バスだと無駄な時間が少なくて便利。ただ、出発・最終搭乗までの時間が早いと厳しい。新宿の場合例えば出発は、普通のリムジンで朝4時からある。(国際ターミナル4:30着)

・利点…自宅や滞在ホテル近くから早朝バスが出ていれば、かなりいい感じだが
・難点…便数が限られるため、バス時間に縛られる


7、諦めてタクシーで


・利点…タクシー業者によっては「羽田定額運賃」の設定がある場合があり、そういう送迎だと(予約必須やエリア区域制限がある場合が多いが)定額で収まる場合も。それ以外にしても、乗り過ごし問題がない
・難点…上でも書きましたが羽田空港は都内中心部から近いように見えて、台場からヌケても大田区の端のほうなので結構料金上がるので注意したい。

zenshu
(追記:2015年)2月14日、日韓2カ国の観光関係者が集まり会議が行われたそうです。

読売によれば
韓国政府の統計によると、昨年の日本人観光客数は228万人で、前年比17%減となった。修学旅行やツアーなどの団体客が減っているという。影響が大きいのは地方都市で、韓国伝統の町並みが残る中東部・安東市の昨年の日本人観光客数は2012年に比べて半減した。同市関係者は「早く戻ってきてほしい」と話した。
安東市の観光客が半減したのは、別に同市に責任があるわけではなく同市河回村出身韓流スターの一人リュ・シゥオンが脅迫事件でイメージが最悪になったことが大きいと思いますが、韓国観光公社はソウルから安東など地方都市へのツアーバスなどを出すとのことです。実質的に公社か地方都市側から補助金が出る形になるでしょうから、日本人観光客にとってはほぼ負担なく地方に行けるという意味合いではいいのかもしれません。

今年(2015年)も、無料のツアーバスが始まっています(例:http://shuttle.dongbotravel.com/jp/index.php )。バスは定員があるため、飛び先サイト(東宝旅行社)から事前の予約が必要ですが、
たとえばソウルから全州(全州ビビンパで有名ですね)だったら、このように3月から12月までの金土日に無料バスが走っており、参加者には飛び先のサイト下部にあるように、ソウル市内や近郊のオプショナルも割引になったりします。

このようなものが拡充されるという形なのでしょう。
無料ツアーバスをうまく利用すると、ただでさえLCCなどで数千円でこれるレベルまでなっている韓国がだだ安くなりそうです。

なぜ、観光関係をなんとかしたいのかというと、またこれも政治的な理由があります。「日韓国交正常化50周年」なので、やはりマイナスのピークからは観光でくる人数を改善したいという考えが両国にあるのと、現在も毎日1万人は両国を行き来しているということもあり、ここにきて関係改善をはかりたいという思いが共通しているからなのですね。ここ数年、政治での面倒なトラブルが多すぎました。

韓国はドラマから入って遊びにいく人が増えて、いって見ると意外と都市部はそれなりには安全で、楽しい街だということがわかります。いまや日本から来る成人・壮年女性にとっては一大テーマパークみたいになりつつあります、17%減ったとはいっても、そんなことは気にしない人のほうが多いのが韓国旅行の醍醐味です。

韓流コンテンツがまだ集客できる力があるのは、韓国ではなく日本のハウステンボスに東方神起のホログラムライブを常設にするところからもわかるかと思いますが、なんだか韓国観光公社と日本の観光会社が考えるアプローチがどちらもずれてるなあという面もありますね。日本人受けするという、韓国B級グルメイベントなどもやるそうですが、旅費かけてまでB級グルメは正直どうなんかなと思います。しかし、まあやらないよりはいいのかもしれません。

20749562_s

図版版権: / 123RF 写真素材

【現地ケータイ電波をWi-fiにしてくれるレンタルルーターはあったほうがいい!】日本のケータイを海外定額設定せずにそのまま外国で使って写真とかバンバン送信すると「パケ死」の危険も


韓国旅行する場合、電話のローミングはわりと簡単なので使われる方も多いかとは思いますが、通信のほうでは携帯キャリアの海外パケット定額的なものを利用設定しないで通信しまくるとパケ死しかねませんね。最近はSNSなどで、写真のアップは普通になっていますから、特に注意が必要です。

キャリアに追加で何千円も払うのもバカバカしい!


だからといっても、最近キャリアの海外パケットホーダイ的なものは安くはないです。そんなときは、レンタルWi-Fiルーターを借り、携帯のデータ通信をすべてレンタルWi-Fiに切り替え、パケット分の通信は全部そちらに逃してしまいましょう。これだけで、キャリアの海外パケホよりもかなり安くなるのです。設定は若干いりますが、お使いのケータイがスマホなら、借りるWi-Fiルーターに付属して、簡単な設定の説明があります。よく読んで必ず設定してみてください。

グループで共有すると1人頭の通信料が激的に安くなる裏ワザ


だいたい日あたり500円台〜700円台くらいが標準的なところですが、これでもキャリアの通信代とくらべればかなり安いです。これ、でも例えば4人グループで行ったとします。端末はWi-Fiルータによって接続数の制限はあるかと思いますが、大概、4-5台以上は対応していると思います(確認できるものであれば確認しておいたほうがいいです ※例えば韓国データ(グローバルモバイル)のLG U+の場合は10台同時接続OKと書いてあります)。ということはですよ、グループで1つレンタルしてしまえば、仮に500円×3日間=1500円だったとしても、1人頭で考えたら375円だったりするわけです。

ただし、この方法はグループが仲良しで昼間の大半を共同で行動している場合に限られますが(離れるとWi-Fiが入らないので)、ケチりたい! と思う場合は、グループで1つWi-Fiを借りる、というのはありかもしれません。

昼は、といったのは、夜はホテル内のネット環境(有線/Wi-Fiの場合あり)で、出先でのネットチェックがなければ、概ね済ませられるかなあというのもあるのですが、まれにホテルだと、ネットが有償だったりする場合もあるので、そういうときの対策にも、Wi-Fiルーターは借りて行って損はないと思います。

空港受け渡しが可能なものが多く、多くは宅配便または国内空港で借りて、国内空港または宅配便で返すというものですが、韓国の場合は韓国系の業者だと、仁川国際空港で借りられるのもあります(韓国国内返却となります)。あえて現地業者を使うのも楽しいかもしれませんね。

●韓国で使える国内系Wi-Fi業者リスト
グローバルWifi…評判良好。直接サイトから使ってもいいのはもちろんだが、JCBに付帯するWi-Fiレンタルしてもここのものになる(詳しくはカードサイト参照)。筆者もリピートしている。

韓国データ(グローバルモバイル)…意外と評判よい。eggという端末などを利用。1ヶ月前の予約で早割がある。楽天IDでも決済ができる。


イモトのWiFi(グローバルデータ)…以前個人情報流出し非常に対応がまずかったことがあるので(しかも筆者身内も被害者でクレジットカードの不法決済を受けた)基本的にはすすめられないが、その分最安で出ていることもある。システムも今は改善されているのかもしれない。安く済ませたい人なら。ただし韓国の場合はあまり安くはないかもしれない。
テレコムスクエア…Wi-Hoサービスは有名。女子旅キャンペーンなど、やや女性向けにシフトしてサービスをしている感じ。
JAL ABC…安くないのだが、キャンペーンなどを併用してやっと他社に並ぶくらい。JALマイルをためている人向け。
エクスモバイル…サイトに電波エリアマップまで入っているのは親切。

社名が似ている物が多い


グローバルなんとかという社名が多いので各社若干紛らわしいのですが、別の会社であることが多いので、間違わないように注意しましょう。

レンタルWi-Fiルーターの注意点


あとレンタルWi-Fiは、説明書や設定は日本にいる段階で読んでおいて構わないのですが、ルーターはその国に行ってから電源を入れて、日本国内では電源は入れないようにしましょう。理由は、他の国でもローミングでつながってしまうことがあるのですが、そちらは定額のパケット料金として含まれない可能性が高いからです。数か国旅行する際、別の国でもまたいでオンしてしまい、高額な請求が発生するという危険もあるので注意です。

もうひとつ。もう設定に関してマニュアルもらってからもよくわからない点がある場合は国内にいる間にカウンターに聞くようにしましょう。海外に出てしまうと、業者のサポートに直で連絡しなくてはわからなくなりますので。

もっとケチって無料でWi-Fiを拾ってすますという方法


韓国はWi-Fi自体はかなり飛んでいます。電波を拾えるスポットを韓国観光公社が専用ページを作って案内しています。↓こちら
http://japanese.visitkorea.or.kr/wifi.kto?func_name=wifiZone&md=jpn
ただ、日本のWi-Fiとおんなじで手続きがある場合もありますし、100%拾えるとは思わないほうがいいと思います。

tw

ティーウェイ航空が仁川国際空港から大阪(関空)までの1日1往復を2015年3月29日から飛ばすようです。
同社は積極的に日本国内に就航しており、九州ではTVCMも見ることができるくらいです。福岡、佐賀、新千歳、大分、那覇などへエリアを伸ばしていますが、新規就航を受けて1月22日14時から2月5日18時までの間、就航記念運賃として関空−仁川、関空−大邱が片道500円から(空港税、燃油、発券手数料別)をオンラインのみで販売しているようです。詳しくは、同HPのバナーから。

それにしても大阪(関空)⇔(韓国では3番目の都市である)大邱便って面白いですね。
(大体の航空会社は仁川・金浦、釜山、チェジュ程度であまり地方空港行きの便は見ないので…)


●ティーウェイ航空
http://www.twayairlines.jp/

jeju

創立10周年のチェジュ航空、会員対象に1月20日(火)17時から10日間限定で最大95%OFFの記念セールを行うこととしたが、サーバとネットワークを3倍に増強したもののトラフィックが予想を越えて発生しており、サーバが(メンテナンス画面に)落ちている。写真は韓国語で表示されているエラー画面をgoogle翻訳で自動翻訳したもの(蒸しプロモーションとか変な文字になっている)。基本的にチェジュ航空はネット予約にシステムを特化させているため、カウンターなどでは予約できないはず。この間は、オンラインでチケットを扱う代理店などを通して予約するしかないかもしれない。記念セール以外の通常便は、通常はフリーバード、イーナトラベル、HISやExpediaでも一部取扱がある。
jeju2

本来はこうなる予定だったが…

jeju3

こうなってしまった。深夜帯にはアクセスが減るので復旧するかもしれないが、チケット関係で緊急な用事がある場合はこちらの記事(Yahoo知恵袋のベストアンサー)にある連絡先におかけるといいだろう。または、各空港にカウンターがあるので、そちらへ連絡するといいかもしれない(成田などはHPにも書かれている)。
当サイトへのアクセスも殺到しており、通常の3倍と奇しくも、チェジュ航空側のサーバ増量と一致している状況です。今回は済州航空の不手際としかいいようがないが、人気があることはご理解いただけたかと…。急がない人は明日以降で。

※22-23日くらいでほぼほぼ復活しています。サーバ動かしたのか、一旦韓国語表示から変わるような感じですが。あと、一部ニュースがバナーからしかいけないなどの不具合が残っていました。じき直ると思います。(23日追記)

海外格安航空券ena(イーナ)

korea010

韓国観光公社が統計を発表した。2014年1月から9月までの期間、訪韓した外国人観光客数は延べ1068万67人。前年同期比15.4%増。日本からは15.7%減。それでも日本から174万79人は韓国を訪れているわけで、8割強の人は特に自粛しているわけでもないのですから、マスコミの一部は明洞は中国人が多くなって日本人が減ったと報道しますが、政治状況の割には減ってないなあと。基本的にはそこまで気にするほどの減ではないのではないでしょうか。いまは「にわか」の人がいかなくなった代わりに、リピーターがしっかりと行っているという感じですね。

日本からの観光客が減ったのは円安と、ここ数年の二国間の政治状況の悪化が影響しているとされますが、韓国自体の外国人観光客は日本から以外はいずれも増加傾向。なかでも、中国からの伸びがすさまじく468万3415人で前年同期比36.5%増。ロシアからは26.4%増。タイからは23.7%増。

今年は明らかに原価割れのツアーやエアチケットが出回っており非常に安いんですが、この統計をみる限り、今後もチケットは相変わらず安いまんま推移するでしょうね。早期に路線は廃止しないでしょうし、飛行機の会社は空気運ぶわけにいかないですから。この状況のおかげで東京から大阪を往復するよりも安く(4000円から)韓国を旅できるのですから、非常にマニアにはラッキーな状況ではあります。

ちなみに、韓国は観光公社のバックアップがいろいろとあるのですが、その観光への資金源の一つとなっているのがカジノでもあります。そのため、お得に旅するのであれば、たとえば観光公社が協賛しているようなツアーに参加するとかも一案でしょう。また、LCC=格安航空会社(チェジュ航空、イースター航空、エアプサン、バニラエア、ティーウェイ航空、ピーチ、ジン・エアーなど)を利用すれば、さらに旅費自体は抑えられます。そもそも飛行機に乗っている時間自体が短いので、時間がつぶせるようなもの(書籍、電子書籍、スマホの動画など)を持っていけば、別に飛行機の映画等を観る必要もないのです。

asiana

http://jp.flyasiana.com/C/ja/boardContents.do?menuId=004002001000000&menuType=BOARD&boardCode=BOARD_EVENT&eventCateCode=&eventSeq=2282&boardCmd=VIEW
アシアナ航空が10月末までだが来年1月10日に迎える日本就航25周年を記念したキャンペーンを行っている。1等と2等は航空券。もちろんアシアナで「どこでも行ける」ものなので韓国往復ではもったいないのだが、途中寄港地として韓国で乗換えというのはいいのではないのかしら。メールでの申し込みと指定ページのFacebookイイねが必要。

sumi

韓国の場合、行きも帰りも韓国国内で両替したほうがいいとうのは定番です。しかも一部銀行はクーポンで手数料割引がある。でも、日本国内の空港その他でもまれに為替レート割引を行っている銀行があります。

三井住友銀行の外貨両替コーナー限定(※店舗リストは後述)ですが、2014年7月18日から2014年9月30日まで100韓国ウォンあたり20銭のレート割引キャンペーンを行っています(20銭割引は1中国元、1シンガポールドルも)。外貨両替コーナーのみで三井住友銀行本支店窓口や外貨宅配では取り扱っていません。手数料は別に100韓国ウォンあたり1円50銭(いずれも割引がない場合)がかかります。いずれにせよ「国内のなかでは優遇」的な感じですが、空港内に他の銀行が出店していても三井住友の両替に行くと少しは得かも?

