pocketchange

いままで国内では海外通貨による寄付くらいしか使い道がなかった、ウォン硬貨が役に立つ!



海外旅行で余った外国紙幣や硬貨を国内で使える(または各国で使える)電子マネー、ギフト券などに交換するサービス端末の設置を、2017年2月20日(株)ポケットチェンジが始めた。

まずは羽田空港の国際線ターミナル到着ロビー階(2F)到着口向かってすぐ左側に設置されるという(緑の端末が目印)。米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円に対応予定(場所により異なる)。交換先も楽天Edy、Amazonoギフト券、LINEギフトコード、iTunes、WeChat、ドミノピザギフト、Viber、ユニセフなど、実用的な電子マネーから寄付まで多岐にわたる。(当初予定下図)

change
日本国内にもってかえってきても何も利用できないので毎回持て余す、海外硬貨の利用先ができるのは非常にありがたい。Edyなどの非接触IC型電子マネーの場合は端末のリーダーライターにかざしてチャージが可能だという。特に韓国旅行客には、当初からウォン対応してくれているので、ありがたいサービスといえる。筆者も近いうちに旅行で利用してみたいと思う。ただ、羽田だけではなく、格安旅行の定番空港、成田から置いてほしいよなあ…。
●詳細はこちら→https://www.pocket-change.jp/ja/


 


[PR]▼楽天トラベルは意外と韓国強いんです。

 
[PR]▼別途になりますが、空港から市内間のシャトルもあったりする。