ちなみに米ドルとユーロは1ドル、1ユーロ単位あたり40銭割引と割引幅が大きくなっていたりするので、他の国に旅行に行く場合もいいかもです。

なおキャンペーンは紙幣のみの取扱いで、キャンペーン期間は延長・短縮、変更、取り扱い中止の可能性があり、円現金からの両替のみです。

http://www.smbc.co.jp/kojin/campaign/corner_summer/

取り扱いは以下の店舗のみ(羽田空港外貨両替コーナー・関西空港(第二ターミナルビル内)第三外貨両替コーナーは24時間営業、その他店舗は営業時間はHPなどで確認を)

関東
浅草外貨両替コーナー/秋葉原外貨両替コーナー/東京駅サピアタワー外貨両替コーナー/有楽町マリオン外貨両替コーナー/銀座外貨両替コーナー/六本木外貨両替コーナー/渋谷外貨両替コーナー/二子玉川外貨両替コーナー/新宿外貨両替コーナー/新宿西口外貨両替コーナー/池袋外貨両替コーナー/町田外貨両替コーナー/横浜外貨両替コーナー

中部
名古屋ミッドランドスクエア外貨両替コーナー

関西
四条外貨両替コーナー/梅田外貨両替コーナー /難波外貨両替コーナー/三宮外貨両替コーナー

空港
成田空港外貨両替コーナー/成田空港第二外貨両替コーナー/羽田空港外貨両替コーナー/関西国際空港 外貨両替コーナー/関西国際空港 第二外貨両替コーナー/関西国際空港 第三外貨両替コーナー/

※便宜上当ブログでは記事カテゴリを「韓国で両替」に入れていますが、当然ですが三井住友銀行ですから日本国内でのお取り扱いです。

fd10839-2

写真:Flag Images Collection

7月1日より、ANAのマイル交換先がANA系LCCのバニラエアでも利用できるようになりました。うち成田-ソウル便は往復で常時15000マイルでの固定交換(2015年3月28日搭乗分までの数字)となるので、シーズン価格がないのはいいですよね。燃油サーチャージが別途乗らないのも魅力! ANAの場合も通常15000マイルなのですが、燃油サーチャージが必要(5000円以上)となるため、バニラにすると少し安くなるのですな。もっと価格帯を下げてほしいような気もしますが、まあANAが埋まってる時の選択肢として考えられるかもしれません(もっとも、スターアライアンスとしてはアシアナにも交換できるのですが)

なぜANAがバニラを交換先にしたかというと、バニラエアが機長不足がきっかけとなった人員不足で6月に大量欠航をしたこと、また以前より搭乗率が振るわないことが理由でのテコ入れらしいので、ANAとしては100%出資しているバニラの搭乗率を上げ、ANAユーザーに認知もさせたいということなんでしょう。

まああちらがわの理由はともかく、安全飛行してくれれば、選択肢が増えるのはいいこと。ということで、マイルがそこそこ貯まってるor貯まりそうな方は、ぜひバニラエアにも! ただLCCということは若干の制限やサービスの違いはあると思いますので、事前に調べてくださいね!

pusanbus

釜山発、行き先は大邱(7月から8月頭)や慶州(8月)、安東(9月)の無料バスツアーが!

予め指定日で申し込みをして当選すること(1回40名限定、超えた場合は抽選。当選通知はメールアドレスに通知。乗車指定日の3日前まで申し込み可能※この場合返信は乗車日前日までの返信になる)が必要ですが、なかなか行けない地方に釜山から足を伸ばせる、しかも無料ご招待というのはいいですね。

釜山までは無料じゃないのでオプショナルツアー相当なのですが、釜山は福岡からもJR九州高速船のビートルでも行けますし、多数LCC含めて便が出ているので安く行けますよー。宿は楽天トラベルやExpediaなどの外資系のところで取ればいいですし。

パスポート(原本)要。申し込み完了メールをプリントアウトまたはスマホでの提示要。途中下車不可。

東宝旅行社の予約サイトはこちら
http://dongbotravel.com/busan/
イベントについての詳細はこちら。
http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/HD/event/2014/06/120201/event_daegu.html

こちらは、なんでタダになるかというと、韓国観光公社と自治体、また地元の観光公社等による補助でのサービスです。7月の大邱(テグ)市は「世界陸上」でもおなじみの都市で、中間ターミナル都市でありながら日本人があまり来ない街。8月の慶州(キョンジュ)は世界遺産や歴史物件をたくさん見れる街。9月の安東はリュ・シウォンの実家のある歴史ある村、安東河回村(アンドンハフェマウル)や、国際仮面フェスティバルも有名。結構な節約になっていいかも!

panyan

写真はパンヤンツリー(7月はさすがに予約はなかなか取れないと思いますが)

7月の連休用にアジア界隈のツアーなどを全て検索してみました。
ビーチリゾートはどこも2倍くらい!サイパン・グアム(平常3.5−5万より/ツアー・航空券とも)も10万〜11.7万! ビーチじゃないけど、アジアであとまあ特定の空港会社使えば安いのは、便が多い中国以外だとエアアジアでキャンペーンをやっている関係で安い便もある、エアアジアの乗換地であるクアラルンプール(マレーシア)くらいでしょうか。ただ、かなり遠いですから、LCCだとちょっとつらいですよね。

しかしです、台湾と韓国はあまり高くありません。1−2万円高になってるくらいで、一番安いので(ツアーまたは飛行機が)3−4万円台よりと値ごろ感。これはビーチリゾートでないことも勿論ですが、まあLCC進出などで普段のチケット相場が崩れていること、平常から飛んでいる本数が多いこと、宿泊規模にも余裕があるからですね。(ちなみに香港もツアーで5万円台から見られます)

たとえばですが、チェジュ島なんかはリゾートなのでこれからがかなりいい季節です。調べてみたらば、Expedia辺りだと日航などでカンタンに飛べます。チェジュはみかんの産地でも有名ですが、(クルマがないとやや移動に難はあるのですが)とても過ごしやすいと思います。ホテルと航空券別に取ってもいいですね。

また韓国の半島側にも代表的なのは釜山に行くとの海雲台とか、あと他にもいろんなビーチありますよね。ホテルプールがしっかりしているところもあります。僕はプールのしっかりしているところとしてはソウルの新羅ホテルに泊まったことがありますが、夜もプールやっていて楽しいですよ。
ソウルだったら高級宿だとあのリゾート地でよくあるパンヤンツリーもありますし、Wホテルみたいなデザインホテルもある。パークハイアットとかも、かなりゆっくりするのによさげですよね。下界に降りて肉食って、また高級ホテルへ、みたいなのは結構いいですよ。

渡航費が安いので、その分ホテルを高くしてみると、「韓国も悪くないな」と思うはずです。

ちなみに僕が新羅ホテルに泊まった時は、水着を忘れてしまったのです。韓国のどこで水着を売っているのかというのをあまり知らないので結構苦労しました。レンタルもなくはないんですが、東大門まで出向き、Dootaの地下まで買いに行きました…。

●海水浴場に近いホテル特集(Konest)
http://www.konest.com/contents/hotel_hot_report_detail.html?id=5996
●ソウルのラグジュアリーホテル特集(ソウルナビ)
http://www.seoulnavi.com/special/5035757

25930258_s

写真(C)androver / 123RF ストックフォト

やっと戻ってきてはいますが、自粛ムード続く韓国


政治的な問題も長引いていますが、残念なことにフェリーでの海難事故が起こってしまい、韓国ではその事件の陰惨さもあり、しばらく歌舞音曲さえもが控えられていました。現在は徐々にバラエティから順に解禁されてはいますが、この時期観光熱も全体に一気に醒めていたのがソウル市内も含めての状況ではないでしょうか。

韓国以外ではタイもエアチケットが今安いです


他の国の話ですが、タイも政治的な混迷になっていたためか、現在はここ数年でも最安レベルのかなり安価な航空券も出回っているようです。やはり韓国も同じような状況で、政治+さらに事故による国内旅行産業の混迷・自粛傾向によって昨年以降冬に相場の下がる航空券が、春になってもまだキャンペーン等と称して往復数千円レベルのままで出回っています。特にLCC(ピーチや済州航空等)ではほぼ常設で出ているような状態です。大手旅行代理店の目玉ツアー等でも1万行かないものが出ていたりしますが(これらは韓国観光公社等のタイアップによる廉価化もあるようです)…。

個人経営が多い韓国は観光依存しないと厳しい


はしゃがないで哀悼の意も込めて出かけていくぶんには、観光産業の人たちは「こんな時期によく来てくれました」ととても感謝をしてくれると思います。なぜなら、財閥系以外の会社はほとんどが零細・個人企業であり、それの多くが観光産業に依存しているので、あちらの人は正直人がこないと庶民レベルでは生活が成り立たなくなるのです。強がってはいますが、経済的にはだんだんと厳しくなっているかと。

中国人は、韓国のカジノに入れあげています!


ちなみに、よく日本のメディアで報道されるのが「観光客は日本人が減って中国人が増えた」みたいなことですが、確かに増えてはいますが、日本人が皆無になったわけではありません。日本人のリピート率は他国を上回り64.3%です。そもそも、韓国までわざわざ行く人達は多くがリピーターおよび本当に好きな人のため、マスコミの煽りほど減ってはいないのです。ただやはりカジノ等は中国人の方が本当に増えているようで、マカオでいままでやっていたあの手の鉄火場大好きな人たちが韓国までもやっていきている模様です。そのためカジノに限ってはバブルになっているという報道も出ておりました。中国の人はお金を落とさない…と外食産業の方々は嘆いていましたが、どっこいギャンブルは大好きなのですね。まあそんな話はさておき。

いつもの予算よりもまったく安くすみます


友達等をつれていくなど、周りの人を巻き込むと「なんでこの時期に」みたいなことを言われるかもしれませんが、一人旅もそれはそれでありかと(安全には気をつけて、夜間は単独外出しないで頂きたいですが)。いま、とにかく飛行機は安いので、本当に好きな人なら通常の1/4くらいの予算で旅行できるチャンスです、週末等の逃避行にでも出かけてみてはいいのではないでしょうか。

ついにDeNAトラベルは当日チケットも取れるように!


ちなみに、当日出発したいという場合は激安チケットにはならないかと思いますが、旧スカイゲートの「DeNAトラベル」が当日チケットまで取れるようになりましたので、マジで急に行きたくなっても、それで飛行機とってそのままそこか楽天トラベルでオンラインで当日の宿を予約すれば、当日数時間前でも韓国行けるようになりました。。

koreaiine

みんなの声を反映した特別ツアー


韓国観光公社が日本国内の大手旅行会社H.I.S.と組んでキャンペーンを行っています。バニラエア利用の12,800円からのツアーなど、かなり売りがあります。韓国観光公社が協賛しているということは基本的になんらかの補助があって安くなっているということもありえますので(オプショナルのお食事券、FACEBOOK連動割引券なども含む)、決して損ではないはずです。また、以前企画で募集したおすすめホテルや航空会社のアンケートなどから開発したスペシャル商品も!ちょっと特設サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

最近韓国観光公社が頑張っている


政情の問題もあり、観光客を取り戻そうと、最近はさまざまな分野で協賛が見られますね。関東U局などでよく協賛番組を見ますが、観光公社のサイトも見るとたまにキャンペーン(サイトの右列のバナーにあります)でものすごくお得な試みをしていることもありますので、H.I.Sもいいですが韓国観光公社のサイト、その中でもキャンペーン類には目を通されることをおすすめします。まあそんな余談はともかくとしてもH.I.Sも観光公社も本気で集客しているのでその分安いですよー。

H.I.S. KOREA(こりゃ〜)いいね!キャンペーン
http://www.his-j.com/tyo/cpn/like_korea/

jejuair

3月10日までに、3-4月のエアチケットを予約せよ!


2014年の3月6日から10日までの期間限定で開催されているのがチェジュ航空の日韓路線就航記念キャンペーン。取れるチケットは3月10日から4月30日出発の間のもの。ネット限定。「日韓路線就航記念」といっても今始まったわけではなくて、各路線が(福岡⇔仁川・名古屋⇔仁川)2・(名古屋⇔金浦)4・(関空⇔仁川)5周年を迎えるということなのだが、往復でこの金額じゃ、国内移動するより圧倒的に安い。チェジュ航空は機内食がおにぎりなだけで基本的には飲み物も出るし、安全性でも比較的信頼が高いし、僕もよく利用する、一度利用するとオトクすぎてファンになってしまう航空会社です。今回は成田線が入っていないのは残念ですが、このチケットなら都内から名古屋まで行って乗ってもお得かもしれませんね。チェジュ航空はネットでしかチケット取れないので注意してくださいね。あとLCCは窓口が少ないので、できるだけ早めに空港に向かうようにね。

●キャンペーン告知URL
チェジュ航空日韓路線就航記念キャンペーン!
※韓国系の航空会社のサイトはできるだけインターネットエクスプローラーを利用してください。Chrome、Firefoxなどでは表示されない画面があったり、エラーが出ることがあります。

海外格安航空券ena(イーナ)

traveljp

トラベル・ジェーピーあたりでツアーの「旅の最安値」というページを見ていたらこの時期に(福岡からですが)7900円からで燃油込み!というのがあったのでよく見たらフェリー「ニューかめりあ」利用でした。博多からはその日のうちに着き、帰国時は日をまたぐ3日のツアーのため、宿が多分2泊はついてるんじゃないかなあ。飛行機でも9800円くらいからあります。福岡付近はティーウェイなど、各韓国系の航空会社も多数乗入れていることもあって、また高速船もあるため競争が激しいようで、ツアー系だと結構廉価になるんですね。※ツアーだからこの特価なので、通常の直接切符で乗ってもこの価格にはなりません。

トラベルジェーピーも結構韓国系のツアーには強めなサイトなので、たまにチェックしてみるといいと思います。関東からでもバニラエアで13,900円代からありますし。しかも宿つき!仁寺洞クラウンとかですけど。

なお情報は投稿初出日の情報で、時期などによって実際は異なります。

●トラベル・ジェーピー
http://www.travel.co.jp/
●トラベル・ジェーピー 旅の最安値ページ
http://xn--u9j976g9zhnjkbqb.travel.jp/

seoul

韓国の人口は5000万人、うち半分はソウル都市圏に…


 韓国の人口は約5000万人と日本の半分弱ですが、うち約1000万人はソウルに住んでいます。最近は郊外化が進んでいるため、少し減っていますが…。これだけだと人口の1/5じゃないか、と思うでしょうが、周辺部まで含めた広域でのソウル都市圏で見た場合、韓国の人口の半数をその土地がしめており、いかに一極集中しているかということがわかるかと。
 つまり、韓国を体感するには、「ソウル」と「それ以外」に二分されるということです。

最初に体験するならオススメはソウル。カルチャーショック満載の都市


 初めて行く人にオススメしたいのはソウルです。都市がキライな人は、地方でいいんですが、やはり文化の違いを感じるのにはソウルがいいです。

 まず、仁川空港に降りる時の、干潟みたいになっているエリアの土の色でもうカルチャーショックです。下りて空港鉄道かバスかタクシーにのってソウルへ移動する時の、団地、いわゆる韓国でいうアパート(=日本で言うマンション)が高層すぎることにまたカルチャーショックです。人が多いから高層化していくのは仕方ないことなんでしょうけど、日本では見られないくらい高い団地が建っています。まちなかに入ると何かしらイベントが毎日行なわれていることと、夜の東大門のデパート・ショッピングセンターが大音量で皆イベントをやっていることにも驚くし、食事や買い物が24時間なにかしらできるということもかなり不思議です。電気街・電器店に行けば、キムチ冷蔵庫という日本にはありえないナゾの白物家電が。都市と山が非常に近いことや都市設計に風水思想が入っている点も学びがあります。街中のビルというビルに大画面のビジョンが溢れていることもスゴイです。また大学系のエリアをメインとしたアートや若者によるその他の文化活動(音楽やクラブ、演劇など)も盛んなこと、おばちゃんがかなり労働というかこの国の個人営業の基本を担っていることなど、いろいろな意味で、日本と違う、でもちょっと近いということは刺激になるはずです。でもこんなものではないのですよ。

釜山はより日本にも近い街


 一方、釜山は僕は最初にいったときはやはり港町であるということから、コンテナが並び、ちょっと田舎な印象がありました。実際上陸したあと地下鉄やタクシーに乗ってみると、エリアは広く、海岸エリア(海雲台=ヘウンデ)辺りやセンタムシティ辺りまで行くと印象かなり変わりますが…。釜山も慣れると、かなり福岡と近いことから、いろんな文化が相互に入り組んでるなあ…ということも理解できます。都心部の地下鉄の表示や音声は日本語もあるし。地方空港から直接釜山便があるとか、福岡に近い人や、あんまり都会すぎるのもいやだなあという人や、海産物が好きな人は釜山もありかなと。

済州島は景色もよく、自然が好きな人やや慣れた人には楽しい場所


 チェジュはまだ僕は未踏の地なのですが、真冬以外なら観光地としてはなかなか優れた場所だということはわかります。(車がないとつらそうですが…)食もいい(黒豚が有名だが、みかんなど農産物が豊富)し、アウトドアもオルレや気球など様々に揃っている。

 他の町も、たとえば慶州や全州は日本人も行ったりしますが、日本との間で飛行機がでているのは前述の3つの町。こちらを経由して入国する機会が圧倒的に日本では多いはずです。

 いろんな町にいろんな特徴があります。市町村単位で認識できるようになったらあなたはもう韓国通もいいところなのですが、そこまではわかんなくていいので、まずは都市部を旅して見てください。いろんな学びがありますよ。まずはソウル。ソウルのいろんなところを見てみることをオススメします!

写真:123RF

韓国の最大勢力はキリスト教


 今回はあんまり明るくない話をしますが、大して問題ではないので、あまり気にはしないで下さい。韓国は儒教の国だと常々言われていますが、基本的にはキリスト教徒が最大派閥の国です(約30%)。日本国内だとカトリック・プロテスタントがあってあとはわりと新興宗教に分類されるようなものが多いですが、韓国系でも旧来からのキリスト教側からすると認められないようなわりとオリジナルなキリスト教もあり、日本進出も果たしているものもあります。また逆に日本からも、新興宗教で宗教進出している例もありますね。某学会系とか。

 さてなんでこのサイトに似合わないそんな話をするかというと、韓国の旅行代理店でも宗教系のものが見られるからです。ソウルに居を構える「S(Y?)旅行社(仮名)」がそれです。日本語対応で、現地発券日本行きエアチケットで評判のよい代理店なのですが、いわゆる「T教会(仮名)」系だったりします(日本国内にも関連ツアー会社もあります)。知らなかったのか初期の某テレビ番組でもあそこのチケット協力を貰ってますよね(後には無くなりましたが)。ちなみに釜山で起きた以前の射撃場の火災のときもそれ系代理店の手配だったそうですが(リンク)、あの事件、関連ツアー会社の後処理には非常に問題ありましたが、通常のエアチケットオフィスまで断罪するのはまた行き過ぎかなと思います。

旅行代理店のバックボーンや評価も調べて、自分で判断することが大事


 ちゃんと営業をしていていて特に問題がなければ、使う使わないはその人それぞれが評価を見て決めればいい話ですから。以前、かなり教養のある某旅行社の韓国人ガイドさん(日本滞在経験もあり)とその宗教の話をしたのですが、日本側から見れば、かなり一時期勢力を持っていて特異に見えたものの、韓国国内ではあの宗教自体はそんなに大勢は占めていないというかあちらでもカルトの扱いだそうです(その人の評価であり、僕の見解ではありません)。また、宗教が正業をやるのは当然のことですし、労働コストが安く済む場合が多いこともあり、大概ユーザーサイドにとっては「気にしなければ得」ということも多いです。

 まあ格安旅行は普通にネットでチケットを取ってしまう方が多いとは思いますけど、単純に価格だけではなくてその旅行代理店の評価は予めある程度理解しておいたほうがいいでしょうね。そちら方面の問題は別として、単純に、零細で経営がはか行かなくなった旅行代理店の破綻もたまーにありますから…。

これから韓国行くと、同国が抱える様々な問題が理解できていいかもしれません

 
 僕は日本で韓流ブームが湧き上がり続けた際も問題としては2つあると思っていて、1つは質の悪い飲食店や、有象無象の宗教もそのまま日本進出してくる(交流サークルや語学教育を装って騙し勧誘してくる)という点、もう1つは当然ですが韓国ブームに便乗して(朝鮮戦争で分断されたことから、日本では北朝鮮国籍の方も多いため)なぜか「北の国」も儲かってしまうという問題がありました(別に個人が儲けたり、北の人が一緒に参加することはまったく構わないと思いますが、「ビジネス(生活)のためつい南側を偽装してしまう」、ということは問題と思います)。そういう意味合いでこの2つの問題を抱えたままの韓流ブームでしたが、僕は相当な韓国好きですけど、日本における韓流ブームが沈静化したことはそれはそれでよかったと思っています。

 韓国も何度か行くと、気が付くと北の国境、板門店(パンムンジョム)を見学に行くツアーに行ったりしますけど(僕も2度行きました)、かなりいろんな問題を考えさせられてそれはそれで深いものがあります。いろんな韓国の抱える「問題」を生で感じ取るのも韓国旅行の醍醐味ではありますね。

ぜひ2度3度と行った際には、(国情が安定していれば)行われる板門店ツアーに行ってみてください(現地で、命の保証はしない書類にサイン(ただし鉛筆)させられるのは緊張すると思いますが…)。大げさでない国境がそこにあります。

charter

▲写真はJTBの特設ページの例

安く韓国に行くならチャーター便を見逃すな!


チャーター便とは「貸し切り」便の意味。といっても、自分でチャーターするわけではない。
連休時期になると、ヘタするとツアーが倍料金くらいになりますが、チャーターだとそんなには上がらないのです。それは需要があるため旅行代理店何社かが乗っかって臨時増便をするわけですからまあ殆ど搭乗されるということで、かえって普通よりも安くなるのですね。枠を埋める関係もあって、またチケットも団体旅行以外で普通には売らないこともあって。
そして、かなり安いにも関わらずフルサービス。いいですよね。なかにはLCCのチャーター便なんていうのもあります。

「大韓航空チャーター便で行く…」みたいなツアーを探してしまえばいいのですが、いちいちフリーワードで検索するわけにも行きませんよね。

連休前の金曜などの日付で検索すると結構見つかります


そういう時は連休等の日付のツアーを見ればいいのです。チャーター便が出る日は、そういった需要の高い日の前です。そんな日の前の日出発のものは、場合によっては特設ページまで作って案内されている場合もあります。

チャーター便専用サイトがある所もあります(近畿日本ツーリスト等)。エイビーロードも「韓国 チャーター便」などの検索ワードページは予め用意されています。

チャーター便で韓国旅行に安く行く、そんなパターンも考えてみてはいかがでしょうか。(僕はてるみくらぶで以前弾丸の韓国ツアーに行ったことがありますが、それもチャーター便でした)。当然てるみだけで1台埋まるわけではないので、何社かのツアーがあわさった形でのチャーター便です。

チェックしてみると案外拾い物があるかもしれませんよ。ちなみに大手代理店ではなく、零細系(エアチケットにツアーがくっついてる程度のサイト)のほうが比較的安いのは出ています。

104korea

こんな韓流芸能ヲタ向けの旅行代理店サイトがあるとは…。ソウルなどで行なわれる舞台挨拶や音楽番組の放送観覧予約の他音源のダウンロード証明書、ファンクラブ等の入会代行などの他にローカルツアーや送迎シャトル、オプショナル等にも対応している。もちろん、音楽番組の観覧やファンミ入場券を代行で有償で頼むこと自体はかなりグレーだが、これは便利だと思ってしまう面もあるだろうね…。しかしどこまでも男ばっかりで、女性系アイドル等はあまり扱ってないのかな。運営は株式会社ワールドライン航空旅行社。日本にも東京・大阪・名古屋に事務所あり。ホテルまでは扱っているが、航空券まではやっていない感じ。

○104Korea(イチオシコリア)
http://104korea.jp/

annyonseoul


旅工房が運営する「アンニョンソウル」。旅工房は旅行代理店ではそれなりの成長を見せている所で、某H社よりも安い旅行を結構企画しています。僕も同社に団体旅行を一度お願いしたことがありますが、担当者ベースでのカスタムオーダーメイドに強い印象があります。韓国担当者は何人か旅工房本社側のサイトにも掲載されていますが

「朝から夜中まで様々な楽しみ方があるパワフルな街。お世話好きで優しく温かい人々。どこか懐かしいような韓国のあの雰囲気がたまらなく大好きです。何度行っても新しい発見、体験、出会いがあり、ドキドキワクワクが尽きません。」

「実際に旅行・研修・お手配をさせていただく上でどんどん韓国の魅力にハマり、今では『韓国』って言葉を聞くと敏感に耳を傾けてしまうほど、大好きな国です。 仕事でもプライベートでも常に韓国について携われる喜びに日々浸っております。そのきっかけになったのが、旅行を通して感じた旅行を通して感じた「人との出会い」「食の文化」「韓国の雰囲気」です。中でも、「人との出会い」は衝撃的でした。韓国の人はとても気さくで親切で、言葉は通じなくてもすごく温かみがあります。」

「韓国は距離、値段ともに、もはや国内旅行感覚で行ける国です。そんな中お客様のニーズは多様になるのは当たり前。さらにリピーターの方が多いので、韓国通の方も多く、教えられることも多い毎日です。」(旅工房トラベルコンシェルジュのページより)


と非常に韓国好きで、担当者を前面に出している感じがいいですね。旅工房設立5−10年目の頃だったでしょうか、実際にオフィスに行くとちょっと担当者働き詰めなギスギスした感じも受けたのですが、旅の手配自体はちゃんとしていましたしわりと好印象でした。その後も着々と成長していったようです。現在20周年を迎え、オフィスも池袋の高層ビル・サンシャイン60内になっているのも安心できるかと。

アンニョンソウル自体は白を基調にし、余白を活かしたたデザインはいいのですがそのせいか情報が詰まってないように見えるのは難点ですね。Q&Aがあるので、質問などには適しているかもしれませんが、いかんせん他のサイトに比べて充実度はちょっと落ちるかなという気はします。そのかわり旅行代理店なのでツアー情報はたとえば(こちらで検索した際は)5194件表示されるなど、めいっぱい充実していますが…。

オンラインの他、カウンター窓口での相談も行っているのが、「窓口はかなり待たせてしまうケースがあるので事前に来店予約をしてほしい」とのこと。

旅工房の韓国旅行情報サイト:アンニョンソウル【閉鎖確認】
旅工房(←創立20周年フェアとか、出発直前バーゲンとかいろいろあります)
旅工房韓国ページ

【このサイトは閉鎖されています 2015.05.14追記】
k-guide

いまや海外旅行大手のH.I.Sがやってる韓国旅行ガイド


H.I.SがやってるK-Guideという韓国旅行お役立ちガイドがあります。H.I.Sなので日本資本で韓国ネタという、成り立ち的には面白い海外旅行サイトとなりますね。

主にHISが公募した特派レポーターによる記事がメインです。
公募しただけあってやや初心者が多いのか少し突っ込みたい特派員もいますが(たとえば馬場洞の焼き肉のメニューを誰か翻訳してくれ!とか書いてあるけど実際はソウルナビ・コネスト等に和訳メニューは掲載されているなど)。素人だけあって文の面白さにはかなりの差があって、ちょっと読んで辛い記事もありますが…。初心者の旅行に軽くは参考になるので、読んでみるのもいいと思いますよ。

原稿書ける腕があれば、タダで韓国に行けちゃう!!


ちなみに「参加」はどこでできるのか(サイト上に分かりやすい所に表記がない)と思っていましたが、サイトTOPページ上のローテーションバナーで出てきますので、リピーターで面白い記事がかけるという人は応募してみてはいかがでしょうか。タダで韓国旅行に行けますよ!レポートの〆切が旅行後1週間以内というのがきつい所ですが…。
【このサイトは閉鎖されています 2015.05.14追記】
http://www.korea-guide.jp/

anajcbgold

クレジットカードを使うだけで、ほとんどロハで行ける韓国旅行


 マイル交換でいく韓国旅行はかなりオススメです。日本国内ではJAL、ANAのマイルを貯めている方が多いと思いますが、どちらも韓国便はかなりの本数がありますので交換は容易です。そして、12,000(ローシーズンやキャンペーン時)〜15,000マイル程度あれば十分に交換できます。
通常の国内線で1万マイルくらいだと思いますので、それにちょっとだけ貯めれば海外旅行にほぼタダで行けるのです(※マイルの場合でも諸税手数料は別途かかります)。

 私の場合ですが、JCB ANA GOLDカード(クレジットカード)をあえて利用しています。会費は高いですが、年間更新時の継続マイル2000マイル、搭乗マイルの割増(区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25% 2014年4月1日以降搭乗分)や、通常よりもポイント→マイルへの変換レートが高い(Oki Dokiポイント1ポイント=10マイル 自動移行設定要、ポイント移行手数料無料)こともあり、1年普通に使っているだけでも身内3人くらいを国内旅行に行かせたり、自分が韓国旅行に行くくらいのマイルが貯まるからです。また、スターアライアンスなのでANAのみならずアシアナの航空券に換えることができるので、ANAのしょぼい弁当みたいな機内食ではなく、ちゃんとした料理を食べられたりするのもいいのです。(いまはあまりカードとしてはベストではなくなりましたが…)

 マイルはいざ使おうと思うと結構×印の日が多かったりして萎えることもあると思うのですが、たとえば週末挟んで3日程度であれば1日仕事休めば行けなくもないですから、まあ日程もマイル側の都合にもあわせやすいかと。

cobby

 この高速船ですが、博多の駅で降りてタクシー・バスで20分くらいのところにある博多港国際ターミナルという場所から乗れます。日本のJR九州高速船が運航する「ビートル」と韓国の未来高速が運航する「コビー」があります(相互運行しています)。こちら一日にかなりの本数が往復しています。ちなみに中では(船によりますが)映画上映なんかも行われていて、1本見る間に着いてしまいます!(約3時間)

 なので、博多まで行ったらそのまま足を伸ばして釜山へ…ということもできるのです。地元の人なんかは、この他に飛行機もあるのでかなり韓国との行き来があります。どうしてもアジアと距離のある関東の感覚と違って福岡だと(船・飛行機を挟んで)実質的にとなり町なので、週末には相互に観光客が来る(行く)ため、偏見もないですよ。

 あったかくなってきたら、または余ったマイルで博多まで行って、そこから釜山旅行、あるいは釜山からKTXに乗ってソウルまで行く…なんてこともそんなに難しくはありません。こちらのチケットを予約するとともに、日本で楽天トラベルなどで、ホテルを押さえてしまえば突発旅行も怖くないですね。

 飛行機嫌いの人も簡単に外国に行けるので、是非そういう方の初体験にはオススメできます。

 ちなみに特定船・座席だけの直前割引「超ビートルスペシャル」、ビートル+ホテルの「ビートルパック」といった割引が多数あります。通常のフェリーカメリアラインとの「Bかめチケット」や、「4MYクーポン」(4回分+特典チケット)、韓国国内の鉄道・バスを組み合わせてお得な「レール&ビートルパス」、23歳以下1名以上の「アンダー23」、65歳以上1名以上の「グランド65」、平日女性2名以上の「平日レディース往復割引」などなど。

 JR九州高速船のBEETLEのサイトは観光開発にも力を入れていて、サイトには「釜山ガイドブックBBB」の案内や、無料でネットDLできる「ビートル街歩きマップ」、通訳ガイド手配「フレンドリーガイド」などかなりの情報がここにありますよ。

 博多港の国際フェリーターミナルにはSBJ銀行も入ってるので両替もできます。BEETLEのサイトには両替手数料割引チケットも! どこまで便利なんだろう。

詳細はこちらへ。http://www.jrbeetle.co.jp/

 結構売り切れるので、帰りのチケットは早めにとっておきましょうね!

mbcmini


韓国のTVとラジオはかなりネットに転用されているので、「韓国のテレビ」あたりのワードでgoogle検索するだけでも、いくつかWeb上で日本でも見られる掲載サイトがひっかかります。

かつてはなかなかテレビ放送を見るのは難しかったのですが、海外(日本)でもネットの力で受信しようと思えばできるケースも多いです。ただネットから見られるのは多くは地方局で、ソウルの局は受信NGというケースも多いです。公式にはOKしてないからでしょうね。でもたとえばアメリカや中国のTVを見られるというサイトやアプリに行くと、実際には「多チャンネル」の一貫なのか、あるいは韓僑のことを考えてか、なぜかでソウルの局も見られるというケースがあります。かなり黒に近いグレーですけど。

韓国の地上波主要局は KBS(国営) MBC(文化放送) SBC(ソウル放送)の3局で、ドラマ制作もこの3局が殆どですね。ドラマスタジオのテーマパークを運営したりして、それなりに力もあります。というか圧倒的なコンテンツ力です。HPでは会員登録システムがあったりして、HPでは一部日本向けのコンテンツサービスもあったりしますし、一部の番組は録画で見られたりします。

これら3局が韓国国内では電波を何波か出している他、YTN(ニュース専門)やらEBS(教育放送)やらありますが、実は、あちらで強いのはM-netをはじめとしたケーブルの局たちです。M-netは音楽チャンネルで、日本でもスカパー!プレミアムサービスで日本向け編成を見ることができます(下のリンク)

が、あちらではたまに地上波以上の視聴率を取ることでも有名です。ケーブルは日本以外のアジアでは殆どがそうですが、チャンネル数が半端なく多いのですが、韓国でも普及率が高く多くの家庭で見ることができます。

ラジオは、FM、AMなどありますが、日本で聞くのにおすすめなのが、アプリ経由ですがiPhone・アンドロイドアプリの「MBC Mini」でMBC系のFMラジオ数局を聞くこと。簡単に聞けちゃいますよ(3局あるんですが最近は2局同じ編成になっていることが多いです)。特に登録もないんで直感的に受信できます。なお、常時通信となってしまうため、Wifiでの受信を推奨。

話は戻って韓国のテレビ各局ですが、よくあるK−POP番組の番組観覧要項についてはこちらにまとまっています。意外と外国人・旅行客に門戸開いてるかも。

(音楽番組の観覧方法−KONEST)

最後に注意:スマホで韓国のTVなどが見られる非公式アプリもいくつかありますが、まれにウィルス・アドウェア類がある場合があるので必ずセキュリティソフトを併用されることをおすすめします。

irakan


2012年末不本意な形で途中終了となった「イラっとくる韓国語講座」(テレビ東京)。これが2ヶ月間限定で再開することが決定して、さっそく2月1日から毎週放映開始となる。

●更新されているHPはこちら
http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/21366_201403012450.html

河本準一(次長課長)がドッキリで呼ばれ、そのまま忙しい中、数日間のスケジュールを押さえられ、ガイドさんと一緒に韓国でほったらかしで旅し、旅先で無茶な韓国語の入った「イラっとカード」による実地レッスンを行うという内容だが妙にアバウト韓国ライクなところが和む番組で、是非見てもらいたいものだ。たとえ韓国嫌いであっても、ロードムービー的な映像のくだらなさがすごいです。番組からはいい意味での韓国のいい加減さが伝わってきます。

例えば飲食店で、何のうどんを頼んでも冷麺がついてくるお店がある。冷麺を頼んだらどうなるのか? うどんがついてくる。

こんないい加減な感じのものを見つけるのがとても河本準一は得意なのだ。毎回渡韓するたびに、おもしろい韓国らしい服を見つけては購入している。(ポケットがなかったり、パジャマの下だけ買うなど)。

面白いのは、タクシーの中だけで30分、潜水艦の中で30分、という回もあるところ。単純に遊びまわってるだけだから、見ているほうも遊んでいる気分になれる。

1カメ(実際は2カメあるらしいが、ほとんど利用されない)で、河本・ディレクター・ガイドの3人の声しか聞こえてこなく、実際に画面に登場するのは河本・ガイド・第三者の韓国人だけというのも面白く、ディレクター目線で見ることができます。

学習効果はほとんどないが、韓国文化の雰囲気だけは嫌というほどわかる。

結構浅い時間にグレードアップして再開するのもかなり良し。ぜひ土曜深夜0:50-1:15ふんはイラ韓を見ていただければ、かなり偏見のないナチュラルな不思議さに魅了されることは請け合いです。

南垰粟院担旆⊂υ°桂燹誕荼淌径臘杭 (30).JPG
南垰粟院担旆⊂υ°桂燹誕荼淌径臘杭 (30).JPG / travelmate2021


セットやテーマパーク、ロケ地めぐりでドラマ追体験…!


韓国ではドラマセットがテーマパークとして開園している場合があります。また、それらに行く日帰りバスツアーなども随時開催されています。ちなみに、予めテーマパークは場所を調べておくといいと思います。ものすごい街なかだったら、ツアー頼む必要ないですし自力で行けます、ですが、郊外の場合は多くが駅からも離れている上に、自分に土地勘もないのでオプショナルツアーが楽。ソウルへパックツアーで旅行に行く場合に気になっている場所がある場合は、別途専門のサイトでオプショナルツアー予約などされるといいかと思います(注意点:スケジュールを初日、に予定入れると、(ソウル市内に入るまでに渋滞等で遅延することがあるため)オプショナルに途中で抜けていかなければ間に合わないなど、本来のメインツアーバスでのホテル入りができない場合もあります。また、帰国日に設定した場合でも、バスなので帰りに渋滞遅延があると(帰国など)難しくなるので、できるだけ中間のフリー日程日に入れるように注意してください)。

僕は行ったことがあるのは大長今(チャングム)テーマパーク(2回行きました)ですが、2011年の12月に閉園になりました。ドラマのパークに関しては老朽化などが進むと、安全上の理由で閉鎖されたりします。だから、思い立ったら早めに旅行に行ったほうがいいのです。お早目に。

オプショナルツアーで押さえておくべきポイント


オプショナルツアーのポイントは以下の4つ。

1、精算方法 「現地精算」といっても、発車前に精算される場合と、小規模な場合は車内での精算となる場合もあります。予めカードの可不可なども確かめておきましょう。「事前精算(オンライン)」の場合は、バウチャーをプリントして持参しましょう。

2、日本語ガイドはいるか? 日本人の多いツアーなら日本語ガイドがいますが、欧米観光客と混在のツアーだと英語だったり、中国人観光客メインのツアーで中国語ガイドのみだったりすると、(日本語しかわからない場合)またいろいろ問題ありますよね。要確認です。

3、ピックアップの有無  朝はホテルまで送迎が来てくれるとうれしいですよね。そういうツアーも多いのですが、それがない場合は、ロッテホテル集合のケースが多いです。ロッテホテルの場合は通常の受付とバスツアーの受付は場所が別ですので注意(ホテルマンに聞くと教えてくれます)。帰りもロッテ集合の場合はロッテ解散になることが多いですが、滞在ホテルピックアップのオプショナルツアーの場合は、送ってもらえる場合があります。そのほうが楽ちんですよね。あらかじめチェックしておきましょう。

4、主催者を確認 似たような名前のツアーで主催業者が違うことがあります。同じ場所で同じ出発時間ということも! 入れ違いで全然違うバスに乗ってしまう危険もありますよ〜。予約サイトはあくまで仲介サイトであって、主催している現地旅行業者名(××ツアー主催)などを必ず覚えておいたほうがいいと思います。申し込み時に必ず書いてありますので。僕は個人的にはヨンイルツアーが好きです。

あとレビュー類もあるサイトの場合は、予め読んでおいたほうが参考になりますよ…!(余計なところ((いわゆる土産屋))に立ちよるか否かなどもわかるので)。ただ、レビューでガイドさんの質については、いくら書かれていても、当日同じ人がこなければ参考になりません。ただ、業者ごとの教育の良し悪しはあると思います、日本語が解読できないような(超韓国訛りの)ガイドさんにあたることもまれにあるので…。

▼オプショナルツアー仲介サイトは、ALAN1(ベルトラ)がおすすめです。なぜなら日本の資本なのでトラブルがあった場合に問合せなどしやすいので。
●VELTRA Alan1 ロケ地ツアー(ソウル発)
●VELTRA Alan1 ロケ地ツアー(釜山発)
●VELTRA Alan1 ロケ地ツアー(済州島発)

▼韓国系の2大ポータル、ソウルナビ、コネストも信頼できます。
●コネスト ロケ地ツアー

コネスト取扱いの例:MBCドラマテーマパーク/ジェイドガーデン ドラマロケ地ツアー/映画「ただ君だけ」ロケ地ツアー/「シティーハンター in Seoul」ロケ地ツアー/「オレのことスキでしょ。」ロケ地ツアー/「屋根部屋のプリンス」ロケ地ツアー/龍仁MBCドラミアツアー/「冬のソナタ」ツアー 南怡島・春川ロケ地巡り/「美男(イケメン)ですね」ロケ地ツアー /韓流ドラマソウル市内北部ロケ地巡りツアー/「イタズラなKiss」ロケ地ツアー/「製パン王 キムタック」ロケ地ツアー/「ボスを守れ」+「ミス・リプリー」ロケ地ツアー/「ボスを守れ」ロケ地ツアー/「華麗なる遺産」ロケ地ツアー/ドラマ「善徳女王」ロケ地と慶州ツアー(釜山発着) /「朱蒙(チュモン)」ロケ地と松広寺ツアー(釜山発着)/「私の名前はキム・サムスン」ロケ地ツアー/「ロマンス」と「ファンタジーカップル」ロケ地ツアー(釜山発着)/ 「アイリス」ロケ地ツアー/「冬のソナタ」ツアー 南怡島ロケ地巡り(釜山発着)/「バリでの出来事」ロケ地ツアー /「魔王」ロケ地ツアー/「カインとアベル」+「ごめん、愛してる」ロケ地ツアー/1泊2日ドラマロケ地巡りツアー(釜山発着) などなど(終了している場合もあります)

●ソウルナビ ドラマ・ロケ地ツアー

自分で行く人向け
ロケ地スポット(コネスト)

arex

特急で43分、全駅停車で53分にて仁川空港とソウル駅を結ぶ空港鉄道(AREX)。

アシアナの期間限定割引


・2014年1月中はアシアナ空港HPにて航空券を買うとアシアナの手荷物5Kg追加クーポンと、AREXの片道チケットがもらえる。(※手続き必要、HPの説明参照)
http://jp.flyasiana.com/C/ja/boardContents.do?menuId=004002001000000&menuType=BOARD&boardCode=BOARD_EVENT&eventCateCode=&eventSeq=805&boardCmd=VIEW

大韓、アシアナ、済州(チェジュ)航空で来ると、AREXのチケットが安くなる


・ちなみに、知られていないが、航空券を持っている人への裏ワザ。
韓国観光公社のこちらの記事によれば、
http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/TR/TR_JA_5_5_1.jsp

●大韓航空、アシアナ航空、済州航空の利用客は顧客案内センターで乗車券を買うときに航空券を提示すると直通列車料金が20%OFF。
●直通列車+KTXのチケットを一緒に買うと直通列車料金が30%OFF(購入場所:仁川国際空港1階の鉄道案内カウンターまたは仁川国際空港駅西側の直通列車顧客案内センター)

だそうです。

顧客案内センターに行くのが手間ですが、自動の切符購入のところでは割引が受けられませんので注意してくださいね…。

●JCB特典
2015年9月中までですが。
http://www.konest.com/contents/spot_event_detail.html?id=8316

seoulnavi

本当に便利なのはこのサイト


グルメに関してはソウルナビ、コネストの利用が便利です。

ソウルナビ:http://www.seoulnavi.com/
コネスト:http://www.konest.com/

日本語のメニュー表(※プリントして持参すれば発音して注文できる!)や店の雰囲気はもちろん、地図、口コミもあるからです。(どちらのサイトもほぼ似た仕様です)。口コミは、まあ多少は業者も入り込んでいますが、その程度では流されてしまうくらい投稿数が多いため、通常概ねの評価はわかるので、ひどい店に引っかかる率は低くなります。

スマホ利用でかなり便利に、ただしクーポンがプリントじゃないとダメな店に注意


特にスマートフォンを持参し、Wi-fiルータあるいは海外パケ・ホーダイなどを利用し同サイトを利用すれば、鬼に金棒です。特に、ソウルナビはメニュー上からGPS連携(近くのお店を探す)が可能なので、近くにある美味しそうなお店等をセレクトすることも可能。

ただし、スマートフォンの場合、クーポンがあっても「提示で利用可能」なのか「プリントして持っていかないとダメ」なのかが判別できない場合があり、現地トラブルにならないように注意はしたい。

googleマップへハングル住所コピーペーストの術


また、裏ワザとしては、記事中のハングル住所をコピーしGoogleマップに貼り付けるとそこ(そのお店)までのナビにもなってくれる。最寄り駅から歩く際、これでかなり楽できると思います。

海外Wi-fiルーターがあっても設定ミスをすると、とんでもなくパケットがかかってしまう場合もあるので、必ず設定をちゃんとすること、もしくは携帯キャリアの海外パケホを設定することのどちらかは忘れずに〜。

nytimes記事

▲NYTIMESの記事

緊張→来客減→価格低下


 安倍総理が靖国神社にこの時期に参拝し、中国および韓国とのあいだの政治的な緊張が再び高まっています。
 しかし、直接的な政治的国交はうまくいかない状態がつづくでしょうが、経済的には、(韓国の)観光産業、旅行代理店、輸出業、飲食店などの多くは日本との間が緊張してほしくないと考えています。
 日本国内の観光産業は「別のことをすればいい」となりますが、韓国側では観光依存をしているため、他の選択肢は少なく、特に個人の雇用にも影響するからです。実際、日韓関係でビジネスをしている人の中で、前回渡韓した際韓国国内で失職している人を見ました。最近、韓国の観光業界が止む無く中国顧客の開拓に走っているのは、やはり観光産業自体が食いっぱぐれたくないのが理由でしょう。

 顧客側から見れば政治的な問題が出てきた時は、旅行の価格帯がさらに下がるタイミングでもあります。というのはビギナーは敬遠するからです。ですが、一度行ってる人なら、それは杞憂だということはわかると思います。
 たとえば、北朝鮮の挑発があった時期でも、まったくソウル市街は平穏でした(まれに年3回、20分程度行なわれる民間防衛訓練[避難をするもの]にあたることはありますが)。そして韓国には現地在住している日本人の数は2万人以上います。いちいち政治的なトラブルで韓国国民から目くじら立てられていたら在韓日本人社会自体が成り立ちませんし、普段観光の関係でソウル市内の大半で目にする日本人、大きなトラブルがあったら誰もこなくなるのはわかっていますから、普通にしている分には観光もまったく問題はありません。

現地に居るときに急に政治的に何か起こると不安にはなる


 ただ、韓国サイドからの政治的な挑発が起こるときはやっぱりちょっとなあ…という印象はあります。前大統領が竹島(韓国側主張名:独島)に上陸した際などです。現地報道がそれ1色になりますからね。僕はたまたま、新羅ホテルのサウナでそれを知って「うーん」と思いました。まあ問題はなかったですが。

 昔、キム・ヨナが浅田真央と競っていた頃、飛行機に乗ると、韓国人はキム・ヨナが1面のスポーツ新聞を、日本人は浅田真央が1面の新聞を持っていて、キレイに分かれて面白かったですが、せいぜい文化面で競争する、その程度に抑えられてほしいものですね。

 なお心配されるほどのことは本当になくて本来的に今、マスコミにのることはほとんどないが大半の人は国家や財閥企業グループ等に対する不満がほとんどで、ガス抜き的に日本のほうへ誘導しようという動きはありますが国内問題のほうがよほど大きいという現実があるということを、元旦のNHKでも日本総研の人が言っていました。

cb2

docomoが提供しているNFC対応スマートフォンで、韓国でもebカードの提供する「Cashbee」というロッテ系電子マネーが使えるようになりました。国内ではソニーが制定しているFelica(モバイルSuica、Edy、nanaco、Waonなど)の電子マネーが主流ですが、海外ではNFC(TypeA/B方式)が主流です。

これを利用するには、SIMカードの交換が必要で、ドコモショップ等でピンク色のNFC対応のものに変えてもらうことが必要です。また、機種によっては端末・おさいふケータイアプリのアップデートも必要。

ですが、その上でモバイルCashbeeのアプリ(Google Playで入手可)をダウンロードしクレジットカードでチャージ(手数料要)することで、韓国国内ではロッテ、ロッテスーパー、ロッテマート、セブンイレブン、バイザウェイ、CU、GS25、ミニストップ、ロッテリア、ダンキンドーナツ、バスキンロビンス、パリスバケット、Angel-in-us Coffee、NATUUR POP等(飲食店一部省略)、ロッテワールド、メガボックス、ロッテシネマで利用できます。ロッテ免税店は、発表時点では非対応。マイナビの記事によればタクシーでも一部使えるようです。

コンビニ以外はあまり使える幅は広くないというかロッテ系ばかりですが、2014年春には地下鉄、バス、タクシー等の一部の公共機関でも使えるようになるということです。リピーターにとっては、ダントツな普及を誇るTマネーカード(スイカみたいなもの)が使えたほうがウレシイですが、いちおうシステム的にはCashbeeとの相互接続はされている模様。モバイル同様なサービスは、KDDIはauのスマホ向け2014年3月より供給予定とのこと。

モバイルCashbeeのアプリは、ロッテ系やセブンラックのクーポン、地下鉄案内(現時点では英文)、空港バス時刻表等も掲載されるので便利かもしれませんが、チャージに手数料(為替手数料かもしれません)があまりかかると旨味が少ないですよね。チャージに携帯のキャリア決済が使えないこと、交通系(バス・電車)が2014年春供給と、まだ現時点では微妙な点はありますが、あまり現金を使わないで済むというのは時間短縮にメリットがあるかもしれません。

リリース:NTTドコモ

kaitsuke
ソウル本 買いつけ2013 (エイムック 2447)

マニアは問屋まで顔を出す!?買い物大国


ソウルには確かにカワイイ物が多い。靴も安い。女子的には買い付けはありだと思います。問屋から仕入れる人もいるくらいですしね(その場合まとめ買い等が必要ですが)。まあ男子向けではありませんが、わりと女の子向けのソウル買い付け本。これはいいかもしれませんね。この本には無縁な俺は龍山の電気街にCASELOGICのバッグとか、市内のファンシーショップにPUCCAとか買い付けにいったりしていますが…

김포공항에서
김포공항에서 / Kroiz

イースター航空は僕もこの間成田−仁川の路線で乗りました。イースターは通常価格はそれほどでもないのですが、直前割引やグループ割、時折出るキャンペーンチケットが安いこと、往復での購入の場合に日数制限がないことなどがあり、長期滞在や1泊2日など長さの調整も自在です。また、片道予約ができることもいいですね(帰りは船なんてのも可能)。キャンペーンチケットは公式サイトに小窓が出たりして(もしくは「イベント」タブを参照)、この記事投稿時は成田ソウル片道3,500円〜 関空ソウル片道2,500円〜なんていうのが、2013年送年謝恩イベントとして出ております。

基本的には機内での飲食はドリンク(オレンジジュースか水)のみが出ます。シートピッチには78cm。
他のサービス(カップラーメン・湯戻しタイプのビビンバ等、ビール、ブランケット)は、ウォンで払ったほうがお得とのことです。

特に問題はなかったのですが、うとうとしたら耳抜きが出来なかったみたいで(あるいは内部気圧の問題?)降りた後、1日ほど耳が聞こえなくなりました。僕はうーん、リピートしないかなー…と思いましたが、一般の乗客の方は大半問題ないといっていますので便利に利用されるといいかと思います(人によってはやはり良い評価もNG評価もあるので)。

なお、重量にシビアで、15Kgを超えると1Kg1,000円(約10000W)単位で荷物の追加料金がかかるので、その場合は気をつけましょう。帰りにオーバーしそうな荷物はEMSで日本に送ってしまったほうがいいかもしれません。

公式予約サイト:http://www.eastarjet.com/book/index.htm?lang=ja
PSA(代理店)の予約サイト:http://www.eastarjet.net/

jeju

冬場は北海道よりも寒いため、オフシーズンで数千円で往復と東京〜大阪間より安いのが出るソウル航空券ですが、これはやはり需要よりも多く飛んでいるせいもあるでしょうね。数年前よりもかなり捨て値が出るケースが多いです。

早割的な制度もあって、たとえば毎月上旬に予約できるチェジュ航空のアーリーバード運賃の例ですが、3ヶ月後、たとえば投稿時だと3月の券ですが、成田⇔仁川(ソウル)が往復6,800円〜! 往復ですよ往復。日本、西洋系LCC(格安航空会社)だとよくある片道じゃあないんです。大阪、名古屋、福岡からの便はそれよりも安価となっています。3月といえば少し暖かくなり始めるころなので丁度いいかもしれません。売り切れても来月上旬に、HPのニュース欄にアクセスすれば、4月の券が販売されているはずです。春に旅行を計画してみるのはどうでしょうか。(航空券の他は、ホテル予約サイトなどで取ってしまえば、あとは空港〜ホテルまでをリムジンバスなり空港鉄道・地下鉄なりで移動すれば激安で旅行できます)。

昔はこんな価格帯は、特定日だけなどの制限の多い券でないとなかなかありませんでしたが、LCCがいっぱい飛んでる関係で、わりと冬季は常態化して安くなってきているようです。

チェジュ航空:http://jp.jejuair.net/ (Chromeなどだと一部正常動作しないので、インターネットエクスプローラーでのアクセスを強く推奨)

yun_4863
Photo by (c)Tomo.Yun※写真はお借りしています。清渓川(チョンゲチョン)

人それぞれの遊びに行く理由


韓国に何故行くのかは人によって目的もいろいろ。コスメから入った人もいるでしょうし、アイドルから入った人もいるでしょう。ドラマで文化に興味を持ったり、食から入る人もいます。

僕が韓国に行く理由は「都市に埋没しに行くこと」が理由です。2−3万で行ける外国、他にはそうないです。まあ、あるといえばあるか。台湾・香港・マカオ・中国・サイパン・グアムもありますが…それでも僕にとってソウルは、東京でパチンコ屋やサウナに入って誰も知らないおっさんだらけのなかでぼーっとするのと同じことなんです。読めない文字と言葉の空間の中に埋没してはニヤリとする。それが僕の目的です。日本人のあまり行かない所ばかり行ってます。
こないだアナザースカイ見てたら坂上忍も韓国には来ていて、韓国では昼間っから酒飲みながら食&鉄火場好きなのでギャンブル(カジノ)でしたが、まあ似たようなもんですね。もしちょっと違いがあるとしたら、こっちはやや文化寄りなところに行くとこかな。

そうでなくとも、たとえば今韓国に旅している20代から50代くらいの女性は、面白い遊び場を見つけた、くらいの意識の人も多いのではないでしょうか。そうなんです、日本にいるとわからない遊び場なんですよね。そして夫の知らない遊び場w。

高層アパートが多いものの、都市の美しさはホントにスゴイ


ソウルは都市設計がすごくしっかりとしていて、風水が考慮されていたとも聞きますが、こんな北からも近くて安全かどうかもわからないような都市に、人口の半分近くが集まっているのは当然異常といえば異常なんですが、住みやすい近代都市が形成されているのは確かなのです。

街の真ん中に大きな河がはしる。そして、それ沿いのバイパスが走る。街の中に山がある。ランドマークの他、住宅、道路など上手く機能している。そして南大門と東大門。学生の街、ホンデやテハンノ。

そして、サムスンばかりが目立つように見えるが、実際は非財閥系の小企業や個人店が支えている街


場末の飲み屋や、街の公園などおっさんの居場所がある。そして、おばちゃんはものすごく仕事をしている。個人営業が多い韓国、ほとんどの個人店や露店はおばちゃんが支えているといっても過言ではないでしょう。

よく底知れないパワーがある等と表現されますが、それよりは粗雑な感じで、でもわりといい人はよくしてくれる、そんな街なので、リピートしてしまうんですよね。

まあ人それぞれですから、ぶつかられて何も言われなかったり、トラブルがあったり、食品衛生に若干の問題が出たのを把握したり、ぼったくられたりする人も居ないわけではない。キライな人はそれはそれでいいと思います。僕は、いろんな事情がわかってくると、好きになりました。わりと文化やアートにも寛容なところ、クリエイターが多いところも好きなところです。

本日は激安もなにも関係ないコラムでしたが、僕があえて韓国推ししてる理由はなんとなく理解してもらえるでしょうか。他国とよくもわるくも全然違うところは食文化に特に出ていると思いますが、気が向いたらとても安いので視察のつもりで行ってみてください。いま日本ではなかなか食べられない、ユッケ・レバ刺しも全然あります。市場近くに行けば、鮮度の良いものもありますよ。

以下、いくつか関連記事をリンクしておきます。
▼はじめての韓国旅行なら
韓国旅行は恐れないほうがいいですよ、適当でもだいたい乗りきれる。
▼安い韓国旅行を探すなら
安い韓国旅行を探すには? 横断検索がオススメ
▼2回目以降なら
ツアーを卒業して航空券+ホテル(ダイナミックツアーともいう)で旅行に行くすすめ
▼注意しておいたほうがいいことはこちらに
韓国旅行の注意点は?

21935757_s
写真/123RF

どうも2012年夏から日韓関係はギクシャクしているイメージです。でもメディアのアオリも多くて、実際のところはそんなに思ったほど問題はありません。先日も日本料理の研究をしている人たちや、日本風メイクをしているギャルサークルが、ワールドビジネスサテライトで紹介されていました。文化面では居酒屋ブームもあり、以前あった日本酒ブーム(震災で沈下)、日本ビールブームもあったりします。
NAVERまとめの「【ソウル・釜山・慶州…】韓国旅行のときに覚えておいたほうがいいことまとめ」あたりが役に立つかもしれませんが、本当に注意しなければいけない点は以下のところです。

1、パスポートの残期限が半年を切っていないか。


韓国旅行上陸予定日までが3ヶ月を切っていると上陸できません。現実には入れないことはないですが、出国審査などの前に、その前の航空会社カウンターのチェック他で引っかかる場合もあります(航空会社等によっては期限は6ヶ月前を求める所もあります。)予め電話で融通が効くか等確認しておいたほうがいいかもしれません。

韓国観光公社のHPには、Q&Aがあり
パスポートの残存期間はどれくらい必要ですか
日本人が韓国に入国する際、パスポートの残存期間は、韓国での滞在に必要な期間が残っていれば韓国入国には問題ありません。但し、韓国滞在中にケガや病気などの不測の事態が生じ、滞在期間を延長せざるを得ない状況になる可能性もありますので、残存期間は余裕がある方が安心です(韓国領事館では残存期間は3ヶ月をおすすめしています)。
出入国関連の詳細についてはHi Korea(法務部)の1345コールセンターまでお尋ねください。
☞ 1345コールセンターの案内ページ(Hi Koreaサイト)

とありますが、切れそうな人は予め間に合うように新しいのを作成しておいたほうが無難です。

お金が足りなくならないか


カード社会の韓国では、現金はそんなに多くなくてもなんとかなりますが、露店や、市場など現金商売しかしていない所もいくつかはあります。国際クレジットカードを持っていれば、最悪国際キャッシングで凌ぐという手もありますが…(国内キャッシングと違って、単純に両替目的でする人もいます)。まあ余裕を持っては持って行きましょう。人混みも多いので、上が空いてるバッグ等は使わないように、スられないように注意してね!

ホテルにちゃんと戻れるか


なにしろ言葉が通じない状態では、ホテルの名前を言っても通じないことがあります。ちゃんと戻るためにホテルカード(ホテルの名刺)をチェックインしたホテルカウンターでは必ず貰いましょう。最悪これをタクシー運転手に提示すれば、電話するなり地図見たりカーナビに入れたりして、なんとかしてくれます。

年配の運転手は英語すら読めない人が多いので、日本語、(ローマ字つづり:発音時に便利)の他、ハングルが併記してある最低限の地図、ガイドブックは持参しておいたほうがいいでしょう(観光用の簡単な地図は、空港や明洞の街でも配布していますが…)

コンビニも随所にあり、深夜外出する文化が韓国ではわりとありますが(東大門等やホンデなどいくつか)、裏道や人気のない場所は、独りではあるかないほうがいいです。一応町中の概ねは安心ですが、そこは日本ではないのですから(脅しているわけではなくて、夜道が日本に比べて暗いのです)。

追記:2015.9.3 赤字のため新規予約受付を終了、今後は清算が行われる見通し。9月以降出発分も手配は行われており予約客には影響はない。個人的には残念なところ。
賃貸不動産大手のエイブル&パートナーズ子会社のため、本体には資本力もあり、倒産などではないので念のため。
競争激化を理由にしていますが、海外ホテル予約をアフィリエイトにしてアウトソースしたりしていた時点でありありと弱っていったのはわかります。まあ昨今の旅行業界の厳しさはどこもでしょうから、しょうがないことでしょう。一時期は頻繁にCMまで流していたのにねえ。よく頑張りました。

・報道
CHINTAIトラベルサービス、新規予約終了 清算へ(トレイシー)
http://www.traicy.com/archives/8951542.html
CHINTAIトラベルサービスが営業終了、グループは本業に注力(トラベルビジョン)
http://ce4020.route-server.jp/news/detail.php?id=68357


chintaitravel

企業的な信頼はかなりある会社


らららラクちんたーい、の「ネットでCHINTAI」CMでおなじみエイブル系のサイトですが、エイブルといえば大都市にはたくさんある賃貸不動産店チェーンですよね。やはり大資本力からか結構な実力があって、CHINTAIの賃貸住宅仲介ではなくこちらのサイトのCMを流していた時期もありました。ここはオンラインがしっかりしているので、オンライン・カードで格安航空券であっても即時予約ができるのが魅力です。とはいっても今は普通ですが、昔はカード決済している格安航空券会社は多くありませんでした。扱いにはツアーもあります。コンビニ決済(翌日まで)もあることが魅力です。

この会社、ネット予約が主になりますが、企業としては他資本時代を含め25年以上経過しているということでそれなりの老舗ではあります。直接の電話対応も悪くないとは思います。

安い航空券があり、ビジネスクラスは特に安い


ネットでの評判を見ると、他よりもかなり安い商品が見られ、わくわくする、特にビジネスクラスが安い、などの感想があります。

そのくらいだとふつうの他のサイトとの違いが見えないかと思いますが、ここのなによりの特徴は関連サイトのエイビーCHINTAIで「海外アパートメントホテル」も扱っていること。…だったのですが、現在は自社提供を止めて海外系ホテル予約サイトBooking.comにアパートメントにジャンルを絞って飛ばす形にしている模様。そのため、このコーナーの予約内容のサポート等はCHINTAI側では行わない。海外ホテルはさらに、海外予約サイトのagoda.comとの提携になっているようで、各海外サイトと組んだ大胆なOEM化が進んでいる模様だ。海外予約の検索トラフィックを考えればそれもありだとは思うのだが、内部で海外アパートメント事業やってた人たちは今どうなっているのだろうか。ちょっと心配ですが…。

イースター航空も予約可能


海外予約サイト系がかなり強くなっているのが国内サイトで見て取れるのはちょっと残念だが、航空券事業のほうでは韓国LCC(イースター航空)も扱っているので、是非利用してみていただきたい(これはいい個性)。イースター航空に関しては、改めて書こうと思います。(イースターに限り)前日まで予約できるので、いきなりの韓国旅行用などにはいいのかもしれませんね。


CHINTAI TRAVEL SERVICE:http://www.chintai-travel.com/

tway

九州からソウルが近くて安い! 福岡ではCMも流れてます


現在福岡−仁川間と、佐賀−仁川、新千歳−仁川間に出ているティーウェイ航空。
僕も1度、ソウルから福岡まで帰りの片道で乗りましたが(※行きのときに片道しか所持せず入国すると入国できないことがあるため、予備のつもりで帰り用に購入。福岡からは電車で国内移動した。でも実際は韓国に片道で入っても、船で帰る場合等もあるので、航空券カウンター以外で片道なことをあまり問われることはない)、かなり安いです。(帰りなので韓国語サイトでしたがGoogle翻訳などを多用してなんとか取りました。携帯電話番号を認識しないのが難点ですが…しょうがないのでダミーを入れました)限定便・限定席などだと、往復または片道で4000円〜14000程度の券も出たりします。(福岡では「やすか券」という名前でCMも展開)。まあ通常の券でも、普通に1万円台から2万円台で券がとれると思えば安いほうでしょう。

座席指定がないが韓国LCCの中では評判がいいほう


変わった所としては、座席指定がありません。逆に言えばそれくらいで、まあ問題は感じないかと。

ティーウェイは愛社精神の高い社員が多く、韓国LCC5社の間で6部門がNo.1になる(韓国消費者院調査、2011年)など、LCCながらそれなりに質が高いサービスをしています。

飲み物はフリードリンクもあり、軽食はピーナツ菓子等のレベルで弁当すらないですが(おにぎり・クロワッサンがあるみたいな情報もありますが)、札幌便以外では短距離のためそんなに困らないでしょう。1時間そこそこで着いてしまいますし。ビールは有料です。
荷物は通常の受託手荷物で20Kg無料、機内持ち込み10Kg、3辺の和が115cmまでとなっています。

乗った感想は「普通」で座席も広い方ではありません(64cm)でしたが、総じて印象は悪くなく、かわいい感じのロゴのティーウェイ、特に九州の方にはメリットも多く、支持していきたいものですね。

日本語HP http://www.twayairlines.jp/
韓国側からのサイト http://www.twayair.com/

Jeju Air Boeing 737-800; HL8239@HKG;31.07.2011/614hu
Jeju Air Boeing 737-800; HL8239@HKG;31.07.2011/614hu / Aero Icarus


名古屋、大阪、福岡、成田から韓国に格安で飛べる、済州(チェジュ)航空はここがいい!! のです。

なにより安い!


ここがいいのは需要予測運賃制なんですよね。なのでわりとこまめに価格変動するんですが、通常の航空会社よりは圧倒的に安い(チェジュ航空曰く他社より30%くらい安いのだそうです)。
また、そうでない場合でもキャンペーン運賃がわりと出るので、サイトのお知らせ欄を見るとかなりのお得なものが出ていることがあります。たとえば数千円で飛べちゃうようなやつとかも。名古屋や大阪に就航したときも、そちらの地区から乗ったことがありますが、地元の人がうらやましい感じでした。(通常でも14000円程度で往復できたりするときもあるので)。今は成田にもくるので、もちろんそれよりは通常高いですが、関東民も恩恵を受けることができます。

機内食はコンビニおにぎり※廃止 現在は水のみ


チェジュ航空の良いところはおもいきりのいいLCCらしい省略っぷりにあります。今は違うかもしれませんが、おにぎりが出ます(しかも、コンビニ的な封のされているもの)(※数年前に廃止。現在は水のみ。状況によってナッツ。)おにぎりであれば日本人も無難に食べられますよね。機内食なんてどうせANAやJALでも、韓国便だと弁当みたいなものしか出てこないので、むしろアシアナ航空や大韓航空のほうがフルの機内食で豪華なのですが、せいぜい2時間半の機内時間で別にそこまでいらないのも事実。

コンビニおにぎりが出る代わりに安いのならそれでもいいでしょう。しかも、あえておにぎりにする理由は、「食べないでもって行ってもいい」という思想からなのです。おにぎり1つだとちゃんとした食事と比較しては腹が減るかもしれません。まあ乗る前に空港内のサンドイッチ等を買って、持ち込んでしまうのがいいでしょう(本来的には持ち込みNGですが、その程度なら黙認されるでしょう)

(現在は水のみ出て、あとは注文という形になっています。インスタントラーメンや簡易食ビビンパもあります。有料のチューブタイプのオレンジは済州島のものだと思います。

愛想がいい!


乗務員によるちょっとしたサービスなど笑顔を重視している済州航空なので、場合によってはじゃんけんイベントや、写真撮影などもあるとか。あまりあったことはありませんが、基本的にフレンドリーな雰囲気を醸し出すように努力しているのが見えます。
シートピッチは70くらいとあまり広いほうではありませんが、航行時間が短いので気になりません。

B737-800に限定することで、整備費・訓練費を削減


LCC全般にこのことはわりと徹底しているのだが、特定機種だけに機材を絞ることによって、飛行機ごとに違う免許を取り直したりしないで済むし、整備費用も安上がりになる。737-800は新鋭機なので、特に問題はないのです。またもう1つのコストダウンはマルチタスキングを採用し様々な業務を兼務するというものでたとえば乗務員が清掃を兼ねたりとかそういう範囲なのであまり問題はないかと思います。

俺は超リピートしている


安全性については僕ももっとも重視しているのですが、済州航空では不快な思いをしたことはありません(実は他の格安LCCで渡韓した際、うとうとした僕も悪いのですが、耳圧が変になってしまい耳が翌日1日聞こえなくなったことがあるので、こちらのほうがいいと思いました)。着陸も僕が体験した範囲内ではこちらは及第点です。
安いけど、印象は悪くない。それがチェジュ航空ですね。

※但しあくまで僕の印象であって、実際にはいくつか問題は起こっています。
・2015年11月30日には成田行きの荷物を誤って沖縄行きに載せ、沖縄行きの荷物を仁川に積み残してしまったてしまったトラブルがありました。(手荷物タグが誤っていたことに誰も気が付かなかった)。
・2015年12月に客室与圧低下でマスクが出る等の機材トラブル等は起こしています。大事に至ることはありませんでしたが…。
・2016年1月には窓のトラブルがありましたが、さすがにつづいているということからか、これは代替機を呼び食事クーポン、遅延保証金、バス投入、一部帰宅困難者へは宿泊費とわりと万全な対応をとっています。
↑他の航空会社のトラブルもあり、また自社を含めLCCの問題が相次いだことから韓国では国土交通部によってLCC各社の安全点検、コンプライアンスのチェックも行われるようです。そのため、ここしばらくは規律が乱れることはないかと考えています。

特別な日がある!


チェジュ航空は年に何回かキャンペーンで割引販売をやっています。なかでもOrange Fly Dayは最大98%OFFでサーバが落ちるくらいの人気です。そのような日は、予約に支障をきたすことがありますが、そういう時を避けるようにすれば特に普段は問題ないと思います。

予約は原則公式サイトでネット予約(一部他の航空券販売会社にも委託)。窓口では買えません


予約は直接ホームページから。(窓口では販売していません。成田などの一部線は、他の予約サイト(イーナトラベル/HISなど)でも取れますが…)

★韓国国内運営系のサイトはできればインターネットエクスプローラー推奨です。Firefox、Chromeでは100%の互換表示がされませんし、予約画面で不具合が出る可能性があります。日本の客対応で若干システムは改修されたようですが。予約には、このサイトでのポップアップを防止しないようにしましょう。

日本側からの日本語サイト http://jp.jejuair.net/
韓国側からの日本語サイト http://www.jejuair.net/jejuair/ko_JP/main/main.jsp

●イーナトラベルで取る
海外格安航空券ena(イーナ)
イーナでチケットをとってくれた方いらっしゃいました。ありがとうございます。たまにキャンペーンでチェジュ航空のサイトが落ちる時とかは、こちらのような販売サイト通しのほうが無難なこともあります(チェジュ航空のサイトが落ちると、チェジュ航空の日本窓口の電話も殺到してつながらないことがありますので)。

見落としていたのですが、この記事のツイートのレスで、読者の方でこんな例があったそうです。早めに取りに行けば大丈夫じゃないかな…。
チェジュ航空については率直な記事を書いたつもりですが、まあ人によっては別にいいかという人もやめとこうかという人もいるでしょう。

他のLCCを探したい!


そういう方には以下のページをご案内しておきます。
PEACH(日本系LCC) なにしろ安心なANA系の資本
ティーウェイ航空(韓国系LCC) フレンドリーなかわいい航空会社
イースター航空(韓国系LCC) 荷物チェックは厳し目、国際線は中国春秋航空とも提携 体験記事
エアプサン(韓国系LCC) アシアナ航空系列+釜山関連資本
ジンエアー(韓国系LCC) 大韓航空系LCC

chimujiruban

▲Will-town HPより。こちらは汗蒸幕(ハンジュンマク)。

最近は日本でも韓国式サウナのチムジルバンをあえて名乗る店が増えてきました。チムジルバンは、まず先に男女別に普通の風呂場みたいなところで身体を洗った後、別の場所で合流し、男女一緒にTシャツを着ていろんな低温サウナに入れるというもので、休憩しながら様々なサウナを楽しみます。これは日本に取り入れても上手くいくだろうな、というビジネスモデルで、やっぱり実際に体験したことのある人が多い西日本から導入が進み、最近はスーパー銭湯業者が新築する際に目玉として取り入れる…という形になってきたのでもっと飛躍的に増加するでしょうね。まあ施工業者によってはあんまりちゃんとチムジルバンの定義通りになってないところもありますが…本来はドーム型が多いのですが、そうもなってないような…。ただ日本では一部女性専用だったりしてもったいない!

日本で体験できるのはとてもいいですねー。最近はベトナムにも出来て流行っていたりするとも聞きますし、これはもっとアジアではメジャーになっていくのかも。韓国へ行く前の予習にどうぞ!

●秋田(横手市)
スパクォード(クォードインyokote内)
●石川県(津幡)
祥楽の湯津幡店
●栃木(小山市)
みつば湯楽院
●埼玉(戸田市)
七福の湯戸田店内 チムジルバンスパ
●東京(新宿区)
Will-town(女性専用)
●神奈川(横須賀)
湯楽の里 温熱房
●山梨(河口湖)
日帰り温泉 桜庵内2F 岩盤浴 チムジルバン
●愛知(半田市)
コロナの湯半田店
●三重県(鈴鹿市)
鈴鹿天然温泉花しょうぶ内 美汗房チムジルバンスパ
●京都府(南丹市)
道の駅スプリングスひよし
●大阪(茨木市)
すみれの湯
(堺市)
堺浜天然温泉 祥福
●兵庫(須磨区)
チムジルバンスパ神戸
●岡山(岡山市)
ぽかぽか温泉岩盤浴
●広島(佐伯区)
ほの湯楽々園内チムジルバン汗蒸洞
●鳥取(米子)
皆生ホテル内 韓国式低温サウナ 汗溌房
●福岡(博多区)
波風の湯(薬石健美香房)
説明文でチムジルバンと名乗ってはいます。
アジアンリゾート ボラスパ(女性専用)
●佐賀(佐賀市)
佐賀ぽかぽか温泉
●熊本(熊本市)
ゆあがんなっせ
●沖縄(那覇市・沖縄市)
ジスタス チムジルバン那覇・チムジルバン美里

asiana

急に休みがとれたり、もうなんだかすぐに外国に行きたい、そんな時はあると思います。ツアーだと物理的に時間がないので、その場合は、自由手配で行きましょう。
実はそんなときはノービザな韓国が超便利!予算は飛行機で3−5万、宿で1(安宿)−3万(そこそこキレイな所)程度というところでしょうか。これはギリギリだからそうなるというだけで、時間があれば、たとえば冬場だとキャンペーンで1万を切る飛行機が出るケースもあり、この半額以下での渡航は可能です。

たとえば午後に思い立っても、予約がとれればその日の夜便・深夜便でも、まあ6万以上あれば、すぐにイケるわけです。飛行機あるいは船(と船までの交通機関)、あとは宿の2つを押さえましょう。

ちなみに韓国は、パスポート切れまで半年切るとNGですよ!注意!

<飛行機>



1、前日までの場合
denatravel

DeNAトラベル(旧スカイゲート)が前日16:00まで航空券が取れます。抑えたらプリントアウトを忘れずに!

2、当日の場合

2−1 大韓航空アシアナ航空では当日でも割引運賃の航空券を出しています。たいして安くはないですが、それでも4〜6万円台程度で往復できます。航空会社の公式サイトから予約して、空港で受け取ります。高いといえば高いですが、マイルもフルでたまりますし、午前中まで会社にいたのにもう夜には韓国みたいなのって、遅れてきたバブル的な感じでいいじゃないですか。

2−2 チェジュ航空など格安航空会社(LCC)の中にも当日チケット手配可能なところがあります(ただしチェジュ航空は空港窓口でも言われましたが、すべてWeb予約のみです。予約取れてない場合はあわてて、空港でWebに接続しなおしたりして)。これなら、(需要予測変動料金のため)時期によりますが、かなり格安な運賃で渡韓できますね。※韓国系の会社のサイトはインターネットエクスプローラーを基本に作成されていますので、他のブラウザを利用している方は注意して下さい。

イーナトラベルなど国内の代理店でも、オンラインチケットを取ることは可能です。
海外格安航空券ena(イーナ)

2−3 海を行く方法です。関西圏下関福岡ならフェリーで行く手があります。ここまでの単なる長距離フェリーと、福岡からプサンの間に出ている高速フェリー(JR九州。未来高速と共同運行)とがあります(他社もある)。長距離フェリーは意外と予約スケジュールがシビアだったりするので注意してください。福岡からのJRのフェリーなら博多まで新幹線に行って、そこからタクシーで移動して乗ることも可能ですね。ただ、わりと早い時間で最終になってしまうので、これは当日は福岡泊、中洲の屋台で飲んで翌朝行くなんていうのがいいかもしれません。Webから予約できます。僕の場合これで釜山に上陸してしばらく遊んだ後そのままKTX(韓国の新幹線)のチケットを買い、ソウルへ終電頃の着、なんていうこともやってます。

<宿>



1、楽天トラベル、エクスペディア等がリアルタイムで取れるので一番おすすめです。韓国の宿は一部オンライン化が進んでいないところがあるので、予約サイトによっては問合せしてメールで返事が来るみたいなところもあります。すぐに取れるところで手配してしまいましょう。おすすめは、キッチン等もついているレジデンスタイプのものです(簡単な調理も出来て便利)。
Expediaのソウルのホテル特集はこちら。
365日【最低価格保証】ソウルのおすすめホテル☆

2、ホテルがどこもダメな場合ですがサウナ(チムジルバン)に泊まってしまうという手があります。ロッカーに入るサイズの旅行バッグにするのがコツです。ただ、仮眠しても落ち着かないとか、いびきがうるさくて眠れないとかもあるので、その点注意しましょう。眠れなかった場合は2日目以降の宿を現地からネットで楽天トラベル等で取ってしまうのも手です。

<帰りの航空券>



韓国は片道だけだと本来は入国できない場合もあることになっています(僕もたまに片道のみでの入国をやるんですが、ドキドキしますので念のため船ないし別の航空会社の飛行機を予約はしておきます。「予備」なので、あまり値のはらない福岡までの等)。実際は片道が船、片道飛行機等ルートが違う場合はそんなにはうるさくないですが、航空会社によってはチケット見せろとかうるさい場合もあります。一応できるだけ帰りの券も行きの時にセットで買うことをオススメします。もし片道で韓国に入ってしまった場合は、ネットに接続し(※海外パケホやWi-Fiじゃないと目が飛び出るほど高くなるので注意!)帰りの券は現地からオンライン予約することができますが、問題は韓国内では韓国語サイトからの予約となるケースが多く、国民番号の入力欄や通知用の電話番号の入力欄で難儀します。わりと韓国リピート上級じゃなければ、ちゃんと往復とっておいたほうがいいですね。

どうにも取れない、あるいは乗り遅れとかやってしまった場合は、JCBユーザー限定になりますが、現地でソウル・ロッテホテルにあるJCBプラザによると、隣にある韓国系の航空券会社のチケットを日本語で手配できます(最悪、電話で番号を出してもらうことも可)。乗り遅れてとりなおす場合などに重宝しますね!(※プリントが出せなくても、予約のチケット番号があれば発券はできます)。または町中や空港にある旅行会社等で、翌日以降の片道を頑張って発券してみるなどしてみてください。乗り遅れ系ならHISのアウトバウンド支店なども割高では有りますが、相談には値するかもしれません。
ちなみに長年営業している、日本では聞き慣れない名前の某日本語の堪能な旅行社もいいんですけど統一協会系なのでなかなか僕は個人情報を預けたいとは思わないんですよね。。多分リピーターも多いので問題ないとは思うんですけど。
 

<現地のオカネ>


韓国では路上の屋台でなければ、わりと小規模な個人店でもほとんどのお店でクレジットカードが利用可能です。海外で使えるクレジットカードでキャッシング(裏面にシーラスまたはPLUSマークのあるもの)、あるいは同様の海外用マークのある銀行カード(ないものは使えないので注意!)ならば、現地のATMでも下ろせます。最悪そんなには現金なくても大丈夫〜。また、空港、ホテルの他にもカジノでも両替できます。日中なら明洞・南大門付近にも大量の両替商や違法の路上両替おばちゃんがいます。銀行でも両替できます(円を見せれば適当に案内されます)。

注意事項:
1、海外カードは銀行ATMの場合、しょぼいCD機では使えません。一番充実している機種(ATMが5−6台並んでいる中で1つくらい)のみが対応していることが多いです。GROBAL ATMや、VISA、マスターのマークが書いてあることが多いです。日本語メニューがある場合が多いです。

2、コンビニはチェーン店や店舗によって入っているATMが違うため、中には海外用のキャッシングや海外用の銀行カード等使えないことがあります。その場合は焦らず別のお店へ!ちなみに地下鉄付近に行くと、小規模なATMもある場合があります。

3、カジノのATMも大概1つの業者しか入ってないのでカードによって使えたり使えなかったりします。注意!

カジノで負けたり使い過ぎたりして、帰国前にオカネが不足しないように気をつけましょう!

<現地の移動手段>


空港からホテルまでは、空港鉄道と地下鉄(こちらなら数百円で済みます)で移動するか、リムジンバスに乗るか、タクシーとなります。タクシーの場合は空港から市内中心部まで6−7千円(今はレート悪くなってるからもっと高いかも)相当くらいは覚悟しておきましょう。
市内の移動の場合は逆にタクシーのほうが、初乗りも安い(300−400円相当くらい)し、景色も堪能できたりして都合がいいかもしれません…。なぜなら日本と同じで地下鉄文化が多いソウルだと、上下の階段ばっかりで、若いうちはいいんですけど、少し年配になってきたりすると辛いんですよね。若いなら地下鉄でも可。

えーと、もし資金に余裕があったらエコノミーより1つクラス上にしておいたほうがいいですが、まあ現地感みたいなのを味わうのであれば、トラブルもまた旅、面白いと思います。

brownhotel

▲ブラウンホテル

HISのエコノミークラスホテルを例に…

バンベ ルネッサンスホテル(バンベアルネサンスホテル) BANGBAE HOTEL RENAISSANCE



梨水駅や内水駅、銅雀駅から遠く、場所がわかりづらいとの声あり。ただ銅雀駅は2線通っているので便利。銅雀は高級住宅地。仁川からのリムジンバスも近くにバス停あり。設備も値段相応で外観は安っぽく高級感は乏しい。ちょっとラブホテイストも感じるが中は意外とキレイに見え清潔感はある。HISで多く利用している。江南には近いエリア。ホテルロビーのコーヒーは自由にもっていける。変圧器は保証金を置いての貸し出し。フロントは日本語が通じる。一部Wi-Fiあり。普通のサイトでとっても3000円台くらいから取れる。タクシー利用時にはほとんどホテルがわからないので、ホテルで名刺(ホテルカード)をもらって、帰りはそれを見せよう。ただしホテル地図で歩いてくると迷う。アメニティ使い回しだがシャンプー、コンディショナー、ボディソープ、歯磨き粉あり。バスタブはある部屋とない部屋があるが基本的にはツアーは無い部屋優先で振られるはず。ウオシュレットあり、ただ紙は流せない。シャワーカーテンなし。浴びるとトイレが濡れる。ミニ冷蔵庫には無料の水あり。おしゃれなお店の多いカフェ通りの近く、食事ポイントは多め。ロッテのマイスーパー(ミニスーパー)あり。銭湯も近い。部屋エアコンにタバコ臭。部屋はやや狭い場合から広い場合まであり。オンドルは暑く温度調整はフロントへ確認を。飲み物のコップは紙コップ。場所によってはカビ臭さ。壁は薄目。ドライヤーはベッドのところにあり。夜は人通りがなく女性1人旅には向かないかも。※ソウルルネッサンスホテルとはまったく違うので注意。
※改装されて内部はキレイになったようです。
こちらの個人サイトに行き方も掲載されています。

ブラウンホテル Brown Hotel



てるみくらぶの格安ツアーで泊まったことがあるが、まず「韓国の人は「ブ」ラウンホテルと「ク」ラウンホテルの発音の違いがわからないので、頭のブをはっきりというように」とツアーバスに言われたことがあります。実際、かならず間違えられて別のところ(イテウォンのクラウンホテル)に連れてかれるケースが後をたちません。まったく違う場所です。とにかくホテル規模から行ってわかるかと思いますがこちらのほうがホテル知名度がおもいきり低いため、必ずホテルカードをもらってタクシーなどに指示すること、また「ブ」をはっきりということ、地域名=ボムン(普門)の〜 ということを言ったほうがいいです。
こじんまりした古めのビジネスホテルという感じでした。衛生的かというとそうでもないですが、まあ問題はないです。普門駅下車ですが、徒歩5分くらいとちょっと離れています。東大門から近いエリアなのでタクシーで東大門に向かうと便利です。明洞などのエリアを軸に動きたいと思った場合は、移動時間のムダが気になります。東大門より先のエリアをメインに動いたほうがいいでしょう。フロント日本語可。1Fコーヒーショップあり。備品類古し。Wi-Fiは全室で入らないようでロビーに行く必要があるなど若干難があります。向かいにコンビニがあって便利です。お風呂は古いけどキレイです。冷蔵庫には水があります。変圧器は借りられます。テレビは古いです。アメニティは石鹸しかありません。向かいのコンビニで調達するか日本から持参しましょう。水圧も低めです。タオル以外持参しましょう。ドライヤーは弱いです。近くの飲食店(日本語で「焼き肉」と書いてある焼き肉店など)もなかなかいいようです。ホテルの裏側には河川があり、川沿いを散歩するなどしました。ツアーで行く場合は、空港からのバスでのホテル案内順ではかなり最後のほうになるため、あまり到着からきつい時間でオプショナルツアーなどを入れないほうが得策です。向かいにバス停があり、うまく乗れば東大門にも明洞にもカンタンに行けなくもないです。部屋のにおいが気になる人は気になるかも。窓はあまり開きません。ローカルを味わえるエリアで、大きい通り沿いのため治安も悪くはないので、寝るだけなら悪くないです。ベッドメイクはあまりキレイではなく、カップルや新婚にはすすめません。

カヤホテル


少々暗めで外観やロビーなどが非常に古めかしいところもあるが、人によって評価は分かれるホテル。部屋の中は写真などを見れば、おおむねちゃんとしている。古いビジネスホテルといったところ。エリアとしては文教地区で駅も近く、ソウル駅や明洞にもいきやすい。裏のほうにロッテ系の小規模スーパーあり。内装もきれいで問題ないという人もいれば、若干清掃状況など問題を感じた人も。夏の蚊などに、殺虫剤はある。浴室は広くバスタブあり(全室かは不明)。シャワーカーテンなしだが問題はない。バスマットなし。シャワーの勢いはあり。リンスインシャンプー・ボディシャンプーあり。外にはコンビニ近く、レストランもある。アメニティはそろっているが、使いまわし品もある。日本語わかるスタッフフロントにいるときもあるし片言の英語でなんとかしたという人も。変圧器部屋にある。ミネラルウォーター毎日2本補充。Nソウルタワー(南山)見える部屋もある。立地優先で新しさを期待しなければ、便利な宿ではある。トリプルはオンドルルームになる。また6歳以下は添い寝可。7歳以上添い寝不可。Wi-Fi全室。ソウル駅からわずか1駅なので、ソウル駅のロッテスーパーでの買い物も便利かも。地下鉄1号線南営駅(ナミョン・Namyeong)1番出口より徒歩5分。1986年開業、2004年改装、チェックアウト12時、52室。ロビーにPCあり。

==他は随時追記します==

セントラルホテル
ホテルダイナスティ
フラワーホテル
古宮ホテル
ホテルプライム イン ソウル
ジェイビスホテル
可楽観光ホテル

慶南(キョンナム) ホテル
バリ ツーリスト ホテル
エムビズホテル
ニューブリム(富林)
ホテルノブレス&メリディアン
ニューオリエンタル
サムホパークホテル
YMCA

Wons
Wons / Inay@


お金の計算はこちらから。2つ貼っておきます。※どちらも海外製のため、重いことがあります。スクリプトを読まないときはリロードしてください。ちなみにスマートフォンアプリの類で無料の通貨コンバーターはありますから、そちらを使ったほうが賢明です。
(1)

通貨コンバータはInvesting.com 日本 によって機能されている。

(2)

hikorea

http://hikorea.jp/

一見ふつうの旅行ポータルに見える「ハイコリア」だが、もともとはツアー代理店だった会社(マンツーマンツアー:10年ほど営業)が新たにWebサービスに手を広げるために作ったもの。そのため全体にコンテンツに価格表示が多いが、これだけの規模に育てているのは立派かもしれない。メジャーサイトにないお店を見つけるのにはいいかもしれませんよ。旅行にきたお客様の声を見ると、ツアー会社の人に対してのメッセージがほとんどで、わりとここの個人サイト感を感じますが…わがままツアーというものが売りのようです。

    
ブログパーツ